◆前回のあらすじ◆

双亡亭で大怪我をおってしまった残花。体中の皮がはげる大怪我を包帯でかくし、残花は白水白城教の帰黒の元へやってきます。怪我によく効くという『霊水』が目的でした。残花に霊水を渡した帰黒は、残花の周りの空気を舐めることで、残花に起こった事の全てを理解します。そして、双亡亭と戦うには自分の能力が必要だと判断し、帰黒は、宗祖である瑞祥に別れを告げ、残花と共に双亡亭へ向かう事にするのでした。

この話を帰黒から聞いた紅は残花の『少尉』という階級に疑問を持ちます。現在の自衛隊には『少尉』という階級が存在しないからです。また、その事を指摘され帰黒自信もまた『自衛隊』という言葉を聞いたことが無いと返します。

スポンサーリンク

◆双亡亭壊すべし◆

第5巻、発売中!

第1巻1話2話3話4話5話6話7話8話
第2巻9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第3巻19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第4巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話38話
第5巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話48話
第6巻49話50話51話52話53話54話55話56話57話58話
第7巻59話60話61話62話63話64話65話66話67話68話
第8巻69話70話71話72話73話74話75話76話77話78話
第9話79話80話81話82話83話84話・85話・86話・87話・88話)

最新『双亡亭壊すべし』

◆登場キャラクター◆

160518-s93 凧葉 務(たこはつとむ)
美大卒業後、絵本作家を目指している。双亡亭の隣にあるアパートに住んでいたが、双亡亭への空爆で破壊されてしまった。双亡亭の立地に関する知識があるため、強制的に政府へ協力させられることになる。
160518-s91 柘植 紅(つげくれない)
刀巫覡の巫女。親が離婚したため苗字は違うが、緑郎の姉。緑朗が青一についていってしまいショックを受けている。政府の双亡亭破壊計画にお祓い役として協力をお願いされる。
160518-s94 凧葉 青一(たこはせいいち)
45年前に行方不明になった飛行機に乗っていた少年。何故か姿は少年のままで飛行機とともに羽田空港に戻ってくる。体の一部をドリルにしてしまうという謎の力を持つ。緑郎とともに双亡亭へ向かっている最中、45年前の自分の家へたどり着く。
160518-s92 立木 緑朗(たちきろくろう)
双亡亭の敷地内へ引っ越してきた少年。双亡亭内で父親を殺されてしまう。双亡亭に復讐をはたすため、青一とともに双亡亭へ向かう。

あらすじ

おかっぱ頭の女性の人影をみた緑朗は姉の紅だと思い駆け寄ります。しかし、別人でした。緑楼よりも小さい少女だったのです。冷静に考えれば双亡亭内に普通の少女がいるはずもありません。そのことに気が付き怯える緑朗。少女は緑朗に『ひとを殺したことある?』『でいどは殺した』と告げます。

黒い手によって絵描きの男の元へやってきていたツトムは、絵描きの男本人に『自分は坂巻泥努』であると告げられ驚きます。ツトムは泥努に恐怖しながらも、双亡亭とはいったいどういった存在なのか必死に尋ねます。しかし、泥努は話を聞いていなかったかのように、自分の過去の話をし始めました。

90年前、泥努は自分の絵がなかなか認めてもらえないことに苛立ちを覚えていました。何より、自分頭の中で描いた絵の『色』を表現できないのが一番腹立たしいのです。絵具では色を表現しきれない為、色々な薬品や鉱物を混ぜ合わせ自分の表現したい色を作ろうとします。しかし、うまく行きません。そんなある日、泥努は双亡亭の一番底のような場所で奇妙な『黒っぽい水』が湧き出ていることに気が付きます

スポンサーリンク

◆感想◆

泥努と侵略者のつながり

やっとつながりました。なるほど、『絵具』自体が『侵略者』だったんですね。

泥努にとって『侵略者たちの絵具』は色を表現するのにとても良い物でした。そして、侵略者たちにとっても泥努が描く絵のおかげで他人の体を奪う事ができるようになりました。これで持ちつ持たれつの関係が成立したってことなのだと思われます。

過去に侵略者と戦った何者かがいるのでは?

侵略者たちは窒素が苦手ですが、水があれば移動はできるはずです。侵略者たちがやって来た関東平野は『湿地帯』だったわけですから、雨が降ればそれなりに水の流れがあったものと思われます。にもかかわらず、なぜずっとその土地にいたのか?

おそらく1000年前に何らかの能力者たちが侵略者たちの悪しき存在に気が付いたのだと思います。それで、死力を尽くして戦ったうえで、この土地に封印してしまったのではないかなと思うんですよね。だから、侵略者たちはその土地から出られずにずっとそこにいたのだと思います。

そして今回、双亡亭という建物の中で『黒い不思議な水』として湧き出た侵略者たちを、泥努が絵具として活用するようになり、それがきっかけで侵略者たちは外に出る手段を得られるようになりました。そして、現在に至っている・・・・・という流れかな? とりあえず、そう予想してみます。

最も不明な存在であるおかっぱの少女

この少女がどういった存在であるのか、いまだによくわかりません。侵略者関連ではなさそうですし、泥努の姉の生まれ変わり・・・かとも思いましたが別人にしか見えませんし。

1000もの歴史の中で関わった何者かの存在なのか、それともそれ以前よりあった何かなのか。謎ですねぇ。

絵描きの『あいつ』??

よくわかりませんが、泥努にはライバルのように意識している存在がいるってことなのかもしれません。

『絵が売れる』という表現もちょっと謎です。『人に評価されたい』という考えはわかります。しかし、なぜお金持ちの泥努が『売れる』ことにこだわるのか?

泥努が絵に執着する理由がそこにあるのかもしれません。

サンデー、マガジン更新作品

当ブログにて毎週水曜日に更新している4作品です。

◆ダイヤのA act2
https://mangakansou.xyz/ダイヤのAact2
◆メジャー2nd
https://mangakansou.xyz/メジャー2nd
◆双亡亭壊すべし
https://mangakansou.xyz/双亡亭壊すべし
◆あおざくら
https://mangakansou.xyz/あおざくら

よければご一緒にどうぞ。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように