◆前回のあらすじ◆

2回裏の五木中の攻撃。ピッチャーの睦子は安定した投球を続け、凡打の山を築きます。この回も無失点。一方、風林学園も五木中のピッチャーを打ち崩すことができずに無失点。お互い点を入れることができないまま3-0で試合は4回まで進みます。

五木中にとって2巡目となる4回裏の攻撃。円陣を組み狙い球を絞って打席に立ちますが、ここに来てアニータは睦子にストレートを投げさせるサインを送り始めます。今まで変化球だけを投げさせていたのです。五木中は予想外にストレートも加わり対応しきれません。しかし、ここで丹波先輩がエラーをしてしまい、ランナーが出塁します。ワンナウトでランナー1塁。4番の横内の辺りをファーストの丹波が止めるのですが、丹波はセカンドに暴投を投げてしまい、さらにピンチを広げてしまいます。

スポンサーリンク

◆メジャー2nd◆

第10巻まで発売中!

7巻(54話・55話・56話・57話・58話・59話・60話・61話・62話
8巻63話64話65話66話67話68話69話70話71話72話
9巻73話74話75話76話77話78話79話80話81話
10巻82話83話84話85話86話87話88話89話90話
11巻91話92話93話94話95話96話97話98話99話
12巻00話01話02話03話04話05話06話07話08話
13巻09話10話11話・12話・13話・14話・15話・16話・17話)

最新『メジャー2nd』

◆登場キャラクター◆

◆風林中学野球部

◆現在の試合状況◆

全日本少年軟式野球大会
◆トーナメント第1回戦
『風林学園』VS『五木中』

風林 3 0 0 0 3
五木 0 0 0 0

あらすじ

4回裏の五木中の攻撃。先頭の2番バッターを内野フライで打ち取りワンナウト。3番バッターもファーストゴロで打ち取ったかに思えましたがファースト丹波がエラー。4番の横内はファースト強襲のゴロ。丹波はセカンドに送球しますが悪送球! 丹波の立て続けのエラーでワンナウト1、2塁のピンチを迎えてしまいます。

丹波は昨年、県大会出場を決める決勝戦でエラーをしてしまい、チームを負けに追いやってしまったことがありました。その時のことがトラウマとなってしまい丹波は『送球イップス』になってしまっていたのです。

試合前、丹波はキャプテンである大吾にファーストではなく外野の守備をやらせてほしいと申し出ていました。そこならまだましだろうからと。しかし、大吾は丹波にイップスを克服してもらいたいがために、あえてファーストの守備を行ってもらう事にしたのです。

ファーストの守備がまずいため、五木中の監督は5番バッターにバントでファーストに転がすように指示。丹波はボールを拾ってサードに投げますが・・・・・またしてもエラー! 悪送球です。

しかし、それをレフトの守備の大吾がフォローします。急いでボールを拾い、ホームへ・・・・・タッチアウト! 丹波のエラーを大吾がうまくフォローし、相手に得点を許しません。

6番バッターの打球もファーストに。1塁に入った睦子にボールを投げる際、丹波の頭には悪送球が頭をよぎりますが、丹波はそれを乗り越えファーストへ、アウト!

皆の協力で、何とかこの回を無失点に抑えきります。

スポンサーリンク

五木中監督はファースト狙いの指示

ファーストのエラーが2度続いたため、五木中の監督は5番バッターにバントでファーストに転がすよう指示を出しました。

まぁ相手の弱点を突くのは当然の戦略ですよね。それに、ワンナウト1、2塁なわけですから、送りバントでも十分と言えるかもしれません。というか、なかなか打ち崩せない睦子とアニータのバッテリーなので、もろいところから崩していくしかありませんね。

丹波先輩のトラウマ

丹波先輩は2年の時はサードのポジションだったようです。

『これで県大会に出場』という重要な場面で、ファーストへ悪送球を送ってしまい、試合に負けてしまいました。まぁこれはトラウマになってしまっても仕方がありませんね。『自分のせいで先輩たちの夏を終わらせてしまった』わけですから。野球を辞めてしまってもおかしくはないほどキッツい出来事だと思います。

個人競技と違って、団体競技はこういったことがあるから怖いですよね。自分ではなく、他人に迷惑をかけてしまうってのが一番つらい。

大吾流イップスの治し方

イップスと言ったら、アニメ『メジャー(6期)』で吾郎がなってましたね。3年くらい前にNHKで再放送やっているのを見ていました。あまり覚えていませんが。どういった治療をやってたかなぁ・・・・・。

今回の大吾流はちょっと荒療治のような気もします。丹波先輩が申し出たように、精神的負担が少ない外野から少しづつ慣らしていく方がいいのではと個人的に思いました。

大吾のフォロー

丹波先輩のサードへの暴投をレフトの大吾がカバーに入り、ホームでタッチアウト。大吾、ナイスフォローでした。

プロ野球などを見ていても、エラーしても大丈夫なように、前もって別のポジションの人たちがカバーに入っているのをよくみかけます。エラーをしても被害が最小限になるように前もってカバーに入っておくと言うのは野球の守備としては基本なのかもしれませんね。

サンデー、マガジン更新作品

当ブログにて毎週水曜日に更新している4作品です。

◆ダイヤのA act2
http://mangakansou.xyz/ダイヤのAact2
◆メジャー2nd
http://mangakansou.xyz/メジャー2nd
◆双亡亭壊すべし
http://mangakansou.xyz/双亡亭壊すべし
◆あおざくら
http://mangakansou.xyz/あおざくら

よければご一緒にどうぞ。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように