◆前回のあらすじ◆

シャオランから簪の使い方を教わったマオマオは、李白を利用して3日間、花街へ里帰りを行うことにします。李白に里帰りの協力をしてもらったお礼として、マオマオは李白を録青館の店主である婆さんに紹介。李白は三姫の一人である白鈴を手配してもらうことになります。

実家に戻り父親と10ヶ月ぶりに再開。今までのことを話して聞かせます。その次の日の朝、マオマオは急ぎ来てほしいと妓楼に呼ばれ行ってみると、毒を飲んで死にかけている2人がいました。マオマオは急いで人工呼吸と心臓マッサージで蘇生させます。応急処置をすませたマオマオは、自分を呼びに来た娘に『親父を読んできて』と木簡を手渡し頼みます。

スポンサーリンク

◆薬屋のひとりごと◆

1巻1話2話3話4話
2巻5話6話7話8話
3巻9話10話11話12話13話14話
4巻15話16話17話18話19話20話21話
5巻22話23話24話25話26話・27話・28話)

最新『薬屋のひとりごと』

『マオマオの推理』と『おやじの推理』

妓楼で起こった心中騒ぎ。不在であったおやじの変わりに駆け付けたマオマオが応急処置をおこない、オヤジがやってくるのを待ちます。

◆マオマオの判断
・愛し合った男と女の心中事件
・二人は『煙草の葉』を飲んで心中をはかった
・水を飲ませると胃の中で毒が広がるため飲ませなかった

このように判断しましたが、マオマオの上を行くオヤジは異なる判断をしていました。

◆オヤジの判断
・吐瀉物に煙草の葉が無いため『煙草』を飲んだのではなく『煙草の毒を溶かした水』を飲んだと考えられる
・この場合は水を飲ませたほうが薄まるので良い

マオマオは『煙草の葉が散らばっていた』のを見て『煙草を直接飲んだ』と推理しましたが、オヤジは『吐瀉物に煙草の葉が無いため、煙草の葉を直接飲んでいない』ことに気が付きました。マオマオは判断を誤ってしまったようです。

オヤジさん、生気のない雰囲気ですが、見るべきものはしっかりと見ているようです。

スポンサーリンク

花街の『妓楼』の実態

『花街』とか『妓楼』というのは内容が内容なだけにこの作品では詳しくは書かれていない雰囲気なので、大雑把に私のわかる範囲で説明してみようと思います。

・誘拐による人身売買は禁止
・親が子供を売るのはOK

確か、日本も70年くらい前までは同じ法律だったと思います。意外と近年まで『親が子供を売る』という行為は認められていたようですよ。

基本的に『息子』は跡継ぎなので売りません。売られるのはたいてい『娘』なんですね。そして売られる先も色々あります。どっかのお店で働いたり、この作品のように『妓楼』という場所で身体を売ったり、芸を売ったりすることになります。

売られた娘は一生ここにいるというわけではなく、ある程度お金を稼いだら家に帰れるようです。

この作品では『年季があけない』といった表現が使われていますね。これはつまり『今の稼ぎのペースでは自由を手に入れるのに何年かかるかわからない』みたいな絶望撃な状況だと言うことでしょう。

これを打開する方法が『見受け人』です。見受け人となる男が現れて、まとまったお金を支払えば妓女を自由にさせてあげることができるというわけですね。

妓女たちにしてみれば、現在自分たちが置かれている絶望的な状況を救ってくれる存在が『見受け人』というわけです。

なかなかいい男で、お金持ちで、しかも自分の見受け人になってくれるというわけです。妓女にしてみれば救いの手を差し伸べてくれた神様のような存在だと感じるかもしれませんね。

そんな気持ちを踏みにじって、遊びまわっているというのが今回の男なわけですね。

小娘
『こんな奴、死んだほうがいいんだ!』

ごもっともな言い分です。

殺人事件だった!?

家に戻ったマオマオは『心中事件』で処理されたことに何だかつじつまが合わないような気がして色々と考えます。

・女遊びで色々な人から恨みを買っている男
・そんな男が心中などするものなのか?

そうですね。そもそも金持ちの坊ちゃんなわけですから、本当に愛しているなら『見受け人』になれるはずです。どう考えても遊びです。そんな男が心中など考えるはずがありません。

オヤジさんはどうやら『殺人未遂事件だった』ことに気が付いていたようです。

ことの真相はこんな感じだそうな。

◆妓女が心中に見せかけて男を殺そうとしていた

・『色や重さが違うお酒』を2種類用意
・『軽いお酒』に毒を仕込む
・妓女はストローで毒のない『下の層』を飲んで見せる
・男は直接飲むので毒のある『上の層』を飲む
・男は毒を飲んで倒れる
・妓女も死なない程度に飲んで『心中事件』だと思わせる

しかし男のことを知っている人間なら皆『心中なんてするような男じゃない』と考えて疑うと思うんですけどね。死人に口なしと言うことで、強引に心中事件だったで押し通す考えだったのでしょうかねぇ。

マオマオにしてみれば花街は故郷のようなものなのかもしれませんが、まぁどす黒いと言いますか、悲しい世界だなぁという気はしますね。

『ビッグガンガン』と『ヤングガンガン』更新作品

当ブログではビッグガンガンで連載されている3作品と、ヤングガンガンの『ゴブスレ外伝イヤーワン』の更新を行っております。

◆ゴブリンススレイヤー
http://mangakansou.xyz/ゴブリンスレイヤー
◆ハイスコアガール
http://mangakansou.xyz/ハイスコアガール
◆薬屋のひとりごと
http://mangakansou.xyz/薬屋のひとりごと
◆ゴブリンスレイヤー外伝イヤーワン
http://mangakansou.xyz/外伝イヤーワン

よければご一緒にどうぞ。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように