◆前回のあらすじ◆

泥努から『自分に似ている女』の話を聞き出すため紅はモデルをすることを受け入れます。泥努は絵をかきながら紅に『自分が子供のころ』の話をし始めます。泥努は幼いころから色に敏感で色で全てのことを理解してしまうため、多くの人たちから気持ち悪がられ、医者からは幻覚妄想病と診断され牢屋に入れられろうとしました。それを救ってくれたのが姉のしのぶ。しのぶ姉ちゃんも泥努と同じ能力を持っていたのです。

しのぶ姉ちゃんは絵を描くのが好きで美術学校に行きますが、どこかの絵描きにボロボロにされ故郷に戻ってきます。そして、泥努はその姉の首を絞めて殺したと証言します。泥努は自分の体内にある侵略者の『黒い水』を紅にかけ、泥努が経験した姉との出来事を紅に見せようとします。

スポンサーリンク

◆双亡亭壊すべし◆

第1巻1話2話3話4話5話6話7話8話
第2巻9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第3巻19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第4巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話38話
第5巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話48話
第6巻49話50話51話52話53話54話55話56話57話58話
第7巻59話60話61話62話63話64話65話66話67話68話
第8巻69話70話71話72話73話74話75話76話77話78話
第9巻79話80話81話82話83話84話85話86話87話88話
第10巻89話90話91話92話93話94話95話96話97話98話
第11巻99話00話01話02話03話04話05話06話07話08話
第12巻09話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第13巻19話20話21話22話23話24話25話26話・27話・28話)

最新『双亡亭壊すべし』

◆登場キャラクター◆

160518-s93 凧葉 務(たこはつとむ)
美大卒業後、絵本作家を目指している。双亡亭の隣にあるアパートに住んでいたが、双亡亭への空爆で破壊されてしまった。双亡亭の立地に関する知識があるため、強制的に政府へ協力させられることになる。
160518-s91 柘植 紅(つげくれない)
刀巫覡の巫女。親が離婚したため苗字は違うが、緑郎の姉。緑朗が青一についていってしまいショックを受けている。政府の双亡亭破壊計画にお祓い役として協力をお願いされる。
160518-s94 凧葉 青一(たこはせいいち)
45年前に行方不明になった飛行機に乗っていた少年。何故か姿は少年のままで飛行機とともに羽田空港に戻ってくる。体の一部をドリルにしてしまうという謎の力を持つ。緑郎とともに双亡亭へ向かっている最中、45年前の自分の家へたどり着く。
160518-s92 立木 緑朗(たちきろくろう)
双亡亭の敷地内へ引っ越してきた少年。双亡亭内で父親を殺されてしまう。双亡亭に復讐をはたすため、青一とともに双亡亭へ向かう。

大好きな姉ちゃんが東京へ

(画像)

泥努の『黒い水』によって泥努の過去の記憶の世界へやってきた紅。

そこで知ったのは、歳の離れたしのぶ姉ちゃんが泥努にとても優しく、泥努がしのぶ姉ちゃんのことが大好きだということでした。

確か、前話の話によると、しのぶ姉ちゃんも色や文字で色々なことを感じ取れる能力を持っているようですからね。2人でしかわかりえない世界があったりするのでしょうね。

しかし、こうしてみると『しのぶ姉ちゃん』と『紅』は似ているように見えますねぇ。

その忍姉ちゃんが『東京の美術学校』に行くことになってしまいました。どうやら純粋に『絵がうまくなりたい』という考えのようです。

しのぶ姉ちゃんが行きたいということなら泥努にはどうすることもできません。泥努は泣く泣く、しのぶ姉ちゃんが東京に行くのを見送ることに。

スポンサーリンク

姉ちゃん、東京で好きな人が

夏になって、しのぶ姉ちゃんから手紙が届きました。

しかし・・・・・ここは作者さんのミスになると思います。私は以前『大正処女御伽話』という漫画作品のネタバレを書いていたことがあるので知っているのですが、日本で入学式が4月からになったのは『大正10年』からです。大正9年以前はアメリカのように9月が入学式の時期だったんですよ。ですから、しのぶ姉ちゃんは8月末に東京に行き、9月1日に東京の大学に入学したということになります。

【参考】大正処女御伽話:主人公『夕月』
https://mangakansou.xyz/archives/5285

おそらく、作者さんはそのことを知らずに『4月に入学し、大学の夏休み時期に手紙を送った』という設定で書いていると思います。さすがに丸一年後に手紙では遅すぎますからね。

しのぶ姉ちゃんの手紙
『皆様、お元気でいらっしゃいますか』
『この年で恋など知らずに過ごしてまいりましたが』
『かねてから尊敬しお慕いしている方と』
『心弱くも離れ難くなってしまいました』

どうやら東京で『月橋詠座(つきはしよみざ)』という男が好きになってしまったと手紙で報告してきたようです。・・・・・なぜ、しのぶ姉ちゃんはそんなことを両親に報告するのか!? 普通するかなぁ。まぁ、そういう時代だったのでしょうかねぇ。

しかも、月橋詠座(31歳)は結婚しており奥さんがいるというのです。父ちゃん大激怒。東京からしのぶ姉ちゃんを連れ帰ると言って東京に行ってしまいました。まぁ、怒るのは当然ですね。

泥努は書店に行って『月橋詠座とはどういった人物なのか』を書店のおいちゃんに教えてもらいます。

泥努の感想『詠座の絵は超下手糞!!』

泥努は色や文字から色々なことを読み取る能力があります。ですから、詠座の絵を見て、詠座のことを色々と読み取ったと思いますよ。(絵からは無理なのかな?) その上で『大激怒するほどに下手!』という感想になりました。つまり、泥努には相当なダメな人間に写ったということなんでしょうね。

だとしたら、同じ能力を持つしのぶ姉ちゃんも泥努と同じようなことを感じ取ったはずです。微妙に感じ方が違うのかな?? 何にしても、しのぶ姉ちゃんは泥努と違って恋してしまうほどに月橋詠座が魅力的に写ったようです。

月橋詠座(つきはしよみざ)にボロボロにされる

父ちゃんに連れ戻され故郷に帰ってきたしのぶ姉ちゃん。・・・・・完全にやつれてますね。これは『死相』がでてますわ。もう長くは無いという雰囲気です。

東京で流行り病か何かにかかったんでしょうかねぇ。この時代に思いつく病気と言ったらやはり『結核』でしょうね。今は治りますが、当時は『死病』であり治りません。しかも、空気感染するはずですよ。

泥努は『月橋詠座のせいで姉ちゃんがこんな姿に!!』と大激怒。

大丈夫です。紅さんでなくとも、誰にでも怒っているのはわかります。

泥努が時々言っていた『あいつのように絵が売れる!』というのは月橋詠座のことを指していたんでしょうね。

サンデー、マガジン更新作品

当ブログにて毎週水曜日に更新している4作品です。

◆ダイヤのA act2
https://mangakansou.xyz/ダイヤのAact2
◆メジャー2nd
https://mangakansou.xyz/メジャー2nd
◆双亡亭壊すべし
https://mangakansou.xyz/双亡亭壊すべし
◆あおざくら
https://mangakansou.xyz/あおざくら

よければご一緒にどうぞ。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように