◆前回のあらすじ◆

サスケがボルトに与えた策は、モモシキにボルトの『螺旋丸』を放つというもの。しかし、ボルトの螺旋丸はとても小さい物であり、モモシキにとどく前に消滅してしまいます。

・・・と思われましたが、モモシキに見えない何かが直撃します! なんと、ボルトが放ったのは、ボルトが生み出した新技『消える螺旋丸』だったのです。その事実に気づいていたサスケは気づいていたため、切り札として考えていたのです。

モモシキとの最終決戦! ナルトはボルトに自分のチャクラをあたえ、ボルトは巨大な螺旋丸を手にします。ボルトはその螺旋丸を使って、モモシキを倒すことに成功するのでした。

◆BORUTOボルト◆

第1巻1話2話3話
第2巻4話5話6話7話
第3巻8話9話10話11話
第4巻12話13話14話15話
第5巻16話17話・18話・19話)

最新』BORUTOボルト

スポンサーリンク

ナルトとサスケ

ナルトの協力を得て放たれたボルトの螺旋丸。モモシキを吹き飛ばし、なんとか倒すことに成功します。

戦闘で疲れ果て膝をつくナルト。

サスケが駆け寄り、ナルトに手を貸します。

いつまでもライバル視するサスケに、ナルトは呆れ顔ですが、サスケはナルトに勝ち越すまではと考えているのでした。

モモシキの残影

モモシキを吹き飛ばした樹木の上に降り立つボルト。

違和感を覚えるボルトは螺旋丸を放った右腕をつかみ、周囲を見渡します。

ボルト
『・・・・・・・』
『・・・何だ・・・この感じ・・・』

そんなボルトに、何者かが語り掛けます。

????
『・・・我の存在を感じるか、人の子よ』

振り向くと、そこにいたのは先ほど倒したはずのモモシキでした。

慌ててナルトの元へ行こうとするボルト。

しかし・・・妙なことに気が付きます。まるで時が止まったかのように周りの人間が動いていません。そして・・・自分も・・・・・。

モモシキ
『我が力と白眼をもってしても』
『己自身の運命を見通すことは叶わぬ・・・』

『だがな・・・貴様の運命はよぉく視えるぞ・・・』

『心せよ・・・』
『その青き瞳はいずれ貴様から全てを奪い去る・・・』

時が止まっている中、その光景を輪廻眼で見つめるサスケ。

モモシキ
『そして自覚せよ・・・』
『「神」を倒した者はもはや』
『只人ではおれぬのだという事をな・・・』
『その運命・・・しかと噛みしめて歩むがいい』

そういうと、モモシキは煙のように溶けてしまい、消えてなくなってしまいました・・・・・。

ボルトはただじっと、右の手のひらを見つめます・・・・・。

シカダイの憂鬱

モモシキとの戦いから数日後・・・・・。

シカダイの班は多くの任務をまかされていました。

原因は、シカダイが中忍試験で、めだって活躍してしまったからでした。

シカダイとしては、父親のメンツのためにも、たまには頑張っていいところを見せなければという思いもありました。

また、ボルトにも負けたくはなかったのです。

その結果、高い評価を受けてしまって、このありさま。問答無用で新しい任務が次々にやってきます。

モエギ
『さぁ、次の任務よー!』
『お小遣いの稼ぎ放題よー!』

シカダイ・いのじん・チョウチョウ
『ウィース』

シカダイの憂鬱は続きます。

ボルトをライバル視するシンキ

駅。

砂隠れの里へ戻るため、電車に乗り込もうとする我愛羅たち。

うかない顔で物思いにふけるシンキに、我愛羅は声をかけます。

シンキの考えるボルトはまったく大したことが無い下級忍者でした。

しかし、ボルトはモモシキに立ち向かいました。そして、打ち破ってしまったのです。

シンキには、自分があの敵を倒す見込みなどなかったこともわかっています。だからこそ、ボルトの存在を強く意識してしまうのです。

我愛羅
『焦ることは無い』
『影の立場からみれば』
『お前たちはまだ歩き始めたばかり』

『横にいる奴の歩幅をきにするより前を見ろ』
『お前たちの忍道がはてしなく長いと知ることの方が先だ』

スポンサーリンク

ナルトと和解したボルト

朝、ボルトの自宅。

ボルトはナルトと一緒に家を出ます。

ナルト
『これから任務か? ボルト』

ボルト
『まあね、そっちも仕事がんばれよ』
『七代目!』

そういって笑いかけるボルト。

『・・・コイツめ』そういってボルトの顔を覗き込むナルト。

二人は笑顔でコブシとコブシを合わせた後、それぞれの場所へ向かうのでした。

サスケのような忍になりたい

中忍試験場で暴れたモモシキたちを倒したことから、ボルトはテレビや雑誌に引っ張りだこです。

サラダ
『本当はアンタも火影に・・・』

そう聞いてくるサラダに、ボルトは答えます。

ボルト
『オレは・・・火影に・・・・・』
『・・・ならねぇ!』

意外な言葉に、サラダとミツキは驚きます。

ボルト
『オレが目指すのは・・・サラダ』
『お前の父ちゃんみてぇな忍だ!』

『オレはオレの「忍道」を行ってやる!!』

そう力強く決意表明するボルト。

そんなボルトをみて、なんだか恥ずかしくなったサラダは眼をそらしてしまいます。

サラダ
(なによ・・・ボルトのくせに・・・)
(かっこいいじゃん・・・!)

ボルトの物語

あらためてボルトの目を見つめるサラダ。よくみると、ボルトの目は七代目よりもずいぶん青いことに気が付きます。

そのことを指摘されたボルトは、あの時、モモシキが言った言葉を思い出します。

モモシキ
(心せよ・・・・・)
(その青き瞳はいずれ貴様から全てを奪い去る)

(そして自覚せよ・・・)
(「神」を倒した者はもやは・・・・・)

ボルトは右手の包帯をほどきます。

掌の中にある黒い刻印。

ボルトは手の刻印をグッと握りしめます。

ボルト
(運命? 只人ではいられねーだと?)
(上等だ・・・運命だか呪いだか知らねーが)
(オレの「忍道」、邪魔できるもんならやってみろ!)

(只者で終わる気なんか最初からねぇ)
(だってそうだろ、オレは・・・忍者だ!)

ボルトは強い決意をもって、自分自身の物語に立ち向かう決意をするのでした。

◆感想◆

ここで一区切りってところでしょうか。私は映画の方を見ていないため、映画通りの内容だったのか、部分的に変えている部分があったのかは皆目見当もつきません。まぁ映画どころか、前作ナルトは漫画もアニメもほとんど見たことが無いのですが(笑)。

次回から新展開とのこと。

次回の漫画の方は4月3日発売のジャンプに掲載されます。それでいて、ボルトのアニメは4月5日から始まるようですね。曜日は『水』。テレビ東京で17時55分から放送とのこと。

ナルト、完全な初心者ではありますが、ボルトの方はしっかりと見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように