イノさんの漫画アニメ

好きな漫画アニメの感想やネタバレ記事を書いています。

【大正処女御伽話】第24話:長月、夕月ト語ル【ネタバレ感想】

2016/12/04

161006-t01

◆大正処女御伽話◆

1巻
2巻(・・・・15話16話
3巻(17話18,19話20話21話22話
4巻(23話24話・25話・26話・27話)

最新『大正処女御伽話』

◆登場キャラクター◆

160605-t92 志磨 珠彦(しま たまひこ)
お金持ちのお坊ちゃん。交通事故で母親と右腕の自由を失う。父親は息子を死んだものと扱い、千葉の田舎の別荘に追いやられてしまう。父親は珠彦の面倒を見させるため、お金で買ってきた『夕月』という少女を将来の嫁としてあてがう。
160605-t91 夕月(ゆづき)
借金のかたとして売られた少女。珠彦の嫁として志摩家に買われる。天真爛漫な性格で、料理など家事全般をこなしつつ、手の不自由な珠彦の面倒を見る。
160605-t93 志磨 珠子(しま たまこ)
夕月より2つ年下の珠彦の妹。頭は良いが性格がきつく、誰にでも悪態をつくとろこがある。本当は寂しがりや。神戸で医者を目指すため勉強している。
160605-t94 綾(りょう)
村に住む珠彦と同い年の少女。家が貧しく色々と悪いことをやらされることもある。弟や妹たちにはとても優しい良いお姉ちゃん。




珠彦のお誕生日会

9月15日。

2週間遅れの珠彦の誕生日会が開かれました。

161006-t02

19歳になった抱負を聞かれる珠彦ですが、しどろもどろとなり、うまくしゃべれません。

そこでリョウは、ユヅに一曲歌ってほしいと話を振ります。

161006-t03

ユヅが歌ってくれたのは、以前、珠彦が好きだといった歌『星の界』でした。

気を利かせて二人っきりに

食べ物も食べ終え、皆お腹いっぱいです。

次に、リョウは子供たちを引き連れてカルタ遊びを提案します。

161006-t04

リョウ、珠子、そして子供たちは皆、カルタをするため隣の部屋へ行ってしまいました。

何故か誘われなかった珠彦とユヅの2人。

少し考えて、『気を使って2人きりにしてくれた』ことに気が付きます。

何だかそう考えると、照れくさく感じる珠彦とユヅでした。

家族を守れるようになりたい

外へ散歩に行く珠彦とユヅ。

161006-t05

二人きりになって、珠彦はユヅに今度のことを話します。

『僕はまだ君と結婚はできない』
『学校に行きたいんだ』

『きちんと学ぶべきことを学んで力をつけたい』
『その上で己を活かせる職業に就いて』

『それで・・・・・』

161006-t06

『だから・・・』
『僕の事、もう少し待ってて欲しいんだ』

それを聞いたユヅはとても喜びます。

161006-t07

子供は5人欲しい

珠彦が将来のことを考えてくれていたため、とてもうれしく感じるユヅ。

子供は何人欲しいですか、というユヅの質問に、珠彦は2人くらいと答えます。

しかし、ユヅは最低でも5人は欲しいと言います。

161006-t08

ユヅが来てから珠彦の世界は大きく変わったのでした。




◆感想◆

23話が温泉のサービス回、24話が珠彦による告白(プロポーズ)回と言った感じでしょうか。

ユヅの胸が大きいことが発覚したのは第8話。ユヅのコンプレックスの一つであり、普段はサラシを巻いて目立たないようにしています。ですから、ユヅの前ではあまり指摘してはいけませぬ。

『リョウが金で売られて襲われそうになった』というのも第18話で語られていますね。ユヅとリョウの関係をより良いものにしていくために、必要だった回だと思いました。

何だかリョウと珠子もうまくやって行けそうですし、ユヅ、リョウ、珠子の3人による仲睦まじき話をこれからも期待していきたいものです。

161004-t01

そして、24話は事実上のプロポーズでしたね。この時代は何て言うんでしょうね。『婚約』でいいのかな?

これから幸せな家族を作っていくための、珠彦のカッコィィ決意が語られた話でした。

何だか先月号のことを考えると、嵐の前の静けさの様で少し怖い。




-大正処女御伽話