◆前回のあらすじ◆

ツトムの肉体にいた『侵略者』を追い払う事で、帰黒はツトムの怪我を治療することが出来ました。死にかけていたツトムでしたが何とか蘇生することに成功します。霊体となって侵略者の星に行っていたツトムは引き戻されますが、どうしても最後に見ておきたいと、ツトムは霊体のまま泥努の元へ向かいます。

泥努は大きな絵を描いていました。そこには死んだはずの『しの』、そして残花班の生き残り10名ほどがいました。しのから状況報告を受けた泥努は、残花班たちには好きに行動しろと命令。しかし、絵描き(ツトム)を死なせてしまった者は殺してしまいます。いつになったら『門』が開かれ我々はこちらにやって来れるのかと聞くしの。泥努はもうすぐこの絵が描き終わったらだと答えます。

スポンサーリンク

◆双亡亭壊すべし◆

第1巻1話2話3話4話5話6話7話8話
第2巻9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第3巻19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第4巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話38話
第5巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話48話
第6巻49話50話51話52話53話54話55話56話57話58話
第7巻59話60話61話62話63話64話65話66話67話68話
第8巻69話70話71話72話73話74話75話76話77話78話
第9話79話80話81話82話83話84話85話86話87話88話
第10巻89話90話91話92話93話94話95話96話97話98話
第11話99話00話・01話・02話・03話・04話・05話・06話・07話・08話)

最新『双亡亭壊すべし』

◆登場キャラクター◆

160518-s93 凧葉 務(たこはつとむ)
美大卒業後、絵本作家を目指している。双亡亭の隣にあるアパートに住んでいたが、双亡亭への空爆で破壊されてしまった。双亡亭の立地に関する知識があるため、強制的に政府へ協力させられることになる。
160518-s91 柘植 紅(つげくれない)
刀巫覡の巫女。親が離婚したため苗字は違うが、緑郎の姉。緑朗が青一についていってしまいショックを受けている。政府の双亡亭破壊計画にお祓い役として協力をお願いされる。
160518-s94 凧葉 青一(たこはせいいち)
45年前に行方不明になった飛行機に乗っていた少年。何故か姿は少年のままで飛行機とともに羽田空港に戻ってくる。体の一部をドリルにしてしまうという謎の力を持つ。緑郎とともに双亡亭へ向かっている最中、45年前の自分の家へたどり着く。
160518-s92 立木 緑朗(たちきろくろう)
双亡亭の敷地内へ引っ越してきた少年。双亡亭内で父親を殺されてしまう。双亡亭に復讐をはたすため、青一とともに双亡亭へ向かう。

世界が滅びようと、どうでもいい

泥努には『幽霊の声(ツトムの声)』が聞こえていました。まぁ幽霊の正体がツトムであったことはわからなかったようですが。『聞こえるけど、見えない』ということのようです。追い払うような行動をとらないという事は、泥努でも幽霊には手が出せないという事なのかもしれません。

侵略者の『しの』には幽霊は見えないようです。

そして泥努は幽霊に

泥努
『私を認めないこんな世界など』
『私には何の執着も無い!』

と言い放ちます。どうやっても絵の扉を開く気満々のようです。

それにしても『何故今更』って感じはしますね。泥努と侵略者が接触したのは85年か90年くらい前の事だと思います。何故今まで扉を開けようとしなかったのか。そして、何故今になって開けようとしているのか。その点はいまいちピンと来ません。

泥努力を止める方法がある?

泥努を止める方法が無い・・・・・と思いきや、ツトムは『あいつら・・・か・・・!!』と? 何か方法があると判断してどこかに向かって行きました。

一体どうするのか?

現在、ツトムは霊体になっています。霊体になっているという事は、『霊体だからこそできることがある』という事だと思います。そうなりますと・・・『死んでしまった仲間に協力してもらう』ということかな? そもそも、死んだ仲間で何とかできそうな人物っていましたっけ?

・森田さん・・・無理
・科学者たち・・・無理っぽい
・修験者『朽目』・・・何かの術を使えば・・・?
・鬼離田の長女・・・頼りになりそう、死んでるのかな?

う~ん、うまくいくかどうか・・・。

スポンサーリンク

85年の年月のずれが生じている

ツトムがなかなか起きないので、こちらは『85年のずれが生じている問題』を議論しあっています。

残花は紅たちが言っていることは『全て意味が分からぬ』と言っていますが、青一の『水』で青一の過去を全て見て来たわけですから、わからないというほどわからないはずはないと思うのですが。

むしろ、紅の方が『緑郎がおかしくなった』と心配していい事態だと言えるかも。

緑郎が説明している『時間の乱れ』に関しては、残花も知っていると思うんですけどね。緑郎の時ほど明確な説明はできていないという事かな?

時間が乱れて『85年前』と現代が繋がっているという事は、逆に考えれば『現代の人間が過去に来てしまっている』という可能性も考えられます。もしくは、双亡亭内部は現代でも85年前でもない時代なのかもしれません。もしかしたら200年前とか、1000年前などのまったく異なる時代の人たちも来ている可能性も考えられそうです。(そこまで広げるとは思えませんが)

残花、妄想扱いです(笑)。

そもそも双亡亭の存在や、今まで残花が経験してきたこと全ても現実離れしたことが多いです。ここだけ取って『妄想』とするのは、残花の判断もいかがなものかと思えますねぇ。

そして緑郎、地雷を踏んでしまいます。『日本がアメリカに戦争で負けた』などと言ってしまったらこの時代の人は怒るでしょうね。しかも、政府に忠実に使えている人物ですからなおさらです。

残花、激おこですよ。

上3つまでは何となくわかるのですが、下の3つはよくわかりません。

青一が絵の中に・・・!?

青一が双亡亭を破壊しまくるため、とうとう泥努が青一を倒すために絵を描きます。それにしても、泥努は『双亡亭に侵入した者がわかる』にもかかわらず『青一が双亡亭を破壊しまくっている』ことに気が付いていなかったとは。

『しの』も直接、青一と戦おうとはしませんでしたね。分が悪いと判断したのだと思います。泥努が門を開けて全ての水がこちら側にやってきたら『しの』も全力を出せるのかも。

泥努が描いた絵は『マコトと両親』の絵でした。今までは本人の肖像画だったのですが、今回はかなりレアなパターンです。泥努的には『確実に仕留めるためにはこちらの方が良い』と判断したのかもしれません。

果たして青一はここから逃げ切れるのか? それとも、あえて内部に入るのか? 何だか残花も一緒になって飛び込んでしまいそうな気がしなくもありません。

『双亡亭壊すべし』は『あの家を壊せ』だった

なかなか面白い記事がありましたのでご紹介。

◆初期タイトル案『あの家を壊せ』が、『双亡亭壊すべし』になるまで!!
http://konomanga.jp/interview/104220-2

サンデー、マガジン更新作品

当ブログにて毎週水曜日に更新している4作品です。

◆ダイヤのA act2
http://mangakansou.xyz/ダイヤのAact2
◆メジャー2nd
http://mangakansou.xyz/メジャー2nd
◆双亡亭壊すべし
http://mangakansou.xyz/双亡亭壊すべし
◆あおざくら
http://mangakansou.xyz/あおざくら

よければご一緒にどうぞ。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように