◆前回のあらすじ◆

青一の目の前に現れたのは旧日本軍の帝国陸軍東京憲兵隊の9人。彼らは青一を敵とみなし襲い掛かります。青一もまた憲兵たちから『侵略者』の星のニオイを感じ取り戦いをいどみます。倒さなければいけない相手・・・・・そう思いつつも、相手は人間の姿。例え侵略者たちのニオイがしたとしても青一は人間を破壊することを本能的に拒否してしまうのでした。

自分たちを攻撃できないと気が付いた憲兵たちは次々に青一を攻撃。青一はどんどん追い詰められ、刀で串刺し状況にされてしまいます。強靭な肉体を持つ青一も死を覚悟したその時、青一を救ってくれる存在が現れました。彼の名前は『黄ノ下残花』少尉。もともと憲兵たち9人の指揮をとっていた人物でした。

スポンサーリンク

◆双亡亭壊すべし◆

第5巻、発売中!

第1巻1話2話3話4話5話6話7話8話
第2巻9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第3巻19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第4巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話38話
第5巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話48話
第6巻49話50話51話52話53話54話55話56話57話58話
第7巻59話60話61話62話63話64話65話66話67話68話
第8巻69話70話71話72話73話74話75話76話77話78話
第9話79話80話81話82話83話84話・85話・86話・87話・88話)

最新『双亡亭壊すべし』

◆登場キャラクター◆

160518-s93 凧葉 務(たこはつとむ)
美大卒業後、絵本作家を目指している。双亡亭の隣にあるアパートに住んでいたが、双亡亭への空爆で破壊されてしまった。双亡亭の立地に関する知識があるため、強制的に政府へ協力させられることになる。
160518-s91 柘植 紅(つげくれない)
刀巫覡の巫女。親が離婚したため苗字は違うが、緑郎の姉。緑朗が青一についていってしまいショックを受けている。政府の双亡亭破壊計画にお祓い役として協力をお願いされる。
160518-s94 凧葉 青一(たこはせいいち)
45年前に行方不明になった飛行機に乗っていた少年。何故か姿は少年のままで飛行機とともに羽田空港に戻ってくる。体の一部をドリルにしてしまうという謎の力を持つ。緑郎とともに双亡亭へ向かっている最中、45年前の自分の家へたどり着く。
160518-s92 立木 緑朗(たちきろくろう)
双亡亭の敷地内へ引っ越してきた少年。双亡亭内で父親を殺されてしまう。双亡亭に復讐をはたすため、青一とともに双亡亭へ向かう。

黄ノ下残花少尉VS憲兵たち

憲兵たちは、包帯で顔が隠れているものの声や刀の構えは間違いなく自分たちの隊長であった黄ノ下残花少尉であると判断。

憲兵
『だが・・・少尉は確かに』
『あの時この双亡亭に喰われて・・・』

残花少尉
『貴様ら部下を残して、一人死ねるものか』

残花少尉が一歩動いたことに反応して襲い掛かる憲兵たち。しかし、残花少尉の動きは早く、憲兵たちはとらえきれません。

次々に切り捨てられる憲兵たち。

残花少尉
『貴様らが人でなくなったのは』
『自分の指揮のせいだ・・・』
『この屋敷に不用意に踏み込ませた・・・』

『だからせめてもの手向けに』
『この手で貴様らに引導を渡してやる』

一対一の勝負

そうはいっても、憲兵たちもおとなしくやられるわけには行きません。前々より残花少尉と真剣の勝負を望んでいた矢内を指名し、一対一の勝負を挑みます。

正々堂々と一対一の勝負を受ける残花少尉。

しかし、それは憲兵たちの策だったのです。憲兵たちは2人が戦っている隙をついて銃で撃つことをもくろんでいました。

それを聞いていた青一は、刀で串刺しにされている状況から、必死になって脱します。

残花少尉
『矢内、貴様は隊内でも特に心身の強い男だった』
『答えろ! 貴様らはどうしてしまったのだ!?』

質問に対して、不敵な笑みで返す矢内。それはもはや残花少尉が知っている矢内ではありませんでした。

次の瞬間、勝負を見ていた憲兵たちは一斉に銃で撃ってきます。青一は残花少尉を助けるために飛び出します。銃撃に気付いた残花少尉は、矢内をつかみ、屋外へ放り投げます。

分が悪いと判断した憲兵たちは、外に放り投げられた矢内を回収。そのまま姿を消してしまいました。

思いがけない強敵の撤収で安堵する青一。

青一
『・・・ナニ・・・アイツラ』

そんな青一に残花少尉は剣を向けます。青一がとても人間だとは思えないからです。

自分は人間だと青一は語りますが、残花少尉は信用しません。

ところが・・・・・疲れ果てていた残花少尉は、その場に倒れ意識を失ってしまいます。

絵描きの男との再会

黒い手によって双亡亭内部に引きづり込まれ、そのまま意識を失ってしまっていたツトム。

油絵を描いているような音とニオイを感じながら、意識を回復します。

そこにいたのは、あの時、絵の中にいた『絵描きの男』でした。

スポンサーリンク

◆感想◆

宿木さん達は撤退

アウグスト博士や鬼離田姉妹、マーグ夫妻、宿木さんは撤退という事になりましたね。意外です。力も使い果たしてしまったでしょうし、もう戻ってこないかもしれませんね。

双亡亭の主と幼馴染?

この少尉と双亡亭の主である坂巻泥努は幼馴染であったようです。坂巻もまともな人間だったようですが、屋敷を立てて以降、今回戦った矢内のように奇妙な笑いを浮かべるようになったのだと。

絵描きの男、久しぶりに登場

双亡亭の外に出ようとしたところ、黒い手によって中に引きずり込まれてしまったツトム。行きついた先は絵描きの男がいる場所でした。まさか『ここに来る約束を破って外に出ようとしたな!!』とか言ってキレないですよね? ありそうなパターンで怖い。

コメントにて『絵描きの男』は『坂巻泥努の若いころの姿』なのではとご指摘いただきましたが、なるほど、あり得るかもしれませんね。青一の弟であるマコトだとするといまいち人格が一致しないような気がしていましたが、坂巻泥努だと考えればしっくりくるような気がします。今のところ、その可能性が一番高いような気がします。次回、注目です。

サンデー、マガジン更新作品

当ブログにて毎週水曜日に更新している4作品です。

◆ダイヤのA act2
https://mangakansou.xyz/ダイヤのAact2
◆メジャー2nd
https://mangakansou.xyz/メジャー2nd
◆双亡亭壊すべし
https://mangakansou.xyz/双亡亭壊すべし
◆あおざくら
https://mangakansou.xyz/あおざくら

よければご一緒にどうぞ。

漫画雑誌の購入は『電子書籍』がお勧め

毎週、毎月購入する漫画雑誌は部屋にたまっていく一方で部屋もなかなか片付きません。

しかし漫画雑誌を『電子書籍』で購入すれば場所をとることはありません。スマホでも観ることができますし、パソコンでも観れます。意外と便利です。

本の方が見やすくていいという場合も結構多いのですが、漫画雑誌くらいなら電子書籍の方がいいのではないかなと個人的には思っています。捨てる必要もなく、何ヶ月も、何年も前の物を残すことができますので。お勧めです。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように