◆前回のあらすじ◆

侵略者たちを逆に侵略してしまった坂巻泥努。その事実を知ったツトムは泥努に対して恐怖を覚えます。しかし、泥努は殺すことには興味がありません。それよりも、絵描きであるツトムの絵に興味を示します。

双亡亭内に一人入ってきた緑朗が出会ったのは、侵略者の代表として人の姿をしている『しの』でした。しかし、しのには敵意はありません。むしろ、緑朗に協力を求めてきました。侵略者たちは泥努の支配の中、少しずつ双亡亭の敷地内に建物を建て続け酸素の量を増やすことで窒素の量を減らし、自分たちの行動範囲を広げてきました。しかし、先ほどの窒素の爆発で、多くの仲間が死んでしまいました。もうこれ以上の戦いを望んでいません。双亡亭内部で静かに生きることを望んでいるのです。そうするためには泥努の支配に打ち勝つ必要があります。それには人間の感情の『勇気』が必要なのです。しのは緑朗にその『勇気』の心に触れさせてほしいと頼みます。

スポンサーリンク

◆双亡亭壊すべし◆

第5巻、発売中!

第1巻1話2話3話4話5話6話7話8話
第2巻9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第3巻19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第4巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話38話
第5巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話48話
第6巻49話50話51話52話53話54話55話56話57話58話
第7巻59話60話61話62話63話64話65話66話67話68話
第8巻69話70話71話72話73話74話75話76話77話78話
第9話79話80話81話・82話・83話・84話・85話・86話・87話・88話)

最新『双亡亭壊すべし』

◆登場キャラクター◆

160518-s93 凧葉 務(たこはつとむ)
美大卒業後、絵本作家を目指している。双亡亭の隣にあるアパートに住んでいたが、双亡亭への空爆で破壊されてしまった。双亡亭の立地に関する知識があるため、強制的に政府へ協力させられることになる。
160518-s91 柘植 紅(つげくれない)
刀巫覡の巫女。親が離婚したため苗字は違うが、緑郎の姉。緑朗が青一についていってしまいショックを受けている。政府の双亡亭破壊計画にお祓い役として協力をお願いされる。
160518-s94 凧葉 青一(たこはせいいち)
45年前に行方不明になった飛行機に乗っていた少年。何故か姿は少年のままで飛行機とともに羽田空港に戻ってくる。体の一部をドリルにしてしまうという謎の力を持つ。緑郎とともに双亡亭へ向かっている最中、45年前の自分の家へたどり着く。
160518-s92 立木 緑朗(たちきろくろう)
双亡亭の敷地内へ引っ越してきた少年。双亡亭内で父親を殺されてしまう。双亡亭に復讐をはたすため、青一とともに双亡亭へ向かう。

『帰黒』は青一の弟『マコト』なのかもしれない

コメントにてご指摘をいただいたのですが、『帰黒』は青一の弟『マコト』なのかもしれません。

なぜ帰黒がマコトの可能性があるのかと言いますと、このシーン。マコトの攻撃スタイルは『髪』っぽいからです。帰黒が髪を自由自在に変形させ、強度も自由自在に操れるのと同様に、マコトも髪のようなものを自由自在に操って攻撃しています。

そもそも、読み返してみるとマコトが『弟(男)』であることを証明するものが何もありませんでした。誰もマコトのことを『弟』と呼んでいないんです。

私がマコトが男であると判断していた理由は『髪の長さ』でした。マコトは青一に比べるととても髪が短かったので何も考えずに『男』だと思っていました。むしろ、青一の方が女に見えなくもないくらい髪が長すぎではないかなと思ったほどです。

また、青一の一人称は『ボク』です。それに対してマコトの一人称は『マコト』となっています。『ボク』とも『ワタシ』とも言っていません。自分の事を『マコト』と呼んでいます。作者さんが性別を隠すために意図的にそうしたのではないかなと考えられます。

ですから、マコトはそもそも男ではなく女であり、そしてマコトが成長した姿が帰黒なのではないかなと思えるんですね。また『マコト』という名前は女性の名前としても通用します。

では、何故マコトは成長してしまったのか? 宇宙人の能力を体内に宿しているわけですから成長しないはずです。その点だけは疑問が残ります。記憶が無くなっていますしそのことと何か関係があるのかも?

しかし、それを除けば全てにおいて帰黒がマコトである可能性は十分考えられると思うんですよね。

スポンサーリンク

侵略者が泣き落とし作戦を使った理由は?

身体なんかとっとと奪えばいいのに・・・・・とも思えますが、侵略者の『しの』はあくまで『泣き落とし』で自分を受け入れてくれるよう緑朗に必死になって頼み込みます。何故か?

おそらく『泥努に支配されている』という部分に関しては事実に近いのかもしれません。そして、緑朗や青一を利用すれば泥努に対抗しうると考えたのかもしれません。ですから泥努を通して絵をかかせずに『泥努に秘密で』行動しているのではないかなと思えます。

しかし、今回、侵略者は『心を破壊する』という作業を完全には行っていません。緑朗の体内には緑朗の心は残ったままになっていると思うんですよね。ですから、体内に侵略者が入ってしまったとしても、緑朗が助かる可能性はまだ残っているように思えます。

サンデー、マガジン更新作品

当ブログにて毎週水曜日に更新している4作品です。

◆ダイヤのA act2
http://mangakansou.xyz/ダイヤのAact2
◆メジャー2nd
http://mangakansou.xyz/メジャー2nd
◆双亡亭壊すべし
http://mangakansou.xyz/双亡亭壊すべし
◆あおざくら
http://mangakansou.xyz/あおざくら

よければご一緒にどうぞ。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように