◆前回のあらすじ◆

双亡亭内部に引きづり込まれ、意識を取り戻したツトムの前にいたのは『絵描きの男』でした。ツトムは絵描きの男に今まで疑問に感じていた『黒い手』の正体は何なのか、そしてアンタは一体何者なのかと聞いてみます。絵描きの男は自分が『坂巻泥努』であり、この双亡亭を建てた人物であることを告げるのでした。

一方、双亡亭内部に侵入した緑朗は、意味の無いガラスの穴、手の届かないところにある帽子掛け、行き止まりで無意味な階段など、双亡亭内部の奇妙な構造に戸惑います。さらに進んでいくと料理のお膳が。その奥にいたのは・・・花嫁衣装を着た女性の骸骨でした。

スポンサーリンク

◆双亡亭壊すべし◆

第5巻、発売中!

第1巻1話2話3話4話5話6話7話8話
第2巻9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第3巻19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第4巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話38話
第5巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話48話
第6巻49話50話51話52話53話54話55話56話57話58話
第7巻59話60話61話62話63話64話65話66話67話68話
第8巻69話70話71話・72話・73話・74話・75話・76話・77話・78話)

最新『双亡亭壊すべし』

◆登場キャラクター◆

160518-s93 凧葉 務(たこはつとむ)
美大卒業後、絵本作家を目指している。双亡亭の隣にあるアパートに住んでいたが、双亡亭への空爆で破壊されてしまった。双亡亭の立地に関する知識があるため、強制的に政府へ協力させられることになる。
160518-s91 柘植 紅(つげくれない)
刀巫覡の巫女。親が離婚したため苗字は違うが、緑郎の姉。緑朗が青一についていってしまいショックを受けている。政府の双亡亭破壊計画にお祓い役として協力をお願いされる。
160518-s94 凧葉 青一(たこはせいいち)
45年前に行方不明になった飛行機に乗っていた少年。何故か姿は少年のままで飛行機とともに羽田空港に戻ってくる。体の一部をドリルにしてしまうという謎の力を持つ。緑郎とともに双亡亭へ向かっている最中、45年前の自分の家へたどり着く。
160518-s92 立木 緑朗(たちきろくろう)
双亡亭の敷地内へ引っ越してきた少年。双亡亭内で父親を殺されてしまう。双亡亭に復讐をはたすため、青一とともに双亡亭へ向かう。

父親との思い出

双亡亭内部にある謎の部屋。その奥でミイラとなった花嫁がいました。

緑朗は恐怖心から、叫んでその場から逃げ出してしまいます。

緑朗
『コワイ! コワイ! コワイ!』
『ああ、青一くん、タコハ兄ちゃん!!』

緑朗は、逃げながらあの日の父親の事を思い出します。

(双亡亭に入って父親がおかしくなった日)

双亡亭から家に戻って来た父親は目や口から何かが飛び出し、おかしくなってしまっていました。

父親の眼の中からペラペラの何かが緑朗の顔の上に落ちます。しかし、父親はそれを全て拾い上げます。

そして、ガスコンロのガスを全開にし、自分の体にオイルをかけ始めました。

父親
『にげ・・・・・ろ~~~~~』

父親はガス爆発で炎に巻かれ、そのまま焼死してしまいます。

父親が焼けていく姿を見て絶望する緑朗。

緑朗
(その時、思ったんだ・・・・・)
(ゼッタイ・・・双亡亭を許さないって・・・)
(双亡亭は僕がゼッタイ壊してやるって!!)
(僕は今、その双亡亭の中へ入って来てる)
(今さら怖がってどうするんだ・・・?)

おかっぱの少女

恐怖心に打ち勝ち、振り向いてみると花嫁のミイラは追いかけてきていませんでした。

落ち着いて周りを見渡してみたところ、この部屋は今までの異常な双亡亭のつくりと違って、いたって普通の和室になっていたのです。

花嫁のミイラの横にはおかっぱの少女の肖像画が飾られていました。

緑朗
『この双亡亭を建てた人は確か絵描きだったはず』
『この絵もその人が描いたのかな・・・・・』

スポンサーリンク

帰黒の過去

緑朗の元へ向かう紅と帰黒。

その道中、紅は帰黒が顔を隠している理由を聞きいてみると、自分を育ててくれた教祖から顔を隠すように言われていたという話をし始めます。

(帰黒が幼いころの話)

教祖
『この教祖白城が』
『その醜悪な「白さ」を法力で』
『いつの日かもう少し人並みの「黒」に近づけてやろう』

『じゃからお前の名は「帰黒」じゃ』
『ゆえにお前はけしてその姿を人前にさらすでないぞ』
『とくに、お前のその醜怪な顔はな』

それを聞いて驚く紅。まさかそんな話を聞かされて真に受けたのかと思ったからです。紅は帰黒が醜いだなんてことはないと説明するのですが、幼いころ自分を醜いと思っている帰黒は紅の言う事を信じてはくれませんでした。

土地が呪われている

不思議な力で緑朗の元へ案内してくれる帰黒に、紅は双亡亭に関する疑問を投げかけてみます。


『坂巻泥努という画家が建てたと言われていますが』
『人間一人のせいで、家がこのように』
『おかしくなってしまうものでしょうか・・・』

帰黒
『・・・おそらく、この双亡亭がおかしいのは』
『坂巻という一人の人間のせいだけではございますまい』
『この地は「土地」がもう駄目・・・なのでございます』
『言い換えると、大昔から「呪われていた」と・・・』

『私が調べたことですが・・・』
『平安時代の後期、寿永の頃・・・』
『まだ沼地ばかりだったこの地に』

帰黒
『それが汚染したこの地の上に』
『一軒の建築物が建てられ』
『そして、一人の人間が、更なる「呪い」を加えた・・・・・』

スポンサーリンク

2ページ目⇒