イノさんの漫画アニメ

好きな漫画アニメの感想やネタバレ記事を書いています。

【双亡亭壊すべし】第10話コンビニを知らない青一【ネタバレ感想】

2016/08/03

160604-s08

◆前回のあらすじ◆

双亡亭を破壊した者には248億円が支払われる。多くの者がその金額から説明に参加した。

しかし、知れば知るほど、双亡亭は危険であり、破壊する手段などないようにも思えた。多くの者は話を聞いて出て行ってしまった。

それでもなお残ったのは対超常現象を扱ってきたプロ達。果たしてこの者たちで双亡亭を破壊することができるだろうか?

◆双亡亭壊すべし◆

第1巻相当(1話2話3話4話5話6話7話8話
第2巻相当(9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第3巻相当(19話・20話・21話・22話・23話・24話・25話・26話・27話・28話)

最新『双亡亭壊すべし』

◆登場キャラクター◆

160518-s93 凧葉 務(たこはつとむ)
美大卒業後、絵本作家を目指している。双亡亭の隣にあるアパートに住んでいたが、双亡亭への空爆で破壊されてしまった。双亡亭の立地に関する知識があるため、強制的に政府へ協力させられることになる。
160518-s91 柘植 紅(つげくれない)
刀巫覡の巫女。親が離婚したため苗字は違うが、緑郎の姉。緑朗が青一についていってしまいショックを受けている。政府の双亡亭破壊計画にお祓い役として協力をお願いされる。
160518-s94 凧葉 青一(たこはせいいち)
45年前に行方不明になった飛行機に乗っていた少年。何故か姿は少年のままで飛行機とともに羽田空港に戻ってくる。体の一部をドリルにしてしまうという謎の力を持つ。緑郎とともに双亡亭へ向かっている最中、45年前の自分の家へたどり着く。
160518-s92 立木 緑朗(たちきろくろう)
双亡亭の敷地内へ引っ越してきた少年。双亡亭内で父親を殺されてしまう。双亡亭に復讐をはたすため、青一とともに双亡亭へ向かう。



お腹がすいてしまった青一

精一が昔住んでいた家から出た後、青一は緑朗を背負って双亡亭へ向かっていた。

160604-s01

しかし、今まで俊敏に動き回っていた青一の動きがどんどんとノロくなってきていた。どうやら、青一は空腹で力が入らないようです。

しかし、緑郎はお金を持っていません。もちろん、青一も持っていません。

お腹を減らした青一は人から食料を奪おうとしますが、緑朗が止めます。どうしようかと悩んだ緑郎でしたが、自分が通う学校に『乗車カード』を忘れていたことに気づきます。この乗車カードはバスに使えるだけでなく、コンビニでの支払いにも使えます。これで買い物をしようという考えです。

夜の学校に侵入

夜の学校に忍び込む緑朗と青一。教室の中に入ろうとするもカギがかかって入れません。青一はガラスを割ろうとしますが、緑郎が止めます。青一はすぐダメばかりの緑郎に不満顔です。

160604-s03

そこで、青一は『大きな穴』ではなく、『小さな穴』を開けて、鍵を開け中に入る党作戦に変更しました。緑郎もこれくらいならと納得です。

教室の中を探す緑朗。目的の乗車カードが見つかりました。そして、食べ物を買うためにコンビニに向かいます。

コンビニを知らない青一

160604-s05

コンビニを珍しそうに見る青一。コンビニというものがどういったものか知らないようです。

緑朗は青一にコンビニがどういったものか説明します。青一は『スーパー』みたいなものかと反応します。ちょっと違いますが、似たようなものかもしれません。

コンビニに入ろうとする青一ですが、自動ドアにぶつかってしまいます。どうやら自動ドアも知らないようです。

『ボク・・・イタトキ・・・ナカッタ・・・』

緑朗は言っている意味がよくわかりません。

青一は自分でお菓子を一つ選びますが、予算オーバー。買うことはできません。名残惜しそうです。

フランクフルト、おにぎり、サンドイッチ

何とか、フランクフルト、おにぎり、サンドイッチの3つを買うことが出来ました。緑朗が手を合わせて『いただきます・・・』と言った途端、青一は、サンドイッチを全て口の中に放り込んでしまいました。緑朗は驚きます。

おにぎりも食べてしまおうとするため、緑朗は青一を止めます。

160606-s07

全て食べてしまおうとする青一でしたが、何とか半分に分けて食べることが出来ました。




青一は45年前の小学6年生

結局、先ほど侵入した学校の中の教室で一夜を過ごすことにした緑朗と青一。寒さをしのぐため、落し物のジャージと新聞紙を体に巻いて寒さをしのぐことにします。

緑朗は青一がコンビニを知らないことに関して聞いてみます。

『・・・コンビニ・・・シラナイ・・・』
『カエッテカラ・・・シラナイモノ・・・バッカリ、ミル』

どこか遠くに行っていたのと聞く緑朗。

『ナナジュウ・・・ニネンノオショウ・・・ガツニ・・・』
『パパ・・・ママガ、ホッカイドウノ』
『オジイチャンチマデ・・・イコウッテ・・・』

緑朗は72年という言葉に疑問を持ちます。もしかして1972年・・・?

『ウン・・・センキュウヒャク・・・ナナジュウニネンノボク・・・』
『ショウガク・・・ロクネン・・・ダッタ・・・』

『青一くん、キミは45年も昔の人なの!?』

160604-s08

その話を聞いて、驚く緑朗。青一は自分でもよくわかっていませんが、自分が体験した出来事を緑郎に話し出します。

青一は45年間戦っていた

東京に住んでいた青一が北海道の家に行こうと家族みんなで飛行機に乗り向かっていた時の事。飛行機の中は激しく揺れだします。

160604-s09

墜落するのではと恐怖を感じていた青一。窓の外を見ると、先ほどまでは青空だったのに、いつのまにか『星でできたトンネル』のようなものの中にいることに気づきました。

そして、気づいたら皆、謎の場所に来ていました。

160604-s11

青一もそこがどういった場所なのかさっぱりわかりません。

そこで青一は『アノヒト』に出会い、ずっと戦ってきたようでした。

そこまで言うと、疲れていた青一はウトウトと眠ってしまいました。

その話を聞いた緑朗は今まで疑問に感じていた青一の特殊能力を何となく理解できました。特殊な場所で身に着けた能力、その力があれば双亡亭だって破壊できるのでは。緑朗は期待で胸を高鳴らせます。

学校に登校してきた小学生達

緑郎と青一が目を覚ます前に、学校のクラスメートたちが来ていました。どうやら長く寝すぎてしまったようです。

クラスメートたちはガラスを割って教室に忍び込んだ緑朗と青一を『ドロボウ』と攻め立てます。160604-s12

あとがき

今回は青一の45年間のカルチャーショックの話って感じでしたね。

45年前、確かにコンビニは無かったと思います。コンビニができ始めたのはいつごろからだったでしょうねぇ? 僕の記憶では20年前にはありました。しかし『25年前』となるとハッキリとあったという記憶はありません。

時期的には25~30年ほど前からコンビニができ始めたのではないかなと個人的に思います。

そして、青一がコンビニで欲しがっていた『アポロ』のお菓子。これはwikiによりますと47年前にあったお菓子のようです。ですから、青一も知っているんでしょうね。食べれなくて残念がってます。

今回、青一が緑郎に45年前の話をすることでやっと緑郎も青一が特別な存在であることを理解します。もう少し怖がるかなとも思いましたが、緑郎もそれだけ双亡亭を壊したいと考えているのかもしれませんね。




-双亡亭壊すべし

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。