◆前回のあらすじ◆

転移の鏡を奪い返すために襲い掛かってくるゴブリンたち。そこへとうとう『チャンピオン』も現れます。チャンピオンは先日、自分の片目をつぶしたゴブリンスレイヤーを見つけると怒り狂って襲い掛かってきます。とてつもないパワーで部屋を支えている柱をも破壊するチャンピオン。これはゴブリンスレイヤーの策でもありました。

女神官による『聖光』の目くらましによりゴブリンたちの動きが止め、皆はリザードマンが抱えた転移の鏡の下に集まります。そしてドワーフの魔法によって岩と落石による攻撃。これでゴブリンたちは生き埋めになってしまいました。ゴブリンスレイヤー達も同じ部屋にいましたが『転移の鏡』を屋根にしたことで岩の全てを転移先に飛ばすことができ落石でのダメージを回避できたのです。

スポンサーリンク

◆ゴブリンスレイヤー◆

本作品の『本編』。村を滅ぼされ、たった一人の身内の姉を殺され?てしまったゴブリンスレイヤーの復讐劇。ギルドに所属して5年後の20歳です。『ビッグガンガン』にて連載。

1巻1話2話3話4話
2巻5話6話7話8話9話
3巻10話11話12話13話14話15話
4巻16話17話18話19話20話21話
5巻22話23話24話25話26話27話
6巻28話29話30話・31話・32話・33話)

【最新】ゴブリンスレイヤー

◆ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン◆

ギルドに所属してゴブリン退治を始めた1年目を描いています。15歳。『ヤングガンガン』にて連載。

1巻1話2話3話4話5話6話
2巻7話8話9話10話11話12話
3巻13話14話15話16話17話①17話②
4巻18話・19話・20話・21話・22話・23話)

【最新】ゴブリンスレイヤー外伝~イヤーワン~

◆ゴブリンスレイヤー:ブランニューデイ◆

本編ではスポットを当てられていないサブキャラたちを主人公にした物語。1話完結で色々なキャラクターを紹介しています。『ビッグガンガン』にて連載。

1巻1話2話3話4話
2巻5話6話7話・8話)

【最新】ゴブリンスレイヤー:ブランニューデイ

◆キャラクター紹介◆

◆ゴブリンスレイヤー
家族をゴブリンに殺されてしまったことから、ゴブリンを倒すことを専門として一人で冒険者を続けてきた。銀等級の冒険者。
◆女神官
冒険者になったばかりの15歳の少女。初めてのゴブリン討伐で殺されそうになった所を、ゴブリンスレイヤーに助けられる。以降、ゴブリンスレイヤーと共に行動する。新人の白磁級。

◆受付嬢
『冒険者ギルド』の受付を行っている。ゴブリンを優先して倒してくれるゴブリンスレイヤーをとても気に入っている。

◆槍使い
辺境最強と言われている。受付嬢が好きなのだが、ゴブリンスレイヤーにばかり笑顔を振りまくため、よくすねる。銀等級。
◆魔女
槍使いと共に冒険に行っている。銀等級。

◆エルフ ◆リザードマン ◆ドワーフ
魔神王に対抗するための使いっぱしりとして結成された異色の冒険者たち。3人とも銀等級。ゴブリンスレイヤーにゴブリン退治の依頼を行う。

剣の乙女は全て知っていた

『全部知っていたのだろう』というゴブリンスレイヤーの問いに『はい、そのとおりですわ』と答える剣の乙女さん。

元々は『地下にいるゴブリン退治』という名目での依頼でしたが、内容はそんなに簡単なものではありませんでした。

・大規模なゴブリンの巣
・転移の鏡によってゴブリンが送り込まれている
・魔神の残党が黒幕として存在していた

これだけの内容を知っていて教えなかったというのはかなり問題があると思います。何しろ冒険者の仕事は命にかかわることですから。

どうやら剣の乙女は地下にいた『アリゲーター』と『共有』していたそうです。そんな術があるんですね。そうやって地下の情報を得ていたようです。

では、なぜその情報をゴブリンスレイヤー達に伝えなかったのかと言うことになってきます。

スポンサーリンク

剣の乙女が望んでいたこと

剣の乙女は以前『ゴブリンに襲われた』という辛い過去を持ちます。新人の時代でしょうね。ですから、ゴブリンは雑魚モンスターではありますが、剣の乙女にとっては最もつらい経験を持つ存在ということになります。

剣の乙女と称される英雄でも、過去の恐怖心から逃れることはできなかったと言うことでしょうね。

『剣の乙女はゴブリンが怖い』と言ってもなかなか理解してもらえないことのようです。なにしろもっと強い魔物を軽々と倒してきた英雄ですから。何よりそんなことを言える立場でもありません。

おそらく剣の乙女は『自分のゴブリンに対する恐怖心を理解してもらえないなら、皆も同じようにゴブリンを恐怖する状況に』と考えたのだと思置います。だから、ゴブリンによる被害ではないことに気が付いていたのに『ゴブリンによる被害』としたとか。

女性の人間心理は『理解と共感』だという話を聞いたことがあります。『英雄としての剣の乙女』ではなく『ゴブリンを恐れる一人の娘』であることを知ってほしかったのでしょう。

ゴブリン退治を専門とするゴブリンスレイヤーなら自分の気持ちを理解してくれる、理解してほしい、そういった想いが強かったようです。

ゴブリンスレイヤー
『お前の気持ちはわからない』

ゴブリンスレイヤーは自分のことでは無いため『わかる』とはさすがに言えなかったのでしょう。

ゴブリンスレイヤー
『だが、ゴブリンが出たなら俺を呼べ』
『ゴブリンは俺が殺してやる』

剣の乙女
『夢・・・夢の、中・・・・・でも?』

ゴブリンスレイヤー
『ああ』

剣の乙女
『来てくれる、のですか・・・?』

ゴブリンスレイヤー
『ああ』
『俺はゴブリンスレイヤーだからな』

剣の乙女にとっての『ゴブリンとの戦いは』は辛くて苦しくて孤独な戦いだったのだと思います。そんな剣の乙女に対しゴブリンスレイヤーは『夢の中であっても助けに行ってやる』と伝えます。これは剣の乙女にとって大きな救いの言葉になったのではないでしょうかねぇ。

今後は夢の中でゴブリンにうなされるようなことがあったとしても、ゴブリンスレイヤーが助けに来てくれることでしょう。

勇者のパーティー

こいつが今回の戦いの親玉だったようです。練り上げた作戦がゴブリンスレイヤー達によって台無しにされ苛立ています。

そこへ現れたのは・・・・・なんと勇者一行! 本編の漫画では初登場です。

おそらくメチャクチャ強いであろうボス級の敵を一刀両断で倒してしまいました。勇者は『たまたま』たどり着いたかのような言い方をしていますが、他のパーティーの話によるとすでに計画は発覚していたようです。剣の乙女は勇者一行に情報を流してボスのいる場所を教えていたんでしょうね。

そして、勇者は女であることが発覚しました。

勇者の仲間は『賢者』と『剣聖』の2人がいるようです。3人パーティーですか。そして全て女ですか。

ドラクエのイメージしかないのですが

・勇者・・・剣も攻撃魔法も回復魔法も使える
・剣聖・・・よくわかりませんが、剣士のことかと
・賢者・・・攻撃、魔法魔法を使える、剣も使える

数は少ないですがバランスはとれてるなと思います。

『ドラクエ3』のイメージで語らせてもらいますと、『剣士』はスピードが遅いのでイラつきます。『格闘家』の方がよほどいんですよね。会心の一撃も出やすいし。『賢者』もなんというか『器用貧乏』って感じです。まぁそれでも使っていましたが。

ドラクエ3時代の当ブログ主のベストメンバーは

・勇者
・格闘家
・賢者
・魔法使い

こんな感じでした。サクサク敵を倒すにはやはり魔法使いは重要です。

今後、勇者一行はゴブリンスレイヤーと絡む機会があるんでしょうかね? 勇者ならチャンピオンでも一刀両断してしまいそうだ。

今回で『第2章完』とのことなので、次回からは第3章だと思われます。

2018年10月現在、ゴブリンスレイヤー(全12話?)のアニメが放送されていますが、もしかしたらアニメはここまで放送されるのでは、と思っています。

『ビッグガンガン』と『ヤングガンガン』更新作品

当ブログではビッグガンガンで連載されている3作品と、ヤングガンガンの『ゴブスレ外伝イヤーワン』の更新を行っております。

◆ゴブリンススレイヤー
https://mangakansou.xyz/ゴブリンスレイヤー
◆ハイスコアガール
https://mangakansou.xyz/ハイスコアガール
◆薬屋のひとりごと
https://mangakansou.xyz/薬屋のひとりごと
◆ゴブリンスレイヤー外伝イヤーワン
https://mangakansou.xyz/外伝イヤーワン

◆ゴブリンスレイヤー:ブランニューデイ
https://mangakansou.xyz/ブランニューデイ

よければご一緒にどうぞ。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように