イノさんの漫画アニメ

好きな漫画アニメの感想やネタバレ記事を書いています。

【BORUTOボルト】ナルト続編最新第2話:修行開始!!【ネタバレ感想】

2016/09/12

160606-b01

◆前回のあらすじ◆

火影になったナルトは毎日忙しく、家族を顧みる暇がありません。それに対して息子のボルトは不満を感じています。ナルトは忙しさのあまり、娘のひまわりの誕生日さえきちんと祝うことができませんでした。ボルトは怒り爆発します。

その日、偶然出会ったサスケ。ナルトのライバルであったことと、そのカッコ良さから、ボルトは父親であるナルトを倒すために弟子入りを申し込みます。

◆BORUTOボルト◆

第1巻(1話2話3話
第2巻(4話5話・6話・7話)
第3巻(8話)

最新話更新




サスケ、弟子入りの条件は『螺旋丸』

妹の誕生日さえまともに祝ってくれない父親のナルトに怒りを感じるボルトは、ナルトのライバルであったサスケに弟子入りを申し出ます。

160606-b02

真剣に見つめてくるボルトに、サスケはかつてのナルトを思い出します。

サスケはボルトに『螺旋丸はできるのか?』と聞きます。

『螺旋丸だ。』
『できないのか?』
『・・・だったら弟子はないな。』

そういうサスケに『すぐマスターしてきてやんよ!』そう言って、ボルトは走り去っていきました。

ボルトのやる気を感じたサスケは、前回ナルトが言っていた『勝負』を思い出します。ナルトは『自分たちとは時代が違う』と言っていましたが、サスケはボルトから自分たちが幼かったころと同じ熱意を感じたからです。

巻物を見つけた場所にいた妙な2人

サスケは巻物を見つけた後、カグヤの城で妙な2人がいたことをナルトに報告していました。

サスケを見るや否や攻撃してくる白装束を着たがたいの大きな男。こん棒のようなものを振り回し、サスケを攻撃します。

160606-b03

サスケは蹴りを放ちますが、まったくききません。強烈なこん棒の一撃をくらい、白の外へ吹き飛ばされるサスケ。城の外に飛ばされたサスケは態勢を整え、相手を迎え撃ちます。

敵はこん棒のような武器を捨てると、新たに両手武器を出します。サスケの一太刀を受け止める敵。激しい攻防が続きます。

160606-b04

相手の武器を破壊したサスケですが、とっさに敵は斧を出すと、サスケめがけて振り下ろしました。サスケは石像と入れ替え、かわします。

それを上から見ていた、もう一人の男。

160606-b05

『・・・・・・・・・・。』

160606-b06

その話を聞いて、ナルトは驚きます。

『大事じゃねぇか・・・・・。』
『巻物よりもそっちの報告のが先だろフツー』

そういうナルトにサスケは

『あの二人・・・』
『恐らくカグヤと同じ”大筒木”の一族とみて間違いないだろう。』
『その前提で動くんだな。』

その報告を聞いて、ナルトは厄介なことになりそうだ・・・と事態を深刻に受け止めました。

木ノ葉丸先生に『螺旋丸』を教えてもらう

ボルトは早朝、木ノ葉丸先生の家に向かいます。

『木ノ葉丸先生ェーーー!!』
『こーのーはーまーるー先ッ生ェェー!!』

外から大きな声で叫び続けるボルト。

160606-b07

まだ眠っていた木ノ葉丸はうるさいなぁと出てきます。

『先生の”螺旋丸”』
『教えてくれってばさ!!』
『オレは今すぐにでもその術をマスターしてーんだ!!』

木ノ葉丸は中忍試験の隠し玉として、父親である七代目をびっくりさせてやるために習いたいんだろうなと考えます。

そして、メチャクチャ喜びます。

もともと螺旋丸は四代目が生み出し、七代目も使うことが出来ました。つまり、祖父も父親も使っていた螺旋丸を、師匠として木ノ葉丸が教えるという大役だと感じたわけです。

『おお・・・四代目! 七代目!』
『この大役、しかと仰せつかまつりますぞコレ!!』

螺旋丸の練習を始めるボルト

螺旋丸の練習を始めたボルトでしたが・・・深いため息をします。

160606-b08

上手くいかないのと、地味な練習で嫌になって来たようです。

『さっきまでの勢いはどーした!?』
『オラ、もう一回!』
『オレのやり方よく見て真似してみろコレ!』

そういう師匠の木ノ葉丸先生にボルトはイライラをぶつけます。

『分かってんよ!』
『けど全っ然うまくいかねーじゃんコレェ!!』

『言い方はマネしなくていいんだよコレ!』

『いや、今の”コレ”は言い方の”コレ”じゃねーよ!』
『手にあるコレを”コレ”って!』

『コレコレうるさいぞコレ!!』

『そりゃどっちだよぉ!!』

そういった言い合いの後、もっと効率のいいやり方ねーのかよ!と言って水風船をたたき割ってしまうボルト。

それをみて木ノ葉丸はボルトに螺旋丸が生まれたいきさつを説明します。

『四代目火影様・・・つまりお前のじいちゃんが』
『3年かかってこの術を開発した・・・』
『そこからさらに・・・』
『自在に操れるようになるまでに約半年!』
『会得難易度Aランクだ。』
『簡単にいくと思ったか?』

ボルトは真剣な表情で木ノ葉丸先生を見つめます。

木ノ葉丸はボルトに新しい水風船を渡します。『ホィ!』『頑張れ天才!』ボルトの練習は続きます。

何日も続くボルトの練習!

水風船を割るために必死に集中するボルト。変形はするのですが、割れるまでには行きません。

『くっそー! まだダメかぁ~~~!』

そう言って倒れこんでしまうボルト。

そのボルトの練習を木の上からサラダが見つめています。倒れこんだボルトを見て諦めたのかなと思っているサラダでしたが、ボルトはシュタッ!と立ち上がると、また集中して水風船を割るための練習を続けました。

160606-b51

サラダは必死に練習を続けているボルトを見て感心しています。

次の日、早くも水風船を割るのに成功したボルト! 木ノ葉丸先生も『よくやった!』とほめます。そして、次はゴムボールが出てきました。

160606-b10

そして、また何日も何日もボルトの練習は続きます。そして、とうとうボルトは小さいながらも螺旋丸を作り出すことに成功しました!

160606-b11

さすがにこんなに短期間で成功できるとは思っていなかった木ノ葉丸も驚きを隠せません。

サスケに螺旋丸を見せるボルト

螺旋丸ができなければ弟子にしないと言うサスケに、ボルトは螺旋丸を見せます。

サスケは螺旋丸にはあまり興味を示しません。出会った時は綺麗だった服が今は汚れてしまっていることを少しうれしく感じていました。

160606-b12

『何がおかしいんだってばさ!』
『ちゃんと習得してきたぜ!』

そういうボルトにサスケは

『随分小さいな・・・』
『とても螺旋丸と呼べる代物じゃあない』
『だが・・・・・・』

そう言いかけたサスケでしたが、ボルトは勘違いしてしまいました。笑っていたのは螺旋丸が小さすぎることを刺していたのだと思ったんです。

『くっそーーーー!!』

そう言って螺旋丸を放り投げると、その場を走り去ってしまいました。

サラダが不満

ボルトが走り去るのを見て、木の上から見ていたサラダが出てきます。

『相変わらず厳しいね、パパ!』

160606-b13

『ボルトのこと知らないだろうから言っとくけど』
『あいつ普段こんなキャラじゃないから!』
『ここまでやったのが奇跡!』
『わかる? ねぇ!』

今までボルトが必死に頑張っていた姿を見てきただけに、サラダは冷たく対応した父親の対応を腹立たしく感じます。

それに対してサスケは『・・・早とちりだ』と答えます。『ダメとは言ってない』『弟子にしてやろうと思ったんだがな・・・』ボルトが勘違いして去ってしまったことをサラダに告げます。

それを聞いて、サラダは嬉しそうです。

カタスケが勧める科学忍具の螺旋丸

サスケに小さすぎる螺旋丸を指摘され、うなだれて街中を歩くボルト。そこで科学忍具を扱うカタスケと出会います。

話を聞いたカタスケは、ボルトに科学忍具を勧めます。努力して体得するのではなく、小さな労力で大きな成果を導き出せる次世代忍者の『科学忍具』です。

160606-b14

ボルトはこれを使えばサスケを納得させることができる・・・そう思ってしまいます。

服の汚れを落とすボルト

科学忍具をもらい、カタスケの元をさるボルト。

ショウウインドウに写る自分の服が汚れていることに気づきます。汚れを払いのけて、きれいにした後、ボルトは火影岩のナルトを厳しいまなざしで睨みつけます。




科学忍具の螺旋丸をサスケに見せるボルト

次の日、ボルトは再びサスケに螺旋丸を見せました。ボルトの能力ではありません。科学忍具による螺旋丸です。

サスケは、それが科学忍具によるものだと気付いていました。

160606-b15

サスケの目の前にいたのは、かつてボロボロになりながら螺旋丸を体得したナルトではありません。

科学忍具という反則を使って得意げに自慢する、綺麗な服を着たボルトです。

サスケは気づいていましたが、ボルトには何も言いませんでした。

『たった一日でそこまでにしたか・・・』

そういうサスケにボルトは

『父ちゃんとは違うんだよ、才能が!』

そう言います。

『・・・確かに』
『お前はナルトとは違うようだ』
『そう思いたくはなかったが』

ボルトは言葉の意味を分かっていません。

『つーか、どうなんだよ!?』
『弟子にしてくれるって話!』

そういうボルトに、サスケは

『いいだろう。』
『弟子にしてやる・』

そう言って、弟子の許可を出しました。

昔のナルトを語るサスケ

夜、サスケは弟子にしたボルトと共にたき火を炊き野宿しています。

『父ちゃんのことを色々教えてよ。』

そういうボルトにサスケは過去のナルトのことを話します。火影になるってそればかりを語るうるさいバカだったこと、かなりのウスラトンカチだったこと。

ボルトが知りたいのはそういったことではありませんでした。父ちゃんであるナルトの『弱点』を知りたいと思っています。

『弱点』と聞いて、サスケはボルトがどういったタイプの人間なのかを理解します。努力して強くなりたいのではなく、弱点を突いて楽して勝ちたいという考え方をしているということを。

『・・・そんなもの』
『数えだしたら片手の指じゃ足りん・・・』
『何せあいつは弱点だらけの』
『典型的な落ちこぼれだったんだからな』

『だが己の力でそれを克服し』
『火影となった』

『お前が知るべきは今のナルトじゃあなく』
『”今までの”ナルトなんじゃないのか。』

160606-b52

サスケはその言葉に多くの意味を込めました。

ボルトはそれを聞き

『・・・・・・・・』
『なんだよソレ・・・・・』

そう言って黙り込んでしまいました。

中忍試験開始の朝のサラダ家

いよいよ中忍試験が始まります。

サラダの母親であるサクラは気合を入れて娘のサラダを応援します。

しかし、サラダはそれだけが理由ではないことに気づいています。久しぶりにパパ(サスケ)が帰って来たため喜んでいるのが見え見えです。

160606-b17

『じゃ! いってきまーす』

そういって出ていく娘を見て、サクラも思います。『サラダだって嬉しそうじゃない』と。

中忍試験の待ち合わせ場所

サラダが待ち合わせ場所に行くと、ボルトが先にきて待っていました。

『パパとの賭けにはかったようね、ボルト』

そういうサラダに『まあな』と答えるボルト。

サラダは父であるサスケの弟子になった理由を聞きます。ボルトは『父ちゃん(ナルト)の弱点を教えてもらう!』と答えます。

サラダにしてみれば残念な答えでした。中忍試験のための修行だと思いたかったからです。

『七代目に挑む前に』
『私たちはまず中忍にならないといけないの!』
『わかる?』

そういうサラダにボルトは『だからこそ』と言います。サスケに色々と教えてもらい、それを中忍試験に生かし、そしていずれは父ちゃんを倒すというのが目的だと。

何だか中途半端な話に思えるサラダでしたが、ボルトは言います。

『中忍試験、優勝!!』
『決まってんだろうが!』

そう自信満々で宣言するボルトに

『アンタのことどーこー言うつもりないけどさ・・・』
『ムカつかないときもあんのね! アンタ!』

そう言って、嬉しそうです。

そこへミツキも現れます。

『ボクの事も忘れないで下さいよ。』

160606-b18

3人そろいました。いよいよ中忍試験です!!

チャクラの実を集める謎の2人

チャクラの実を探し回っている白装束の2人の男たち。

たどり着いてみると、巨大な獣の姿の化け物がいました。2人は忍術を使い、化け物を動けなくしています。

どうやらチャクラの実はいくつもに別れ、各地に分散してしまっているようです。そして、この化け物はそのうちの一体のようでした。

『やれやれ…一つずつ回収する他ないようだな。』

そういって男は”丹”を飲み込みます。

動けなくなった化け物は口からエネルギーのようなものをため、男たちに向けて発射します。が、男は右手の掌にある輪廻眼でそれを吸収!

160606-b19

男は倍返しと称して、化け物にさらに巨大になったエネルギーを打ち返しました。激しい爆発が起こり、化け物は本来の人間の姿に戻ります。

160606-b20

どうやら、獣と化したチャクラの実が人にとりついてしまっていたようです。人からチャクラの実を回収する白装束の男たち。大した量ではなかったようです。

もう一人の男は、ここよりそう遠くない地に、より大きなチャクラの反応があることに気づきます。

160606-b21

それはナルトを指示していました。次のターゲットを決めた白装束の男たちは・・・・・・!?




-BORUTOボルト