イノさんの漫画アニメ

好きな漫画アニメの感想やネタバレ記事を書いています。

ゲゲゲの鬼太郎の50周年にアニメ第6期放送?2018年に注目!

2016/12/04

161023-g51

水木しげるによる国民的人気アニメ作品『ゲゲゲ鬼太郎』

この作品は、1968年に初めてアニメ化されて以降、実に5回もアニメ化されています。元祖作品である『墓場鬼太郎』を含めると6回です。

また、2010年に放送された朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』は社会現象と言われるほどの大ヒット作品となりました。まだまだゲゲゲの人気は健在と言えます!!

前回の第5期作品は『2007年~2009年』に放送されていました。そろそろ『第6期』が登場してもおかしくない時期ですよね。

そこで今回は、『ゲゲゲの鬼太郎の第6期はいつから放送なのか?』を、予想してみようと思います。




ゲゲゲの鬼太郎の第6期は2018年4月からのはず!

まずは、歴代のアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』の放送年をご紹介

第1期・・・1968年1月
第2期・・・1971年10月
第3期・・・1985年10月
第4期・・・1996年1月
第5期・・・2007年4月

1期から2期にかけては早かったですが、それ以降は、だいたい10年くらいの間を開けて最新作が登場しています。

特に、第3期の1985年から11年後の1996年に第4期。さらに11年後の2007年に第5期と『11年』間隔となっています。そうなりますと、次は『2018年』が11年後ということになります。

もう一つ『2018年に6期が来る』と確信する理由があります。それは、『2018年がゲゲゲの鬼太郎のアニメ50周年の年』になるんです。なかなか区切りのいいタイミングなんですよね。

アニメ制作側としても『ゲゲゲの鬼太郎50周年』を大々的に宣伝材料として注目を集めたいと考えているはずです。これ以上のタイミングはありませんよね! 個人的には、必ず2018年にゲゲゲの鬼太郎はやってくると思いますよ!

放送はドラゴンボール超の後か?

1996年の第4期は、フジテレビの日曜日朝9時からの放送でした。2007年の第5期も、フジテレビの日曜日朝9時からの放送でした。そうなりますと、第6期もフジテレビの日曜日朝9時からとなる可能性が高いです。

では、今現在、フジテレビの日曜日朝9時からは何を放送しているのか? ご存知の方は多いと思いますが『ドラゴンボール超』です。2016年10月現在で未来トランクス編のストーリーが進んでいます。

161023-g52

今後、どういった展開になるかはわかりませんが、おそらく2018年までに一つの区切りをつけると思うんですよね。(ドラゴンボールの最終回・完結だとは思いたくない・・・)そして、その後に『2018年ゲゲゲの鬼太郎アニメ50周年の第6期開始!』となるのだと予想しています。

皆さんも、そう思いませんか?




ゲゲゲの鬼太郎のアニメ化の歴史

最後に、ゲゲゲの鬼太郎を知っている人も、知らない人も、復習がてらにアニメ第1期~第5期の作品を、それを時系列順にご紹介していきたいと思います。

第1期の『ゲゲゲの鬼太郎』:全65話

161023-g01

1968年1月3日 ~3月27日
毎週水曜日18時15分~18時45分
1968年4月7日 ~1969年3月30日
毎週日曜日18時30分~19時00分

この当時はまだテレビは『白黒放送』だったようです。鬼太郎、目玉の親父、ネズミ男などの常連キャラが登場しています。

第2期の『ゲゲゲの鬼太郎』:全45話

161023-g02

1971年10月7日~1972年9月28日
毎週木曜日19時00分~19時30分

第1期の終了から1年半後の1971年10月から開始した2期。前作の白黒に対して、今作からカラーになっています。

とは言っても、カラーテレビはまだ高価な時代だったようです。一般家庭にカラーテレビが普及したのは1975年あたりという話なので、1971年当時は、ほとんどの子供は見ていたとしても白黒テレビで見ていたのかもしれませんね。

(参照サイト:http://www.ffortune.net/social/seso/nihon-today/colortv.htm)

第2期作品は、第1期の続編にあたるようですが、内容にストックが無かったため、水木しげるの別作品から引用して作られたとか。その内容は、歴代でも最も怖い内容になっているという噂です。別作品自体がちょっとしたホラーっぽいものだったとか。ちょっと、興味深いですよね。

第3期の『ゲゲゲの鬼太郎』:全108話

161023-g03

1985年10月12日~1988年2月6日
毎週土曜日 18時30分~19時00分

この当時、自分は小学生でゲゲゲの鬼太郎を見ていました。懐かしいです。

細かいことは覚えていませんが、数回アニメ映画化されていて、テレビでも何度か放送していたことは覚えています。

ネタバレになってしまいますが、この作品の最終回は、人間として登場している『天童ユメコ』ちゃんの夢オチで終わったように記憶しています。正直、当時は『なんだそれ』みたいな感じでしたよ。

気になったので検索して調べてみますと、どうやら夢オチではなかったようです。

(参照サイト:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11140935646)

続編みたいな話が別にあったのかなぁ。もしくは、記憶違いか。ちょっと見てみたい気分です。

第4期の『ゲゲゲの鬼太郎』:全114話

161023-g05

1996年1月7日~1998年3月29日
毎週日曜日9時00分~9時30分

この作品は意識的に見ませんでした。第3期のイメージがとても強かったので、そのイメージを崩したくはないという思いがあったからです。

作品自体は『原点回帰』ということで、初期のゲゲゲの鬼太郎を意識した作風にしているようです。とは言っても、ほとんどの方は初期の作風とかわからないと思うんですけどね(笑)。

また、作者の水木しげるさんが『宮崎駿風のアニメにしてくれ』と要望を出していたとか。

初期の雰囲気を味わいつつ、現代的なゲゲゲの鬼太郎を望んでいる方は楽しめるかもしれませんよ。

第5期の『ゲゲゲの鬼太郎』:全100話

161023-g04

2007年4月1日~2009年3月29日
毎週日曜日9時00分~9時30分

放送されていること自体知りませんでした。猫娘がやけに可愛くなっているのが印象的ですね。

しかも、猫娘はメインヒロイン的な扱いで、ほぼ前話に登場するとか。確か、僕の記憶では猫娘の登場頻度はそれほど頻繁ではなかったように記憶しています。サブキャラ的な位置づけで、一反木綿、塗り壁、砂かけ婆、子泣き爺などと同程度の登場比率だったように思います。この作品ではかなりの重要キャラになるようです。

逆にねずみ男の登場回数が減ってるとか。今までは鬼太郎につぐ重要キャラだったのですが、これも時代の流れなんでしょうかねぇ。人気がなかったのかなぁ。

臨時作品の『墓場鬼太郎』:全11話

161023-g06

2008年1月10日~3月20日
深夜放送作品

1960~1964年に『貸本版』として登場したのが『墓場鬼太郎』です。この作品がゲゲゲの鬼太郎の元祖となっています。そのアニメ化ってことですね。

キャラクターデザインも60年代当時のものを採用しているため、かなり古めかしい作風となっています。とても2008年のアニメとは思えません(笑)。

ゲゲゲの鬼太郎の元祖となるアニメ作品に興味のある方は、ぜひ見てみましょう!




-アニメ