スポンサーリンク

◆薬屋のひとりごと◆

1巻1話2話3話4話
2巻5話6話7話8話
3巻9話10話11話12話

最新『薬屋のひとりごと』

◆登場キャラクター◆

◆猫猫(マオマオ)

◆玉葉妃(ぎょくようヒ)・小鈴(シャオリン)・壬氏(ジンシ)
(左から順に)

◆??・桜花(おうか)・紅娘(ホンニャン)・??
(左から順に)

毒を食べれて、朝もノンビリ

園遊会の次の日。

マオマオは園遊会にて毒を食すことができてとてもご満悦でしたが、侍女たちはそのように考えてはいません。毒を口にしてしまったマオマオの体のことを心配し、今日はゆっくりと寝ておくようにと言われてしまいます。

ジンシや玉葉妃はマオマオが毒に強いことを知っていると思うのですが、侍女たちはまったく知らないようです。

玉葉妃の元へ行くと、ガオシュンがマオマオに会いに来ていると言われます。何か用事があるようです。

ホンニャンにガオシュンを呼んできてもらうことになるのですが・・・・・何やら嬉しそう。ホンニャンはガオシュンがお気に入りのようです。

スポンサーリンク

マオマオ探偵に調査してもらう

ガオシュンの用事というのは、ジンシの命令で『徳妃に毒を盛った犯人探しに協力しろ』というものでした。『マオマオだったら毒を調べれば何かを突き止められるのでは』と思ったのかもしれませんね。

マオマオが注目したのは毒の方ではなく『器についている指紋』の方でした。何でも『私のいた薬屋では触れてはいけない器に染料をつけてイタズラ防止にしていた』とのこと。あなたは一体、どこの鑑識ですか!?

ということで、マオマオは『指紋で犯人を特定する作戦』にうって出ることにします。

この器に触ったであろう人物は4人。

・スープをよそった者
・配膳した者
・徳妃の毒見役
・『犯人』

そう言うマオマオに、ガオシュンは『徳妃の毒見役が玉葉妃のスープの器を触るのはおかしいのでは』という疑問を持ちます。ごもっともです。

そのため、マオマオは前話にて内緒にしていた『毒見役がわざと玉葉妃と徳妃の器を入れ替えたこと』をガオシュンに話さなければいけなくなります。

徳妃は侍女たちからイジメを受けていた

マオマオは『徳妃は侍女からいじめを受けていた』と言っていますが、言葉として『いじめ』であってるんでしょうかねぇ? 私の経験上、本人が自覚していないものを『いじめ』と表現するのは今回が初めてのように思えます。『嫌がらせ』の方がしっくり来ますねぇ。

それはいいとして、何故、侍女たちは徳妃にいじめ(嫌がらせ)行為を行っていたのか。

政略とは言え、『先帝の妻』が『その息子に嫁ぐ』などということはイメージ的に良くなかったため、侍女たちはだんだんと徳妃にいじめ(嫌がらせ)を行うようになったようです。

まぁ、理屈としてはわかりますが・・・・・。こういったことは男性よりも女性の方が敏感に気にしそうです。

いじめの内容としては

①玉葉妃と色が被っている衣装を着せて恥をかかせる

徳妃の衣装は、徳妃の侍女が面倒を見ているのは明白です。徳妃が恥をかくような衣装を着ているということは、実質的に徳妃の侍女が悪いということになってしまうように思えます。侍女たちにそういった発想はないんでしょうかねぇ。あからさまというか、何も考えていないいじめ(嫌がらせ)のようにも見受けられます。

②徳妃の苦手な鯖をたべさせる

毒が入っているかもしれないと毒見役たちが怯えているさなか、徳妃の毒見役は、徳妃に嫌がらせを行って楽しんでいたということになります。ある意味、かなり余裕ですね。自分の命の心配よりも、いじめを楽しむことの方が優先度が高いかのような雰囲気です。

こうして考えてみると、徳妃の侍女たちのいじめ(嫌がらせ)はかなりあからさまというか、何も考えていない行動のように思えます。まぁいますよねぇ、こういう人たち。

◆14歳女子、友人宅から1000万円 同級生10人に配る
https://www.sankei.com/affairs/news/180416/afr1804160007-n1.html

最近起こったこととしては、イメージ的に、この事件がパッと思いつきます。こんなあからさまなことがバレないはずはありません。11人もいたら絶対にばれるでしょう。というか、誰も良心が痛まなかったのでしょうかねぇ。親が気づくまで発覚しなかったわけですから、11人とも誰も正直に話さなかったということです。情けない限りですよ。

今回、マオマオが『侍女たちが徳妃をいじめていた』ことを正直に話さなかったのは『侍女たちが死罪になるかもしれないから』と考えたからのようです。

後は『配膳ミスのおかげで毒を食すことができたお礼』ということのようで。マオマオ、レベルの高い内容で感謝しているご様子。

ジンシは忙しい

何やら、ジンシはお疲れモードのようです。仕事が溜まっているようですね。

そういえば、前話で『襟元の乱れ』とありましたが、これは仕事がたまっていることが原因だったのかもしれませんね。病人がこんなに仕事をするはずありませんし。

ジンシがしていたこの簪(かんざし)は、どうやら身分を表すもののようです。前話にて、確かマオマオはしっかりとチェックしていましたよね。

おそらく、この簪がきっかけとなって、マオマオはジンシの正体に気が付くというパターンだと思われます。

『ビッグガンガン』と『ヤングガンガン』更新作品

当ブログではビッグガンガンで連載されている3作品と、ヤングガンガンの『ゴブスレ外伝イヤーワン』の更新を行っております。

◆ゴブリンススレイヤー
http://mangakansou.xyz/ゴブリンスレイヤー
◆ハイスコアガール
http://mangakansou.xyz/ハイスコアガール
◆薬屋のひとりごと
http://mangakansou.xyz/薬屋のひとりごと
◆ゴブリンスレイヤー外伝イヤーワン
http://mangakansou.xyz/外伝イヤーワン

よければご一緒にどうぞ。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように