イノさんの漫画アニメ

好きな漫画アニメの感想やネタバレ記事を書いています。

【星野目をつぶって】第8話星野を大切に思う仲間達【ネタバレ感想】

2016/06/15

160601-h01

◆前回のあらすじ◆

星野の仲間たちは、最近かまってくれない星野の様子をうかがうため、美術室までやってきました。そこで、星野と小早川が仲良くしていることを知る星野の仲間たちは、小早川に対して不信感を持ちます。

星野のメイクが心配で後ろからついてきていた小早川と松方さん。小早川は星野とバッタリ遭遇。星野の仲間に見つかってしまいそうなピンチの状況に! 一方、松方さんにも謎の複数の男たちが忍び寄っていた!!

◆星野目をつぶって◆

第1巻7月15日発売!

第1巻相当(1話2話3話4話5話番外
第2巻相当(6話7話8話9話10話

最新『星野目をつぶって』

◆登場キャラクター◆

160518-h95 星野海咲(ほしのみさき)
クラスの派手なグループにいる本作品のヒロイン。結構な行動派で正義感が強い。毎日メイクをしているが、自分でメイクする能力はゼロである。
160518-h91 メイク前の星野
小学生までは普通にスッピンでいた。弓削先生のおかげで中学からメイクし始めます。
160518-h93 小早川(こばやかわ)
人とあまり関わり合いを持ちたがらない性格であったが、美術部顧問の弓削先生に頼まれ星野のメイクをしてあげることになる。メイクをしてあげるも、うまくならない。
160518-h94 松方いおり(まつかたいおり)
加納グループといういじめっ子達にいじめられていたのを星野と小早川が助ける。小早川が好きである。小早川が星野のメイクをしていると知り自分もと仲間にいれてもらう。
160518-h92 弓削先生(ゆげせんせい)
美術部顧問の先生で生徒たちから人気がある。星野のメイクをしてあげているが、忙しいため小早川にも協力をお願いする。



莉穂から隠れる星野と小早川

ゲームセンター内でバッタリ遭遇した星野と小早川。

小早川は星野のメイクが心配で星野を追ってきたのですが、状況が変わってしまいました。莉穂たちは『小早川が星野の弱みを握って脅しているのでは』といったあらぬ疑いを持ち始め敵意むき出しです。

急いでゲームセンターから出ていこうと考える小早川でしたが・・・莉穂の声が聞こえてきます。

慌ててプリクラ内に隠れる星野と小早川。

160601-h51

星野と小早川は焦ります。

このまま莉穂に見つかってしまっては・・・星野は彼氏と勘違いされてしまい仲間が離れて行ってしまうと心配します。小早川は殴りコロされると確信しています。

どちらも非常事態です。

莉穂はプリクラの外までやってきました。そして、『海咲ー?』と声をかけながら、プリクラのカーテンの下を覗きます。

160601-h02

二人は見事なバランス感覚で何とか誤魔化すことに成功しました(笑)。

莉穂が通り過ぎたことで二人は一安心・・・したところ、星野は小早川の上に乗っかっている状況であることに気づき、慌てます。

ガタンッ! ゴトッ! 『キャ・・・』

通り過ぎた莉穂でしたが、人がいないと思っていたプリクラの中から大きな音が聞こえ戻ってきました。そして、中を確認しようとします。万事休すです!

ピロリロリ~ン♪
『撮影を始めるよ!』
『撮りたい雰囲気のモードを選んでね!』
『選ぶ時間は30秒だよ!』

中を覗こうとした莉穂でしたが、誰かが中で撮影を開始している音を聞き『なんだ、人いるじゃん・・・』と判断し、中を覗くのをやめました。

小早川のとっさの判断でプリクラにお金を入れたんです。

何とか時間を稼げた星野と小早川でしたが・・・莉穂が去っていくどころか、仲間3人も駆けつけてしまいます。

仲間も駆けつけさらにピンチ!

星野の仲間4人全員がそろってしまい、星野と小早川は大ピンチです!

星野の仲間たちは『ゲーセン内全部』と『トイレ』をチェックしましたが星野が見つからないとプリクラの前で話をしています。

『先に返ったとか~?』という仲間の言葉に、莉穂は『そんな・・・海咲、・・・ほんとは帰りたかったのかな・・・』とショックを受けます。『違う!』と心の中で叫ぶ星野。

携帯に電話してみようという仲間に、『着信音が鳴る!』と星野は慌てますが、携帯の電源が切れていました。

松方さんがピンチ!

携帯ということで、小早川は良い案が浮かびます。携帯で松方さんに連絡を入れて助けてもらおうという作戦です。

急いで松方さんに電話する小早川でしたが・・・・・・。

160601-h04

携帯に出た松方さんは、二人以上にピンチの状況にいました!

急いで飛び出そうとする星野ですが、小早川がなんとかとめます。

星野はメイク落としてスッピンで出ろうとしますが、小早川はそれも止めます。今、星野は仲間と遊ぶためにゲーセンに来ています。もしメイクを落としてしまったら、おそらく今の小早川では元に戻すことはできません。

星野は『うだうだ考えすぎ。』そう言って、メイクを落とし、ジャージに着替えます。小早川はメイクを何とかすると決意します。

松方さんはピンチでなかった

プリクラから出てくる小早川。莉穂に見つかってしまいます。

莉穂は『もしかして海咲と一緒に・・・』と考えますが・・・・・

160601-h05

そこにいたのは、美術部の『地味な娘』でした。

地味な娘に変装した星野はは低い声で自分の声を誤魔化します。

『あの・・・』
『星野さんならさっき・・・』
『公園の方に行くところ見ましたけど・・・』

それを聞いた莉穂たちは急いで公園の方に向かいました。

そして、星野と小早川は、ピンチの松方さんのもとへ!

160601-h06

ゲームをハイレベルに操作する松方さんに圧倒される男たち! まったくピンチではありませんでした(笑)。しかし、松方さんにこのような特技があろうとは。




星野のメイクが出来ない

小早川は急いで星野にメイクします。しかし、うまくできません。

160601-h07

小早川が必死になって頑張っているのはわかるのですが、どうしてもうまくメイクが出来ません。

どんどん時間が過ぎていきます。小早川はあせります。

しかし、・・・メイクはうまくできません。

そして、日が暮れてしまいました・・・・・。結局、小早川はメイクを完成させることはできませんでした・・・・・。

星野は頑張ってくれた小早川と松方さんにお礼を言うと、小早川に伝言をお願いします。

公園で星野を探す仲間達

かなり遅くなってしまっているため、小早川は、星野の仲間たちはもう帰ってしまっているのではと思っていました。

しかし、まだ帰っていません。必死になって星野を探していました。

160601-h08

それをみて、小早川は彼らがどういった人間なのかを理解します。

小早川は莉穂に『星野からの伝言』を伝えます。

『・・・ちょっと前に星野とばったり会って』
『伝言を頼まれたから・・・』
『充電切れて電話できない』
『急用が出来たから帰るけど心配するな』
『・・・だとさ』

160601-h09

それを聞いて、莉穂は安心します。

スッピンを隠さなくてもいいのでは?

伝言を伝えた小早川は星野と合流します。

小早川は星野に言います。

『なぁ・・・』
『あいつらになら・・・』
『すっぴんのこと隠さなくていいんじゃねぇの』
『あいつら・・・お前の素顔見ても』
『別に嫌いになったりしないと思うぞ』

そういう小早川に星野は

160601-h10

『でも』とも『だから』とも星野の言葉は続きませんでした。

『・・・友達何てものは』
『やっぱり俺にはわからない』

小早川はそう思いながら、いつものように仲間たちと楽しそうに笑っている星野をみつめました。

そして、小早川は莉穂から敵視されるようになりました(笑)。

あとがき

今回は、莉穂たちから必死に逃げ隠れする星野と小早川の話でした。やはり最終的にはスッピンでかわすしかないようです。この際、うまくできるかどうかではなく『小早川バージョン星野』として3人目の星野を登場させてもいいのではとも思いました。

そして、星野の仲間達。前回に続き、とても星野を大事にしていることが伝わってくる話でしたね。はじめのころは悪そうなキャラなのかなという印象もありましたが、星野もなかなかに良い仲間に囲まれてきたんだなと思えます。星野が仲間たちの関係を大事にしたいと考える気持ちもよくわかりますね。

しかし・・・あのツインテール、たぶん、スッピン星野に気づいていますよ。気づいているうえで、気づいていないふりをしているように思えましたね。たぶん気づいているだろうなぁと個人的には確信しています。

どのタイミングで星野に話すかですね。それとも、星野が自分で言いだすまでずっと待っているつもりなのか。その点も、注目ですね。

そして、莉穂以外の仲間の名前をそろそろ出してほしいなぁと思います。作者さん、おねがいしますよ。




-星野目をつぶって

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。