◆前回のあらすじ◆

青一に襲い掛かる憲兵たちの前に現れたのは、その憲兵たちの隊長であった残花少尉。しかし、残花少尉は双亡亭に食べられたはずと憲兵たち。実力は圧倒的に残花少尉が上。憲兵たちは一対一の勝負を申し出、闘っているスキに残花少尉を撃ち殺そうともくろみます。それを聞いて助けに入る青一。憲兵たちは勝ち目が無いと判断。そのまま撤収してしまいます。疲れ果てていた残花少尉は戦いが終わると、その場に倒れこんでしまいます。

一方、黒い手によってどこかに引きづり込まれてしまった青一。目を覚ますと、そこにいたのはあの『絵描きの男』がいました。

スポンサーリンク

◆双亡亭壊すべし◆

第5巻、発売中!

第1巻1話2話3話4話5話6話7話8話
第2巻9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第3巻19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第4巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話38話
第5巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話48話
第6巻49話50話51話52話53話54話55話56話57話58話
第7巻59話60話61話62話63話64話65話66話67話68話
第8巻69話70話71話・72話・73話・74話・75話・76話・77話・78話)

最新『双亡亭壊すべし』

◆登場キャラクター◆

160518-s93 凧葉 務(たこはつとむ)
美大卒業後、絵本作家を目指している。双亡亭の隣にあるアパートに住んでいたが、双亡亭への空爆で破壊されてしまった。双亡亭の立地に関する知識があるため、強制的に政府へ協力させられることになる。
160518-s91 柘植 紅(つげくれない)
刀巫覡の巫女。親が離婚したため苗字は違うが、緑郎の姉。緑朗が青一についていってしまいショックを受けている。政府の双亡亭破壊計画にお祓い役として協力をお願いされる。
160518-s94 凧葉 青一(たこはせいいち)
45年前に行方不明になった飛行機に乗っていた少年。何故か姿は少年のままで飛行機とともに羽田空港に戻ってくる。体の一部をドリルにしてしまうという謎の力を持つ。緑郎とともに双亡亭へ向かっている最中、45年前の自分の家へたどり着く。
160518-s92 立木 緑朗(たちきろくろう)
双亡亭の敷地内へ引っ越してきた少年。双亡亭内で父親を殺されてしまう。双亡亭に復讐をはたすため、青一とともに双亡亭へ向かう。

『絵描きの男』の正体

ツトムは、意識を取り戻すと、そこにはあの時の『絵描きの男』がいました。絵描きの男と再会を果たしたツトムは、気になっていた『黒い手』のことを聞いてみます。

ツトム
『イヤあんたもわかんねーかもしんないケドよ』
『あんたにオレが「行ってやりたい奴がいる」っていった後に』
『「黒い手」が来たからさあんたが何かしたのか』
『ずっと聞きたくてよ!』

ツトムは絵描きの男が不思議な存在であったため『夢の中のキャラ』であるように感じられていたのです。また『黒い手』が何だか『ゾンビ』のような気持ちの悪い物であったことを語ります。

絵描きの男はツトムの言う『キャラ』や『ゾンビ』という言葉の意味が分かりませんでした。ツトムは不思議に感じます。

あんな奇妙なものをくれることができるアンタ(絵描きの男)は一体何者なんだと追及するツトムに、絵描きの男は、自分の身の上話を始めます。

絵描きの男
『絵を学ぼうと世界を旅する間・・・』
『私は様々な外国の建築物から感銘をうけた』
『美しい破風の印象的な欧州の家々』
『ドイツでは狂王が建てたと言われる』
『地下に人工の洞窟のある城もあった』

いきなり奇妙な事を語りだす絵描きの男に戸惑うツトム。

絵描きの男
『わからないか!』
『人間にとって一番大事な事は』
『「脳髄を揺らすこと」なのだぞ!』

『建物を見て脳を揺らすことは』
『特に「身体に良い事」なのだ!』

『例えば不思議な構造をしている家』
『その帽子掛けやのぞき穴は』
『人の脳に刺激を与えて揺らすだろう?』
『だから私は旅から帰って来て思った』
『私も外国の建物に負けない』
『「脳を揺らす建物」をつくろうとな!』
『そして、その建物に住んだら』
『私の脳ももっと揺れていい絵が描けるだろう』

『だから私は建てたのだ』
『この・・・「双亡亭」をな!』

ツトム
『・・・・・・・』
『ちょっと間て・・・待ってくれよ・・・』
『・・・というコトは・・・あんたの名前は!?』


スポンサーリンク

双亡亭内部に侵入する緑朗

双亡亭内部に一人で侵入した緑朗。建物の内部はとても奇妙なものばかりでした。壁には多くの穴が開いてガラスがはめ込まれてある場所、高くて手が届きそうにない帽子掛け、昇って行っても行き止まりの階段などもあります。まったく意味を持たないものばかりなのです。

先に進んでいくと、料理のお膳がたくさん並べられている部屋にたどりつきます。周りには結婚式でお嫁さんが切るような着物が飾られています。

奇妙な雰囲気を感じ、恐る恐る進んでいくと、先に人影が・・・・・。

双亡亭内部であるならば人であるはずがない。近づいて確認してみると・・・・・・

そこには、骸骨のような花嫁が座っているのでした。

スポンサーリンク

2ページ目⇒