◆前回のあらすじ◆

緑朗がピンチであることに感づいた帰黒は紅とともに急いで緑朗の元へ向かいます。そこへ現れたのは双亡亭に乗っ取られた元残花の部下たち。2人の行く手を阻もうとしますが、帰黒が囮となって、紅を先に行かせます。

緑朗の目の前に現れた双亡亭の代表であるシノ。もう地球を侵略するなどということはせず、双亡亭内で静かに暮らしたい、そのためには緑朗の体内に入って『勇気』を理解する必要がある、そうすれば泥努からの束縛から解放される。そう言って、侵略者は涙を流しながら『勇気』の使い方を教えてほしいと頭を下げます。それを聞いて、緑朗は受け入れてあげることにします。

しかし、それは侵略者の策でした。自分たちを破壊することができる『青一』という侵入者を倒すには緑朗の体を利用するのが一番だと判断したのです。侵略者は緑朗の体内に入っていきます。

スポンサーリンク

◆双亡亭壊すべし◆

第5巻、発売中!

第1巻1話2話3話4話5話6話7話8話
第2巻9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第3巻19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第4巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話38話
第5巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話48話
第6巻49話50話51話52話53話54話55話56話57話58話
第7巻59話60話61話62話63話64話65話66話67話68話
第8巻69話70話71話72話73話74話75話76話77話78話
第9話79話80話81話・82話・83話・84話・85話・86話・87話・88話)

最新『双亡亭壊すべし』

◆登場キャラクター◆

160518-s93 凧葉 務(たこはつとむ)
美大卒業後、絵本作家を目指している。双亡亭の隣にあるアパートに住んでいたが、双亡亭への空爆で破壊されてしまった。双亡亭の立地に関する知識があるため、強制的に政府へ協力させられることになる。
160518-s91 柘植 紅(つげくれない)
刀巫覡の巫女。親が離婚したため苗字は違うが、緑郎の姉。緑朗が青一についていってしまいショックを受けている。政府の双亡亭破壊計画にお祓い役として協力をお願いされる。
160518-s94 凧葉 青一(たこはせいいち)
45年前に行方不明になった飛行機に乗っていた少年。何故か姿は少年のままで飛行機とともに羽田空港に戻ってくる。体の一部をドリルにしてしまうという謎の力を持つ。緑郎とともに双亡亭へ向かっている最中、45年前の自分の家へたどり着く。
160518-s92 立木 緑朗(たちきろくろう)
双亡亭の敷地内へ引っ越してきた少年。双亡亭内で父親を殺されてしまう。双亡亭に復讐をはたすため、青一とともに双亡亭へ向かう。

緑朗を助け出す方法がない

緑朗の中に侵略者が入り込んでしまいました。紅自身も『侵略者に体を乗っ取られたら助ける方法が無い』ということはわかっています。緑朗を危険な目にあわせたくないと考えていた紅でしたが、絶望的な状況になってしまいました。

スポンサーリンク

青一を支配する方法

緑朗の記憶を覗くことで、侵略者は青一の正体を理解します。青一は『宇宙人+人間』の融合で強化されていると。何だかドラゴンボールの『サイヤ人+地球人』みたいですね(笑)。まぁあちらの場合は、悟飯には才能はあってもやる気がないので、結局、悟空の方が強いことになってるんですけどね。

話を戻します。侵略者は緑朗の記憶から青一を殺すのは簡単だと判断します。むしろ、殺すよりも青一を支配してしまって利用する方が自分たちの戦力カップになると。

確かに侵略者が緑朗の肉体をうまくコントロールして青一を言葉責めにすれば、青一は精神的なショックから心にヒビが入り、青一の肉体を支配できてしまうかもしれませんね。実行されたらかなりヤバイと思います。

侵略者に体を乗っ取られるわけではない?

侵略者の口ぶりですと『侵略者が人間の肉体を乗っ取ったわけではない』ということ何でしょうかねぇ?

今まで侵略者によって乗っ取られた人たちは『狂暴化する』か『人格は残っているけど人間の敵になる』という感じでしたよね。

そうなりますと、今まで侵略者に乗っ取られたと思われる人たちは

・侵略者が体を支配しているものの乗っ取ってはいない
・人格が残ったまま支配されている
・人格が壊れてしまう場合もある
・狂暴化してしまう

こういう事なのかもしれません。

緑朗に策があったのか?

緑朗は床に置いた窒素の便を開け始めました。窒素の濃度を上げて体内にいる侵略者『しの』を倒そうとしているようにも見えます。侵略者の完璧な策だと思われましたが、どうやって緑朗はそれを防いだのか?

緑朗の体内に一滴だけ残っていた『宇宙人の水』。今回、体内の中で緑朗を守る働きをしています。

もしかしたら、緑朗が侵略者を体内に入れたのは、この宇宙人の『策』だったのかもしれません。テレパシーのようなもので『侵略者を体内に取り込んで倒す』ことを提案し、緑朗がその策を実行しているってことなのかもしれません。そう考えれば、侵略者の思い通りに事が進んでいないこの現状も納得できるような気もします。

しかし、この場面。何だか緑朗は死を覚悟しているかのようにも思えるのですが、果たして・・・・・・・。

サンデー、マガジン更新作品

当ブログにて毎週水曜日に更新している4作品です。

◆ダイヤのA act2
http://mangakansou.xyz/ダイヤのAact2
◆メジャー2nd
http://mangakansou.xyz/メジャー2nd
◆双亡亭壊すべし
http://mangakansou.xyz/双亡亭壊すべし
◆あおざくら
http://mangakansou.xyz/あおざくら

よければご一緒にどうぞ。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように