◆前回のあらすじ◆

再び双亡亭内部に入ることにしたアウグスト博士、鬼離田姉妹、マーグ夫妻、宿木の6人。正面から双亡亭内部に入ると敵の攻撃を受けてしまい危険であるため、6人は前もってわかっていた『地下の暗渠』を通って双亡亭内部まで進むことにします。内部まで侵入出来たら、侵略者たちがそこを通らないように爆薬で暗渠を破壊するという作戦です。

暗渠を進んでいくと、双亡亭内部とつながっている場所がありました。アウグスト博士たちはそこから内部に入ってみます。すると・・・・・何者かが襲い掛かってきました。よくよく目を凝らしてみると、それは侵略者たちではなく刀を持った人間でした。人間同士で戦うべきではないと判断した宿木は、相手の前に立ちふさがり『待て!』と言って戦闘をやめさせようとします。

スポンサーリンク

◆双亡亭壊すべし◆

第1巻1話2話3話4話5話6話7話8話
第2巻9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第3巻19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第4巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話38話
第5巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話48話
第6巻49話50話51話52話53話54話55話56話57話58話
第7巻59話60話61話62話63話64話65話66話67話68話
第8巻69話70話71話72話73話74話75話76話77話78話
第9巻79話80話81話82話83話84話85話86話87話88話
第10巻89話90話91話92話93話94話95話96話97話98話
第11巻99話00話01話02話03話04話05話06話07話08話
第12巻09話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第13巻19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第14巻29話30話31話32話33話34話35話36話・37話・38話)

最新『双亡亭壊すべし』

◆登場キャラクター◆

160518-s93 凧葉 務(たこはつとむ)
美大卒業後、絵本作家を目指している。双亡亭の隣にあるアパートに住んでいたが、双亡亭への空爆で破壊されてしまった。双亡亭の立地に関する知識があるため、強制的に政府へ協力させられることになる。
160518-s91 柘植 紅(つげくれない)
刀巫覡の巫女。親が離婚したため苗字は違うが、緑郎の姉。緑朗が青一についていってしまいショックを受けている。政府の双亡亭破壊計画にお祓い役として協力をお願いされる。
160518-s94 凧葉 青一(たこはせいいち)
45年前に行方不明になった飛行機に乗っていた少年。何故か姿は少年のままで飛行機とともに羽田空港に戻ってくる。体の一部をドリルにしてしまうという謎の力を持つ。緑郎とともに双亡亭へ向かっている最中、45年前の自分の家へたどり着く。
160518-s92 立木 緑朗(たちきろくろう)
双亡亭の敷地内へ引っ越してきた少年。双亡亭内で父親を殺されてしまう。双亡亭に復讐をはたすため、青一とともに双亡亭へ向かう。

残花と宿木

双亡亭の外から『暗渠』を通って双亡亭内部に侵入したアウグスト博士たち。出入り口付近で『残花』と遭遇してしまい戦闘になってしまいます。

残花が人間であることがわかると、戦闘を止めるために宿木が残花に飛びついて戦闘をやめさせます。それにしても、剣の達人である残花、簡単に懐に飛び込まれるのはいかがなものかと思います。

宿木は自分のおじいちゃんから『過去に「黄ノ下残花」という凄い人物がいた』ことを聞いたことがあったため驚きます。残花は『昭和7年5月15日に行方不明になった』という話でした。

おじいちゃんが覚えていて『凄い人だった』と宿木に話して聞かせるくらいですからよほど凄かったのでしょう。もしかしたら残花も『宿木』という人物のことを知っていて、後々何らかの話があるかもしれませんね。・・・・・まぁ、宿木のじいちゃんがストーリーに絡んでも仕方がないので無いような気もしますが。

宿木の階級を確認する残花。

宿木の階級は残花より上だったようで、残花、この反応。当時は上下関係は今よりも厳しかったでしょうし、真面目な人ほどこうなってしまうのかもしれませんね(笑)。

とりあえず、自衛隊の階級に関して調べてみました。

◆自衛隊の階級◆

・将官
・将補
・1等陸佐
・2等陸佐
・3等陸佐
・1等陸尉
・2等陸尉(←宿木)
・3等陸尉(←残花はこのあたり)
・准陸尉
・陸曹長
・1等陸曹
・2等陸曹
・3等陸曹
・陸士長
・1等陸士
・2等陸士

宿木の年齢も残花の年齢もよくわかりませんが、2人ともそれなりに若いのにこの位置ですから、かなりのエリートコースの人物だと思われます。

とりあえず、宿木がいれば残花の暴走は無いなと言うことはわかりました(笑)。

スポンサーリンク

◆双亡亭壊すべし◆

第1巻1話2話3話4話5話6話7話8話
第2巻9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第3巻19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第4巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話38話
第5巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話48話
第6巻49話50話51話52話53話54話55話56話57話58話
第7巻59話60話61話62話63話64話65話66話67話68話
第8巻69話70話71話72話73話74話75話76話77話78話
第9巻79話80話81話82話83話84話85話86話87話88話
第10巻89話90話91話92話93話94話95話96話97話98話
第11巻99話00話01話02話03話04話05話06話07話08話
第12巻09話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第13巻19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第14巻29話30話31話32話33話34話35話36話・37話・38話)

最新『双亡亭壊すべし』

◆登場キャラクター◆

160518-s93 凧葉 務(たこはつとむ)
美大卒業後、絵本作家を目指している。双亡亭の隣にあるアパートに住んでいたが、双亡亭への空爆で破壊されてしまった。双亡亭の立地に関する知識があるため、強制的に政府へ協力させられることになる。
160518-s91 柘植 紅(つげくれない)
刀巫覡の巫女。親が離婚したため苗字は違うが、緑郎の姉。緑朗が青一についていってしまいショックを受けている。政府の双亡亭破壊計画にお祓い役として協力をお願いされる。
160518-s94 凧葉 青一(たこはせいいち)
45年前に行方不明になった飛行機に乗っていた少年。何故か姿は少年のままで飛行機とともに羽田空港に戻ってくる。体の一部をドリルにしてしまうという謎の力を持つ。緑郎とともに双亡亭へ向かっている最中、45年前の自分の家へたどり着く。
160518-s92 立木 緑朗(たちきろくろう)
双亡亭の敷地内へ引っ越してきた少年。双亡亭内で父親を殺されてしまう。双亡亭に復讐をはたすため、青一とともに双亡亭へ向かう。

謎の敵が現れる

双亡亭内部に入るときに『爆破班』と『侵入班』の2つが用意されたようです。

『爆破班』は暗渠を破壊する班で、『侵入班』はアウグスト博士たちと一緒に行動して侵略者たちと戦うってことだと思われます。侵略者は窒素が弱点なので窒素を沢山用意している部隊だと思われます。

爆破班が爆薬の設置を完了させ『暗渠』から撤退しようとしたその時・・・・・謎の民間協力者の2人が登場。この2人、単行本第2巻の『双亡亭の説明会』に来てましたね。以降、見かけないのでどうしたのかと思ってましたが、ここで登場ですか。

侵入班は『窒素』でこの2人を攻撃しますが効果が無かったようです。全滅させられてしまいました。窒素が効かないと言うことは『侵略者ではない』と言うことなのかもしれません。

一人は透き通ってますね。幽霊? 『お仕事、お仕事』という言い方をしているところから考えると人格的に人間のような気がします。侵略者や『青一のような宇宙人の力を借りた者』はこのような言い方をするとは思えませんし。

『侵略者に協力する人間』ということかな? しかし、人間が侵略者に協力するメリットがありません。侵略者は人間を滅ぼそうとしているでしょうからね。

そうなりますと・・・・・『窒素に適応できるようになった侵略者』が『人間社会に慣れ親しんで人間っぽくふるまっている』と考えるのが妥当かなと思えます。だとすると、もはや侵略者が双亡亭の外に出るのは時間の問題でしょうね。

サンデー、マガジン更新作品

当ブログにて毎週水曜日に更新している4作品です。

◆ダイヤのA act2
https://mangakansou.xyz/ダイヤのAact2
◆メジャー2nd
https://mangakansou.xyz/メジャー2nd
◆双亡亭壊すべし
https://mangakansou.xyz/双亡亭壊すべし
◆あおざくら
https://mangakansou.xyz/あおざくら

よければご一緒にどうぞ。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように