◆前回のあらすじ◆

ファリンを禁忌とされる黒魔術で生き返らせたことを知り激怒するシュローを、カブルーは何とかなだめます。ライオスは自分が尊敬し親しみを感じていたシュローから愛想をつかされてしまったことにショックを受けてしまいます。一方、チルチャックとマルシルは黒魔術を使ったことを複数人に知られてしまったため、自分たちは幽閉されてしまうのではと心配します。

そんなライオス達に襲い掛かって来たのは魔物化してしまったファリンとハーピー。ドラゴンキメラと化したファリンは、忍者のヒエン、ベニチドリ、そしてマイヅルを簡単に倒してしまいます。タデ、クロをも倒してしまいますが、その隙をついてリンが電撃の魔法でダメージを与え動きを鈍らせます。そして、背後からせまったカブルーがファリンの首を短剣で切り付けるのでした。

スポンサーリンク

◆ダンジョン飯◆

1巻1話2話3話4話5話6話7話
2巻8話9話10話11話12話13話14話
3巻15話16話17話18話19話20話21話
4巻22話23話24話25話26話27話28話
5巻29話30話31話32話33話34話35話
6巻36話37話38話39話40話41話・42話)

最新『ダンジョン飯』

◆登場キャラクター◆

161001-d93 ライオス
人間(トールマン)の戦士。パーティーのリーダーとして仲間を雇っている
妹のファリンが炎竜に食べられてしまい胃の中にいる。妹を助けるため仲間たちと共に地下4階の炎竜を目指すも、お金がないため、食料は魔物を調理することにする。
161001-d91 マルシル
エルフで魔法使い。頭はいいが身体能力は低い。ライオスの妹のファリンとは学生時代の友人。見た目は若いが、エルフであるため、見た目以上に歳を重ねているようだ。
161001-d92 チルチャック
ハーフフットの鍵師。ダンジョンの罠対策を担当している。見た目は若いが、年齢は29歳で、ライオスよりも年上。マルシルやセンシと比べるとだいぶ年下。戦闘は専門外。
161001-d94 センシ
ドワーフの戦士。ダンジョンに住み着き10年も魔物食の研究を続けている。ライオス達が魔物を調理しているのを見かけたことがきっかけとなり仲間となる。炎竜を調理するのが長年の夢。

◆その他、キャラクター一覧
http://mangakansou.xyz/archives/7820

蘇生魔法を使えるキャラ

今回分かった蘇生魔法を使えるキャラです。

・マルシル
・ホルム
・マイヅル

使えるキャラは多くないのかなと思っていましたが、結構いましたね。雰囲気的に、パーティーに一人はいるって感じでしょうか。まぁダンジョン内で死んでしまっては困りますからね。最重要魔法の位置づけだと思われます。

マルシルがファリンを通常魔法ではなく黒魔術を使って生き返らせたのは、『ファリンの状況』があまりにも悪すぎたために通常魔法では不可能だという判断だったものと思われます。

考えてみると蘇生魔法の存在が謎です

ダンジョン飯の世界の理屈は

・地上では、人間を生き返らせることはできない
・このダンジョン内だけ特殊で生き返らせることができる

おそらく、全てのダンジョンで『死んでも生き返らせることができる』というわけでは無いと思います。狂乱の魔術師がつくったこの島のダンジョンのみが『魂と肉体』のつながりが強く、死んでしまっても生き返らせることができるのだと思います。

言うなれば『死んだ者を生き返らせる』ということはありえないことになります。にもかかわらず『蘇生魔法』が存在するってのが不思議なんですよね。

・誰が『死んでも生き返らせることができる』ことに気が付いたのか
・このダンジョン限定なのに何故『蘇生魔法』が存在するのか
・『蘇生魔法』は誰が生み出したものなのか

ストーリー上、どうでもいいことではありますが、少々不思議だなぁと感じました。

スポンサーリンク

今回の戦闘の被害状況

今回のファリンとの戦闘での被害状況まとめです。

◆死亡
・マイヅル
・ヒエン
・ベニチドリ
・カブルー
・リン
・ダイア
・クロ

◆重体
・イヌタデ

◆行方不明
・チルチャック(発見)
・ミックベル(発見)
・アセビ

漫画の方では『死者8名』となっていますが、7人ですね。

やはりイヌタデは死んでしまっていなかったようです。

チルチャックとミックベルは仲良く避難しており、本当の意味での行方不明者は『アセビ』一人となっています。一体どこに行ってしまったのか!?

アセビは『足抜け』!?

シュローはアセビが『足抜け』したと判断しています。

◆『足抜け』とは?
◆(前借金を清算せずに逃げて)抜け出すこと。

借金があってシュローの家につかえていたのか、給料制だったのかわよくわかりませんが、シュローがここまで簡単に切り捨てるという事は信頼関係はかなり薄いようです。

もしかしたらアセビは、もともとのシュローの家来というわけではなく、アセビの方が『シュローから何らかの情報を得られる』と判断した上で一時的に仲間になることを申し出てきた、という事なのかもしれません。

シュローは国に帰ることに

シュローはファリンのことは諦めてしまったようです。国に帰るとも、もう二度と島に来ないとも言ってますからね。

シュロー達が再び登場する可能性があるとするなら・・・・・

①アセビが何らかの行動に出て、それを知ったシュローが責任を取るために舞い戻ってくる

②ライオスがどうしてもシュロー達の協力を必要とした。そのため、今回シュローがライオスに渡した『鈴』を使ってシュローに戻ってきてほしい(助けてほしい)と連絡を入れた。

この2つくらいになるのではないかなと思います。

カブルーが魔物と戦う理由

どうやらカブルーは家族や仲間を魔物に殺されてしまったという過去を持っているようです。こういった過去があるとするなら、魔物は大っ嫌いでしょうね。

こうなりますと『魔物大好き』のライオスとは対照的な存在になってきそうです。今後も色々とありそうですね。

『帰還魔法』に関して

ライオスパーティーは地下5階から地上を目指していましたので、帰還魔法を使える者が一人もいないものと思われます。ファリンが使えたようですが。カブルー達も徒歩で地上を目指していたことから、帰還魔法を使える者がいないのだと思われます。食料を現地調達しているライオス達ならともかく、カブルー達はかなり不便ですよね。

今回、カブルーがマイヅルを最優先で生き返らせたのは、やはり帰還魔法が目当てだったのだと思われます。ちゃんと先の事を考えてますね、カブルーは。

マルシルが全責任を負わされているような

何やらマルシルが全て悪いかのような扱いを受けていて不憫に感じます。

そもそも『ファリンを黒魔術で蘇生させた問題』をまとめると

・状況的にファリンを生き返らせる手段が他になかった
・リーダーであるライオスも承諾の上だった
・マルシルは『黒魔術が使えることをみんなに話す』というリスクを負ってまでファリンを助けようとした

・ライオスがシュローに軽々しく話して大問題となった
・マルシルだけが腫物扱いとなってしまった
・マルシル『ごめん』ライオス『なんとかなるよ(他人事)』

これは『ライオス株』大暴落ですよ。今回の騒動はライオスの人間的評価が著しく下がる話が多かった印象を受けます。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように