◆前回のあらすじ◆

悪魔の塔にやってきた重戦士、槍使い、ゴブリンスレイヤーの3人。中に入って魔物と戦いながら上を目指すのは分が悪いと判断し、ゴブリンスレイヤー達は壁を伝って頂上を目指すことにします。途中、ガーゴイルに見つかり攻撃を受けてしまいますが、槍使いの魔法でガーゴイルを落下させ難なく倒してしまいます。

頂上には魔物のボスの魔術師が待ち受けていました。3人で何とかボスの魔術師を捕らえることに成功しますが、自分たちの攻撃ではとどめをさすことができません。そこで、ゴブリンスレイヤーは『塔から投げ落とせばいいのでは』と提案。落下により魔術師を倒すことに成功。周りを見渡してみると『宝箱』がありました。その宝箱の中身は・・・・・!?

スポンサーリンク

◆ゴブリンスレイヤー:ブランニューデイ◆

1巻1話2話3話4話
2巻5話6話(前)6話(後)7話
3巻8話9話・10話・11話)

【最新】ゴブリンスレイヤー:ブランニューデイ


疑問が残った『悪魔の塔』

第7話が驚くほど短かったため、まず先に前回の『ゴブリンスレイヤー、槍使い、重戦士の3人が悪魔の塔を攻略した話』の疑問点でも語ってみようと思います。

『冒頭で魔物に捕まって空から落下して亡くなった少女』

この話がどうつながってくるのかなぁと思って注目していましたが・・・・・何にもつながりがありませんでした。

・少女が落下して死亡
・悪魔の塔がそのあたり?にできる
・ゴブリンスレイヤー達が悪魔の塔に登る
・ボスキャラを倒す

これで終わってしまいました。少女さんは得にストーリーにかかわることもない無駄死にではないでしょうか。まぁ無駄死にの多い作品だとは思いますが。ちと不憫に感じます。

確か、前話で『宝箱を開けるシーン』で終わりましたよね。その続きが始まるのかなと思ったらありませんでした。宝箱の中身は別のストーリーに絡んでくるってことかな・・・!?

スポンサーリンク

勇者たちの次の目的地は

とある宿屋に泊まっていたのは・・・・・なんと勇者一行でした。思いがけないところで登場してきました。

勇者一行は前日『死人占い師の操る屍人の軍勢』を大量に相手をして戦ったようでお疲れモードでしたが、勇者は一晩寝ただけで完全回復。若さ故と言ったところでしょうか。

個人的には勇者は12歳くらいなのではと思っています。冒険をやっているくらいですから15歳かもしれませんが、なんだか幼すぎる印象ですし。

勇者は何やら『夢』を見たようです。女神さまが出てきて、その街に行きなさい・・・・・と。勇者の何となく的な解説でしたが、賢者さんはそれで察しがついたようです。おそらく、その街の祭りを実際に見たことがあるんでしょうね。

確か、どこかで聞いた話によりますと『ブランニューデイ』は原作の小説で言うところの『3巻』あたりだそうです。

そして、漫画『ゴブリンスレイヤー』の方の『最初~剣の乙女の地下遺跡』までが『小説1~2巻』だそうな。その後『街の祭りの話』に続いていきますが、これは小説で言うところの『4巻』だとか。

・小説1~2巻:最初~剣の乙女の地下遺跡
・小説3巻:ブランニューデイ
・小説4巻:街の祭りの話

ですから今回『勇者たちはゴブリンスレイヤーの街に向かった』ということで、本編の祭りの方で勇者たちが登場してくるという流れになってくるのだと思われます。

勇者とゴブリンスレイヤーは5年前に会っているようですし(イヤーワン参照)、久しぶりの再会に、勇者はどういった反応を見せるやら。ゴブリンスレイヤーの方は覚えていないかもしれませんね。人間には興味が無さそうですから(笑)。、

『ビッグガンガン』と『ヤングガンガン』更新作品

当ブログではビッグガンガンで連載されている3作品と、ヤングガンガンの『ゴブスレ外伝イヤーワン』の更新を行っております。

◆ゴブリンススレイヤー
https://mangakansou.xyz/ゴブリンスレイヤー
◆ハイスコアガール
https://mangakansou.xyz/ハイスコアガール
◆薬屋のひとりごと
https://mangakansou.xyz/薬屋のひとりごと
◆ゴブリンスレイヤー外伝イヤーワン
https://mangakansou.xyz/外伝イヤーワン

◆ゴブリンスレイヤー:ブランニューデイ
https://mangakansou.xyz/ブランニューデイ

よければご一緒にどうぞ。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように