スポンサーリンク

◆双亡亭壊すべし◆

第1巻1話2話3話4話5話6話7話8話
第2巻9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第3巻19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第4巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話38話
第5巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話48話
第6巻49話50話51話52話53話54話55話56話57話58話
第7巻59話60話61話62話63話64話65話66話67話68話
第8巻69話70話71話72話73話74話75話76話77話78話
第9巻79話80話81話82話83話84話85話86話87話88話
第10巻89話90話91話92話93話94話95話96話97話98話
第11巻99話00話01話02話03話04話05話06話07話08話
第12巻09話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第13巻19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第14巻29話30話・31話・32話・33話・34話・35話・36話・37話・38話)

最新『双亡亭壊すべし』

◆登場キャラクター◆

160518-s93 凧葉 務(たこはつとむ)
美大卒業後、絵本作家を目指している。双亡亭の隣にあるアパートに住んでいたが、双亡亭への空爆で破壊されてしまった。双亡亭の立地に関する知識があるため、強制的に政府へ協力させられることになる。
160518-s91 柘植 紅(つげくれない)
刀巫覡の巫女。親が離婚したため苗字は違うが、緑郎の姉。緑朗が青一についていってしまいショックを受けている。政府の双亡亭破壊計画にお祓い役として協力をお願いされる。
160518-s94 凧葉 青一(たこはせいいち)
45年前に行方不明になった飛行機に乗っていた少年。何故か姿は少年のままで飛行機とともに羽田空港に戻ってくる。体の一部をドリルにしてしまうという謎の力を持つ。緑郎とともに双亡亭へ向かっている最中、45年前の自分の家へたどり着く。
160518-s92 立木 緑朗(たちきろくろう)
双亡亭の敷地内へ引っ越してきた少年。双亡亭内で父親を殺されてしまう。双亡亭に復讐をはたすため、青一とともに双亡亭へ向かう。

残花が『青一の家族の絵』を描いた理由

今までの双亡亭(泥努)の作戦は『本人の肖像画』を描いて、絵の中に興味を持たせ、近づいてきたとたん引きづり込むというものでした。しかし、今回の青一に限り『本人』ではなく『本人の家族』の方の絵を描きました。

泥努は『相手の心や過去』のことまでわかってしまうようなので、青一を相手にするなら家族の絵を描いた方が良いと判断したんでしょうね。青一に対しては『特別コース』で絵を描いたのだと思われます。

スポンサーリンク

幸せだったころの過去

青一がまだ地球にいて、家族4人で楽しく生活していた時の状況です。お父さんもお母さんもとても優しくて、青一にはトラウマになるようなことは一切なかったのだと思われます。

では、何故、家族団らんの幸せな状況を青一に見せる必要があったのか? おそらく『上げて、落とす』という作戦だと思います。

まずはとても幸せな状況にし、青一に『今までの45年もの戦いは夢では無かったのか』『とても幸せだ』と思わせる目的で、まず青一に幸せだったころの過去を見せたのだと思います。

そして、その後に場面変わって、母親が自分を助けて死んでしまう状況に。この『ギャップ』で青一に強い精神的ダメージを与えようとしたのだと思われます。

今までのパターンにない攻め方です。

母親は青一を助けて死亡

青一は油断して、侵略者の口の中に捕まってしまいました。絶体絶命のピンチです。その時、母親が侵略者の口が閉じられないようにして、何とか青一を救出します。

その後、母親は死んでしまうのですが・・・・・、どうやら侵略者にやられたというわけでは無いようです。

母親
『あまりに長い間「水」と一体になっていると』
『身体が「水」に同化して人間は人間の形をだんだんとれなくなる』

水と同化しているという事は死んでいないという事なのかもしれませんが・・・・・、まぁ今までの流れとして『死』なんでしょうね。

青一は母親が死んでしまったことを思い出し、体に『隙間』が生じてしまいます。

ただ、今回もまた特殊なパターンです。今までのパターンでしたら

母親
『青一・・・・・あんたのせいで・・・・・』
『母ちゃんは死んでしまったよ!!』
『青一のせいで・・・青一のせいで・・・・・!!』

みたいな感じで、化け物の姿になって攻め立てるのが普通でした。

しかし、今回は攻められることなく、『過去の事を思い出すだけ』になっています。泥努はこちらの方が効果があると判断したんでしょうね。

残花が理解できないものとは

残花も一度、絵の中に引きづり込まれているため、ある意味、絵の中に引きづり込まれると言うのがどういうことなのかはわかっています。

では、残花は一体何が『あまりににも途方も無くて理解できん』と言っているのか?

おそらく、青一の経験してきたもの全てだと思います。青一は家族で『クリスマスのパーティー』を楽しんでいました。残花は昭和初期の人間ですから、クリスマスパーティーなどと言ったものは理解できないはずです。

また、青一の姿もかなり違っていました。なぜこんなに姿が違うんだという疑問も生じているはずです。

侵略者たちと戦っている状況というのもかなり特殊に見えたと思われます。ただ、残花は一度、青一の水を受けて青一の体験談を知っているはずですからね。この部分に関してはまったくわからないわけではないとは思います。

もしかしたら、残花には『マコト=帰黒』であることに気が付いているのかも? まぁこの点に関してはまだ正式決定ではないのですが・・・・・。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように