◆前回のあらすじ◆

双亡亭の地下から湧き上がってきた七色に変化する黒い水。それを使って絵を描いたところ、泥努は絵の中から現れた『侵略者』たちによって絵の中に引きづり込まれてしまいました。侵略者たちは泥努の体を乗っ取るために精神的に苦痛を感じる記憶を見せます。しかし、泥努にはそれは通用しませんでした。逆に、侵略者たちは泥努の能力によって『支配』されてしまいます。

泥努と交流するため、侵略者たちは泥努が描いた絵の少女の姿になります。泥努はそれを『しの』と名付けました。しのは泥努に『窒素』をどうにかしてほしいと要望を出します。その代わりとして、侵略者たちは泥努に『永遠に歳をとらない肉体』を提供します。こうして泥努と侵略者たちは協力関係を結ぶことになるのでした。

スポンサーリンク

◆双亡亭壊すべし◆

第5巻、発売中!

第1巻1話2話3話4話5話6話7話8話
第2巻9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第3巻19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第4巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話38話
第5巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話48話
第6巻49話50話51話52話53話54話55話56話57話58話
第7巻59話60話61話62話63話64話65話66話67話68話
第8巻69話70話71話72話73話74話75話76話77話78話
第9話79話80話81話・82話・83話・84話・85話・86話・87話・88話)

最新『双亡亭壊すべし』

◆登場キャラクター◆

160518-s93 凧葉 務(たこはつとむ)
美大卒業後、絵本作家を目指している。双亡亭の隣にあるアパートに住んでいたが、双亡亭への空爆で破壊されてしまった。双亡亭の立地に関する知識があるため、強制的に政府へ協力させられることになる。
160518-s91 柘植 紅(つげくれない)
刀巫覡の巫女。親が離婚したため苗字は違うが、緑郎の姉。緑朗が青一についていってしまいショックを受けている。政府の双亡亭破壊計画にお祓い役として協力をお願いされる。
160518-s94 凧葉 青一(たこはせいいち)
45年前に行方不明になった飛行機に乗っていた少年。何故か姿は少年のままで飛行機とともに羽田空港に戻ってくる。体の一部をドリルにしてしまうという謎の力を持つ。緑郎とともに双亡亭へ向かっている最中、45年前の自分の家へたどり着く。
160518-s92 立木 緑朗(たちきろくろう)
双亡亭の敷地内へ引っ越してきた少年。双亡亭内で父親を殺されてしまう。双亡亭に復讐をはたすため、青一とともに双亡亭へ向かう。

泥努には敵意が無かった

やっぱり泥努にはそこまでの危険性は無いようです。純粋に絵に興味があるくらいのようですね。

そして、侵略者たちが人間を殺していることを知っているようですが『どうでもいい』という考えで行動しているようです。我が道を行ってます。どう考えても、泥努に危険性はありません。

ただ『しのぶ姉ちゃん』の死に関しては謎が残ります。これが明らかにならなかったという事は、後々にそれがきっかけて何かが起こる・・・・・ということかな? そのきっかけは残花がつくるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

双亡亭の建物のほとんどは侵略者だった

建物自体が侵略者だったということは、青一が双亡亭の建物を破壊した時にわかっていたことですが、今回、侵略者であるしのが語ったことで間違いないという事がわかりました。

あれだけ広い面積の双亡亭の建物を維持してきたわけですから、相当な量の侵略者たちが建物の維持に関わっていたんでしょうね。

そう言えば、第2巻でこういったシーンがありました。

これは絵の中から出てきた侵略者たちが窒素で溶けてしまわないように、水を用意したってことなのかもしれません。もしかしたら、ここが双亡亭の建物と侵略者たちをつなぐ出入り口だったのかもしれませんね。

そして、窒素の大爆発で、侵略者たちの多くが死んでしまったと。まぁ確かにかなりの数の侵略者が死んでしまったと思いますが、本当にそうなのか、現時点ではまだ何とも言い難いところです。

しのの策略にしか見えない

泣き落としで来ましたよ(笑)。自分たちが弱い立場であり、優しそうな緑朗に同情してもらって協力してもらおうという魂胆なのかもしれませんね。普通に嘘っぽいのですが、緑朗は信じてしまうかもしれません。

しかし、緑朗は自分の父親を侵略者によって殺されてしまっています。いくらしの達侵略者が可哀そうな存在であろうとも、自分の父親を殺した存在なわけです。そして、緑朗はその復讐として双亡亭に乗り込んできました。ここで協力するとも思えません。

緑朗は『協力しない』と侵略者に言うと思います。しかし、もしかしたらそれは侵略者の『策』なのかもしれません。侵略者が強い存在であれば緑朗は怯えてしまいます。だから『自分たちはか弱き存在である』ということを見せることで、緑朗に立ち向かうだけの『勇気』をふるいたたせろうとしたのではないかなと。そして、緑朗の体内に勝手に侵入して『勇気』を理解した侵略者たちは、より強力な敵として成長してしまうと。侵略者たちはかなり賢いようなので、こういった裏の裏をついてくるような発想は朝飯前のような気がします。

地下水脈を通る作戦は?

この地球上の7割は海です。ですから、地上を支配しなくとも、水中を支配してしまえば、幾らでも地上を支配する策は出てきそうな気もします。もともとそういった作戦を計画していたようですからね。

乗っ取られた鬼離田姉妹の長女はどうしたんでしょうね? 窒素の爆発で死んでしまったとは思えませんし。

サンデー、マガジン更新作品

当ブログにて毎週水曜日に更新している4作品です。

◆ダイヤのA act2
http://mangakansou.xyz/ダイヤのAact2
◆メジャー2nd
http://mangakansou.xyz/メジャー2nd
◆双亡亭壊すべし
http://mangakansou.xyz/双亡亭壊すべし
◆あおざくら
http://mangakansou.xyz/あおざくら

よければご一緒にどうぞ。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように