◆前回のあらすじ◆

泥努の元から逃げ出した紅でしたが、泥努に捕まってしまい、結局は元居た部屋に連れ戻されてしまいます。部屋に戻るとそこには『しの、鬼離田姉妹の長女、残花班』の3人が待機していました。自分たちの勝手な考えを述べる3人に『うるさい』と威嚇する泥努。そんな泥努をみて3人は怯えだします。その姿を見て、紅は双亡亭では泥努が一番偉いのだと確信します。

泥努の絵のモデルをしながら、紅は泥努を倒す切り札として『花の輪』を使うことにします。しかし、この技を泥努に叩き込むには泥努のスキをつかなければいけません。また、気を練るのにも時間がかかります。そこで、紅は泥努が気を引くであろう『泥努の姉「しのぶ」』に関する話をし始めます。

スポンサーリンク

◆双亡亭壊すべし◆

第1巻1話2話3話4話5話6話7話8話
第2巻9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第3巻19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第4巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話38話
第5巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話48話
第6巻49話50話51話52話53話54話55話56話57話58話
第7巻59話60話61話62話63話64話65話66話67話68話
第8巻69話70話71話72話73話74話75話76話77話78話
第9巻79話80話81話82話83話84話85話86話87話88話
第10巻89話90話91話92話93話94話95話96話97話98話
第11巻99話00話01話02話03話04話05話06話07話08話
第12巻09話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第13巻19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第14巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話38話
第15巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話48話
第16巻49話50話51話52話・53話・54話・55話・56話・57話・58話)

最新『双亡亭壊すべし』

◆登場キャラクター◆

160518-s93 凧葉 務(たこはつとむ)
美大卒業後、絵本作家を目指している。双亡亭の隣にあるアパートに住んでいたが、双亡亭への空爆で破壊されてしまった。双亡亭の立地に関する知識があるため、強制的に政府へ協力させられることになる。
160518-s91 柘植 紅(つげくれない)
刀巫覡の巫女。親が離婚したため苗字は違うが、緑郎の姉。緑朗が青一についていってしまいショックを受けている。政府の双亡亭破壊計画にお祓い役として協力をお願いされる。
160518-s94 凧葉 青一(たこはせいいち)
45年前に行方不明になった飛行機に乗っていた少年。何故か姿は少年のままで飛行機とともに羽田空港に戻ってくる。体の一部をドリルにしてしまうという謎の力を持つ。緑郎とともに双亡亭へ向かっている最中、45年前の自分の家へたどり着く。
160518-s92 立木 緑朗(たちきろくろう)
双亡亭の敷地内へ引っ越してきた少年。双亡亭内で父親を殺されてしまう。双亡亭に復讐をはたすため、青一とともに双亡亭へ向かう。

紅がやろうとしていること

通常攻撃では泥努を倒すことができないため、紅は必殺の奥伝『花の輪』を泥努に叩き込むことにします。しかし、この技は『10分間「気」を練る必要がある』という条件付きの技でした。実戦で使える代物ではありませんね。

おそらく実戦用ではなく『修行用』の技なのだと思います。気を最大限に練る練習をすることで、他の技を成長させることができる・・・・・みたいなことなのだと思います。

実戦向きでなくとも、現時点ではこの技以外に泥努を倒す手段がないと判断したんでしょうね。

スポンサーリンク

絵に対する評価


『たったひとつお前が間違っているところがあるわ』
『それはお姉さんの言葉について・・・』

紅の精神攻撃が始まります。とはいっても、泥努には心を読み取る能力があるため嘘は通用しません。ですから、これから話をすることは時間稼ぎではありますが、実際に紅が感じ取ったことです。

傷心の姉を元気づけてあげようと泥努は絵を描いて見せますが、姉は手に取ることもなく『じょうずねぇ』というだけ。対して姉は絵描きの絵を『あったかくなる絵』と評価。

このことに関する泥努の考えは

泥努力
・『上手な絵』よりも『あったかくなる絵』の方が評価が高い
・姉は自分の絵を『あったかくなる絵』と評価してくれない
・【最終結論】姉はおかしくなっていたから特に深い意味は無い

不満を抱えつつも、このように納得していました。そんな泥努に紅はさらなる精神攻撃を・・・・・!!

姉は泥努に絵を続けてほしかった

泥努は姉の為に必死に絵を描きますが、泥努が描いた絵は『純粋に絵を描くことを楽しむ』のではなく『姉に「あったかい絵」と言ってもらいたいだけのために絵』になってしまっていることを姉は気がつきます。

もし姉が『あったかくなる絵』と泥努の絵を褒めると、泥努はそれで満足してしまって絵を描かなくなってしまうかもしれない。そこでしのぶ姉ちゃんは

しのぶ
『よっちゃん・・・・・』
『絵、もっともっとじょうずになってね』

そういい残して泥努に殺されてしまった・・・・・と。それが紅の分析です。

なるほど、筋は通っているように感じます。ただ・・・・・、『褒められたから満足して絵を描かなくなる』というのはちょっと違うように思いますね。褒められた方がうれしいから『もっと絵を描こう!』という気持ちになるのではないでしょうか。

ですからここは

・泥努は姉に褒められることを最高の喜びとしていた
・自分が『最高の表現』で評価し死んでいくのは泥努にとって良くない
・だから、しのぶ姉ちゃんは『もっとじょうずになってね』と言い残した

これならしっくりくるかなと思えます。

それでも納得しようとしない泥努に


『だって・・・しのぶさんは・・・・・』
『絵が好きだったから・・・・・』

この言葉が泥努の心に響いたようです。泥努は少し放心状態になってしまいました。

しかし、だからと言って何が心に響いたんでしょうね? しのぶ姉ちゃんが泥努に『絵を描き続けてほしい』と願っていたとして、一体それがどうしたのかという気もします。

『もし、しのぶ姉ちゃんが判断を誤って「あったかい絵」と言っていたら自分は絵を描き続けていなかったかもしれない』ということかな? それとも、『自分のことなど考えていないと思っていたけど、姉は自分のことを気にかけてくれていたんだ』という驚きなのか? いまいち泥努の気持ちを理解するのが難しい話だなと思いました。

サンデー、マガジン更新作品

当ブログにて毎週水曜日に更新している4作品です。

◆ダイヤのA act2
https://mangakansou.xyz/ダイヤのAact2
◆メジャー2nd
https://mangakansou.xyz/メジャー2nd
◆双亡亭壊すべし
https://mangakansou.xyz/双亡亭壊すべし
◆あおざくら
https://mangakansou.xyz/あおざくら

よければご一緒にどうぞ。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように