◆前回のあらすじ◆

双亡亭内へ隊員たちと侵入した残花は、泥努の描いた肖像画の中に引き込まれてしまいます。その中では由太郎(泥努)と残花の過去が再現され、そしてショックのあまり忘れてしまっていた『由太郎がしのぶ姉ちゃんを殺してしまう現場』を目撃してしまうことになります。当時の事を思い出した衝撃で、残花は侵略者たちに体内への侵入を許してしまいます。しかし、何とか気持ちを立て直し、自分の手で侵略者たちを体から引き抜いていきます。残花は侵略者たちを体から引き抜いたことで皮膚が剥がれ落ちる大怪我をおってしまったのです。

命からがら双亡亭の外へ出た残花は、自分の怪我を早く治してもらうために新興宗教の生き本尊であった帰黒の元へやって来ます。そして怪我をすぐに治せるという『霊水』を渡してほしいとたのむのでした。

スポンサーリンク

◆双亡亭壊すべし◆

第5巻、発売中!

第1巻1話2話3話4話5話6話7話8話
第2巻9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第3巻19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第4巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話38話
第5巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話48話
第6巻49話50話51話52話53話54話55話56話57話58話
第7巻59話60話61話62話63話64話65話66話67話68話
第8巻69話70話71話72話73話74話75話76話77話78話
第9話79話80話・81話・82話・83話・84話・85話・86話・87話・88話)

最新『双亡亭壊すべし』

◆登場キャラクター◆

160518-s93 凧葉 務(たこはつとむ)
美大卒業後、絵本作家を目指している。双亡亭の隣にあるアパートに住んでいたが、双亡亭への空爆で破壊されてしまった。双亡亭の立地に関する知識があるため、強制的に政府へ協力させられることになる。
160518-s91 柘植 紅(つげくれない)
刀巫覡の巫女。親が離婚したため苗字は違うが、緑郎の姉。緑朗が青一についていってしまいショックを受けている。政府の双亡亭破壊計画にお祓い役として協力をお願いされる。
160518-s94 凧葉 青一(たこはせいいち)
45年前に行方不明になった飛行機に乗っていた少年。何故か姿は少年のままで飛行機とともに羽田空港に戻ってくる。体の一部をドリルにしてしまうという謎の力を持つ。緑郎とともに双亡亭へ向かっている最中、45年前の自分の家へたどり着く。
160518-s92 立木 緑朗(たちきろくろう)
双亡亭の敷地内へ引っ越してきた少年。双亡亭内で父親を殺されてしまう。双亡亭に復讐をはたすため、青一とともに双亡亭へ向かう。

『霊水』って何ですか?

『10日分の霊水』なるものが登場しましたが『霊水』ってなんでしょうね? そして、どうやって作るんでしょうね?

・・・・・まさかアレですか? いや、まさかアレではないと思うのですが、『霊水をどうやってつくるのか』を考えたら『アレ』しか思いつかないのですが。

『私の水』と言ってますよ。どう考えてもアレだとしか思えないのですが。

帰黒の能力

画像で見る通り、かなり自由自在に髪を操れるようです。

現在わかっている帰黒の能力は

・空気をなめると周りの状況を理解することができる
・傷を癒せる『霊水』を作り出せる
・髪を自由自在に操れる
・魔魅怨霊を寄せ付けない

アウグスト博士たちを窒素の爆発の衝撃から救ったわけですから、帰黒の髪の強度はかなり高いものと思われます。また窒素による酸欠も防いだわけですから、密封性も高いようです。

『魔魅怨霊』とはなかなか難しい言葉です。つまり大雑把にいいますと『不可思議な敵を寄せ付けない能力』という事なのだと思われます。

お暇(いとま)する必要があったのかな?

『お暇(いとま)』という言葉はよく時代劇や大河ドラマなどで聞く言葉ですが、つまりは『仕事をやめて出て行く』ということのようです。イメージ的には『退職』かなと思います。

ただ、今回の帰黒の『お暇』はちょっと理解しがたいです。『残花の手伝いをしたい』というのは理解できますが、わざわざ『お暇』する必要はないと思うんですよね。『手助けをしたいので数日ほど・・・』で良いのではと思うんですよ。

まぁこの時代での『時間を貰う』という行為が『お暇』に該当するのかもしれませんね。

自衛隊と軍隊の階級

紅の発言によりますと、自衛隊には『少尉』は無いそうです。そう言ったことに関して知識がありませんので、調べてみました。

◆陸上自衛隊
・陸将
・陸将補
・1等陸佐
・2等陸佐
・3等陸佐
・1等陸尉
・2等陸尉
・3等陸尉(←少尉くらい)
・准陸尉
・陸曹長
・1等陸曹
・2等陸曹
・3等陸曹
・陸士長
・1等陸士
・2等陸士
・自衛官候補生(←教育中)

残花少尉の時代である『昭和7年』の階級はかなりゴチャゴチャしているようでよくわかりませんでした。

おそらく、作品内で使われている階級は、1944年のものをかなり簡略化したものだと思われます。

◆1944年頃の階級
・大将
・中将
・小将
・大佐
・中佐
・小佐
・大尉
・中尉
・小尉(←残花)
・准尉
・曹長(←クルル)
・軍曹(←ケロロ)
・伍長(←ギロロ)
・兵長(←ドロロ)
・上等兵
・一等兵
・二等兵(←タママ)

こうしてみると、ケロロ軍曹よりもクルル曹長の方が階級が上なんですね。ネットで調べてみると『作者が勘違いしているのでは』という話になっていました。曹長が軍曹の指揮下に入るなどありえないと。

クルルはもともと優秀で『少佐』まで出世していたらしいのですが、性格に問題があり『曹長』まで落とされたとか。なるほど、知りませんでした。

・・・・・と、ついついケロロ軍曹の話になってしまいました(笑)。

個人的に『少尉』ってあまり偉くはないというイメージなのですが、こうしてみると結構、上なんですねぇ。

時間の流れ方がよくわからない

残花や帰黒の話によると、まだ双亡亭に入って24時間も立っていないかのような口ぶりでした。つまり、体感的にはとても短い時間なのに、85年くらいたってしまったという感じです。

しかし今回の泥努のくちぶりだと『90年たっているけど歳をとっていない』という雰囲気です。

この点、どうなっているのかまだまだ謎です。

サンデー、マガジン更新作品

当ブログにて毎週水曜日に更新している4作品です。

◆ダイヤのA act2
http://mangakansou.xyz/ダイヤのAact2
◆メジャー2nd
http://mangakansou.xyz/メジャー2nd
◆双亡亭壊すべし
http://mangakansou.xyz/双亡亭壊すべし
◆あおざくら
http://mangakansou.xyz/あおざくら

よければご一緒にどうぞ。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように