◆前回のあらすじ◆

夏休みも終わり、中期帰校日に防大に戻って来た近藤達。急ぎ、前期の部屋から中期の部屋へ荷物を移動させます。中期、近藤と同部屋になる一年は土方。土方はすでに搬入作業を終わらせていました。中期からは4学年2人、3学年2人、2学年2人、1学年2人の計8人の組み合わせ。近藤にとっても新たな学校生活が始まります。

翌日の合同朝礼で学生隊学生長が発表。翌日には中隊学生長、小隊学生長も決まり、昼礼では113小隊の一学年小隊学生長付として近藤が指名されることに。しかし、実情を知っている者達からは、近藤の身体を心配する者も・・・。

スポンサーリンク

◆あおざくら◆

第5巻は9月15日発売!


1巻1話2話3話4話5話6話7話
2巻8話9話10話11話12話13話14話15話16話17話
3巻18話19話20話21話22話23話24話25話26話27話
4巻28話29話30話31話32話33話34話35話36話37話
5巻38話39話40話41話42話43話44話45話46話47話
6巻48話49話50話51話52話53話54話55話56話57話
7巻58話59話60話61話・62話・63話・64話・65話・66話・67話)

最新『あおざくら~防衛大学校物語~』

◆登場キャラクター◆

◆近藤の同部屋

部屋の上級生たちの反応

サカキ小隊長に『小隊学生長付』に関する簡単な指導を受けた近藤は、部屋に戻ってきます。

すると・・・・・何故か上級生たちの反応が微妙なものでした。

岩崎部屋長
『いやあ、キミが小隊学生長付とは・・・』
『これは大変なことになったね・・・・・』

岩崎部屋長
『まぁ、苦難はこれからあれど・・・』
『近藤学生の小付、めでたいことではないか!』
『任をまっとうできるよう死力を尽くしてくれよ!』
『我々もできる範囲でサポートしていくぞ!!』

先輩たちの反応を見て、さすがに近藤もとんでもないものを任されてしまったことに気が付き始めます。

スポンサーリンク

小付の仕事は一学年の呼び出しに同席して一緒にシバかれること

サカキ小隊長に仕事だと呼ばれて行ってみると、部屋で沖田が立たされていました。問題行動を起こし呼び出しを受けたのです。

サカキ小隊長
『なんで入り口に半長靴置きっぱなしにしてるんだ!』
『磨いていた途中だとか知らねぇが』
『どんな時もどんな状況でもあるべきとこに』
『置いてなかったら緊急時最速で動けねぇだろ!』
『停電の時に非常呼集かかったらどうするんだ!』

怒鳴られる沖田を見つめる近藤。しかし、いきなり近藤も怒鳴られ始めます。

サカキ小隊長
『沖田が何でできねぇのか考えろ!!』
『今後引き起こさない為にも・・・・・』

一緒になって怒鳴られてしまった近藤。

サカキの指導が終わり部屋に戻ってみると、ホワイトボードに7つもの呼び出しがかかっていました。

いきなりの事に困惑する近藤に、岩崎部屋長は説明をします。

岩崎部屋長
『だから・・・・・耐えろ!』

思いがけない言葉に驚く近藤。呼び出しの場所に向かい、一緒にシバかれます。

土方の挑発

幾つもの呼び出しに付き添い、疲れ果ててしまった近藤。部屋で土方と2人でくつろぎます。

近藤
『なんなんだ小付・・・・・』
『ずっと怒られ続けるのに付き合うのか・・・』
『まさかこんな胃が痛む内容だったとは・・・』

そんな落ち込む近藤に、土方は意外な言葉を投げかけはじめます。

土方
『そもそも、なんで近藤君が選ばれたんだろうね』
『てっきり僕が小付に選ばれるものと思っていたからね』
『113小隊の一学年はダメなヤツばっかりだ』
『ひとつ頭抜けてできる近藤君が同部屋で』
『サポートしてくれるならとても円滑に』
『この113小隊をまとめられると思ったんだけど・・・』
『中指のひいきかなぁ・・・?』

あまりにも今までの土方のイメージにない発言ばかりであったため、近藤も驚いて言葉が出ません。

土方
『あー、もしかして・・・・・』
『小隊学生長はキミの元部屋長だったよね』
『サカキが楽しようとしてねじ込んだのかなぁ・・・』


スポンサーリンク

2ページ目⇒