◆前回のあらすじ◆

1番千里の内野安打、2番相良の内野安打と千里の走塁の技術で1点を先制した風林中。さらに3番沢のツーランホームランで、一挙3点を先制することに成功します。イケイケムードの風林中。4番のアニータも続いてホームランを狙っていきますが・・・・・空振り三振。相手ピッチャーの横内が変化球を投げ始めたのです。実は、大吾たちが偵察に行った時、五木中の監督は偵察に気づき、横内に変化球を投げないようにと指示をだしていたのです。そのため、大吾たちは『横内は変化球を投げないストレートだけの速球投手』であると勘違いしてしまったのでした。ストレートと変化球を巧みに使い分けるようになった横内に、風林中打線は手も足も出ません。アニータ、睦子、関鳥と三者連続三振に打ち取られてしまいます。

一回裏の風林中の守り。ピッチャー睦子は、いきなり1番バッターにデットボールを投げてしまい、ノーアウトでランナーを出塁させてしまうのでした。

スポンサーリンク

◆メジャー2nd◆

第10巻まで発売中!

7巻(54話・55話・56話・57話・58話・59話・60話・61話・62話
8巻63話64話65話66話67話68話69話70話71話72話
9巻73話74話75話76話77話78話79話80話81話82話
10巻83話84話85話86話87話88話89話90話91話92話
11巻93話94話95話96話97話98話99話00話01話02話
12巻03話04話05話06話07話08話09話10話11話12話
13巻13話14話15話16話17話18話・19話・20話・21話・22話)
14巻(23話・24話・25話・26話・27話・28話・29話・30話・31話・32話)

最新『メジャー2nd』

◆登場キャラクター◆

◆風林中学野球部

◆現在の試合状況◆

全日本少年軟式野球大会
◆トーナメント第1回戦
『風林学園』VS『五木中』

風林 3 3
五木 0

緊張する睦子

一回裏の五木中の攻撃。

ピッチャーの睦子は1球目、いきなりデットボールを投げてしまいノーアウトでランナーを出してしまいます。

いきなりデットボールを投げてしまい動揺してしまう睦子。さらに五木中のベンチから『マナーが悪い』という指摘を受けてしまい、さらに睦子の緊張は高まってしまいます。

睦子は2番バッターにボールを投げるも、制球が定まりません。3球連続でボール球を投げてしまいます。睦子自信もなぜこんなに調子が悪いのかわかりません。何時もよりもキャッチャーミットが遠く見えてしまうのです。

結局、ストレートのフォアボールで、ノーアウトでランナー1、2塁となってしまいます。

スポンサーリンク

大吾のアドバイス

さすがにやばいと判断し、キャッチャーのアニータはタイムをかけマウンドに駆け寄ります。

アニータ
『どないしたんや、しっかりしてや先輩!』
『せっかく3点も先制してんのに・・・・・』
『なんなん、緊張してんの!?』

睦子
『ご、ごめん。』
『自分でもよくわからなくて・・・』

そこへ、レフトから駆け寄って来た大吾が睦子にアドバイスを送ります。

大吾は睦子の制球難の原因は『マウンドの高さ』かもしれないと考え、マウンドの土を少し掘り返したのです。

意外な指摘を受け、驚く睦子。

大吾
『ピッチャーってデリケートだからさ』
『学校のブルペンやマウンドは』
『結構低くなってんだよね』
『どうしても毎日使い込むせいで』
『少し掘ったから練習の感覚に近づいたと思う』
『足りなきゃ自分でも調整してみて』

そして、3番の小橋。

大吾の助言を受けた睦子の一球目は・・・・・ストライク!

制球に苦しむ睦子に安堵の笑みが浮かびます。2球目もストライク。制球力が戻ってきました。

2ストライクと追い込まれた小橋は3球目を打つものの、ショートゴロ。セカンド、ファーストと送ってダブルプレー!

ツーアウト、ランナー3塁となります。

次は4番の横内。

球が遅い睦子が相手なら簡単に打ち崩せると考えるので子が・・・・・ピッチャーゴロ。

ノーアウト1,2塁のピンチを、何とか無失点で抑えることが出来ました。

スポンサーリンク

2ページ目⇒