◆前回のあらすじ◆

飛行機で北海道に向かっている最中、何故か別の惑星にたどり着いてしまった青一たち。

青一たちはその惑星に住む宇宙人と会話をしますが、その惑星は現在『侵略者』たちによって侵略されていることを知らされます。

161207-s08

この事実を聞いた青一は『なぜ怒らないのか』と宇宙人に聞くのでした。

スポンサーリンク

◆双亡亭壊すべし◆

第1巻1話2話3話4話5話6話7話8話
第2巻9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第3巻19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第4巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話38話
第5巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話48話
第6巻49話50話51話52話53話54話55話56話57話58話
第7巻59話60話61話62話63話64話65話66話67話68話
第8巻69話70話71話72話73話74話75話76話77話78話
第9巻79話80話81話82話83話84話85話86話87話88話
第10巻89話90話91話92話93話94話95話96話97話98話
第11巻99話00話01話02話03話04話05話06話07話08話
第12巻09話10話11話12話13話14話・15話・16話・17話・18話)

最新『双亡亭壊すべし』

◆登場キャラクター◆

160518-s93 凧葉 務(たこはつとむ)
美大卒業後、絵本作家を目指している。双亡亭の隣にあるアパートに住んでいたが、双亡亭への空爆で破壊されてしまった。双亡亭の立地に関する知識があるため、強制的に政府へ協力させられることになる。
160518-s91 柘植 紅(つげくれない)
刀巫覡の巫女。親が離婚したため苗字は違うが、緑郎の姉。緑朗が青一についていってしまいショックを受けている。政府の双亡亭破壊計画にお祓い役として協力をお願いされる。
160518-s94 凧葉 青一(たこはせいいち)
45年前に行方不明になった飛行機に乗っていた少年。何故か姿は少年のままで飛行機とともに羽田空港に戻ってくる。体の一部をドリルにしてしまうという謎の力を持つ。緑郎とともに双亡亭へ向かっている最中、45年前の自分の家へたどり着く。
160518-s92 立木 緑朗(たちきろくろう)
双亡亭の敷地内へ引っ越してきた少年。双亡亭内で父親を殺されてしまう。双亡亭に復讐をはたすため、青一とともに双亡亭へ向かう。

過ごしやすい町をつくる

宇宙人の言っていることが正しいのか、間違いなのかは別として、青一の両親たちは、これから自分たちはどうすればいいのかを宇宙人に聞きます。

宇宙人は人間たちが『不安』という感情に陥っていることに気が付きます。

そこで、宇宙人は人間が過ごしやすいように『町』を作ってあげました。

町の方へ行ってみると、そこには多くの人がいて、商売をやっていたり、生活したりしているのです。

宇宙人の作った町での生活

日がたつにつれ、青一たちはその町に慣れていきました。

しかし、やはり慣れない人もいます。

偽物とわかっている以上、家族としてやっていくにはどうしても抵抗があるのです。

それでも、宇宙人の作った『町』は空気も食べ物も服も、全て知っているものだったため、大抵の人は、その状況に慣れていきました。

スポンサーリンク

『うれしかった』

浜辺へやって来た青一の家族。

そこで宇宙人は青一に聞きます。『お前はマコトみたいに私に話しかけてくれないな』と。

人間にしてみれば『得体のしれないヤツ』でしかない為、青一もやはり不安に感じているのです。

青一は、『どうして自分たちにこんなに良くしてくれるの?』と聞きます。

すると宇宙人は、あの時、青一が発したあの言葉がきっかけだったと言います。

『イイヒト』と言われた時に、宇宙人たちには今までに経験したことのない『精神的な反応』が生じたのです。

その反応を人間の言葉で表現するなら『感情』です。

宇宙人たちは、青一にそう言ってもらえて『うれしかった』のです。

宇宙人たちにとって、残された時間はあとわずか。

だからこそ、死ぬその時まで、できる限りのことをしてやろうと考えているのでした。

侵略者たちの最後の侵略が始まる

その時・・・・・空から何かが大量に降ってきました。

あの時の侵略者たちです!

侵略者たちは、宇宙人たちの最後の体(水)を回収し始めました。

もう、宇宙人たちは死んでしまうしかありません。

青一の弟のマコトは叫びます。

『あんなの! あんなの!!』
『やっつけちゃえばいいんだ~~~!!』

◆感想◆

この宇宙人たちは、万能ですねぇ。食べ物も作れるし、人間も作れるし。できないことなんて何もないって感じです。

侵略者たち相手に戦うこともできるはずなのですが『感情』というものが無いため『ああ、奪われているんだな』と考えるだけで、特に抵抗もせず、その身を任せてきたんでしょうね。

おそらく『戦う』といった概念もないのではないかなと感じます。

パッとひらめいたのですが・・・・・おそらく、青一の体に、『あの人』が混じっているのだと思われます。

侵略者によって、そのほとんどの『水』を奪われてしまった『あの人』は、その能力を残すために、『青一の肉体(血の中)』にもぐりこんだと。

だから、青一は肉体を変形させることができるようになったのではないかなぁと思えます。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように