◆前回のあらすじ◆

関東大震災で重傷だった兄の珠樹が亡くなりました。葬儀のために東京の実家に戻る珠彦。よほど悲しみが大きかったのか、まるで小さくなってしまったかのように見える父。そして、父は珠彦に死人扱いして悪かったと謝罪するのでした。

12月31日はユヅの誕生日です。珠彦は前もって用意していた『スズランのコンパクト』をユヅにプレゼントします。そのコンパクトに込めた想いは2つ。1つ『僕にたくさんの幸せをありがとう』、そしてもう一つ『僕の妻として幸せにさせてください』。それを聞いて、ユヅはとても感激するのでした。

しかし、その次の日・・・・・ユヅは置手紙を残し、いなくなってしまっていました。

スポンサーリンク

◆大正処女御伽話◆

1巻(1話・2話・3話・4話5話6話7話8話
2巻(9話・10話・11話・12話・13話・14話・15話16話
3巻(17話18,19話20話21話22話
4巻(23話24話25話26話27話28話29話30話
5巻(31話32話33話34,35話36,37話最終話

【最新】大正処女御伽話

◆登場キャラクター◆

160605-t92 志磨 珠彦(しま たまひこ)
お金持ちのお坊ちゃん。交通事故で母親と右腕の自由を失う。父親は息子を死んだものと扱い、千葉の田舎の別荘に追いやられてしまう。父親は珠彦の面倒を見させるため、お金で買ってきた『夕月』という少女を将来の嫁としてあてがう。
160605-t91 夕月(ゆづき)
借金のかたとして売られた少女。珠彦の嫁として志摩家に買われる。天真爛漫な性格で、料理など家事全般をこなしつつ、手の不自由な珠彦の面倒を見る。
160605-t93 志磨 珠子(しま たまこ)
夕月より2つ年下の珠彦の妹。頭は良いが性格がきつく、誰にでも悪態をつくとろこがある。本当は寂しがりや。神戸で医者を目指すため勉強している。
160605-t94 綾(りょう)
村に住む珠彦と同い年の少女。家が貧しく色々と悪いことをやらされることもある。弟や妹たちにはとても優しい良いお姉ちゃん。

ユヅがいなくなって・・・・・

1月1日。珠彦が目を覚ましたころにはユヅいなくなってしまっていました。

置手紙にはこのように書かれてあります。

今までお世話になりました
ありがたうございます
何卒御達者で、さようなら
ユヅ

珠彦には、なぜユヅが出て行ってしまったのかがわかりません。ユヅがどこに行ってしまったのかもわかりません。

考えて考えて、悩んで悩んで、自分に悪いところがあったからなのだろうと悔やんで、自分を責めて・・・・・、しかし、どうすることもできない。

そんな状況が丸2日と続きました。

ジリリリリ!
ジリリリリ!

電話が鳴り響きます。

珠彦はもしやと思い電話に出ます・・・・・が、それは神戸の叔父さんからでした。

自分たちの病気が治り、看病してくれていた珠子が今そちらに向かっているからという連絡の電話だったのです。

珠彦は落胆し、電話を置きます。

珠代がココにやってきていた

ドンドン・・・『こんにちはー』

玄関を叩いて、やって来たのはリョウでした。新年の挨拶と東京の浅草へ行っていたため、お土産を持ってきたのです。

ユヅはいるかと聞かれた珠彦は、いないと答え、リョウに事情を説明します。

珠彦
『31日に二人で誕生日を祝ってさ』
『ユヅもとっても喜んでくれた』
『なのに、次の日になったら』
『手紙を置いていなくなってしまったんだ』

それを聞いたリョウは、もしかしてあのことが理由なのでは・・・・・と考え、そのことを珠彦に説明します。

リョウ
『珠彦が兄さんの葬式に行った日』
『二人で太巻き作ってるときに人が来たんだ』

ユヅは玄関の方へ。しかし、しばらくしてもユヅは戻ってきません。

リョウは気になって玄関の方へ向かうと、話声か聞こえてきました。

???
『そーゆーわけだから
『あなたの役目はこれでオシマイ』
『三年間、珠彦ちゃんのために御苦労様でした』

思いがけない話にビックリしたリョウは割って入ってきます。

珠彦の姉を名乗るその人物。

珠代
『あとはご自分の胸でよ~~~く考えて』
『行動なさいね』
『考えるまでもなさそうだけど(薄ら笑み)』
『期待してるわよぉ、夕月ちゃん』

そう言って、珠代は帰っていきました。

黙っていてほしい

心配してリョウがユヅの顔を覗き込んでみると、ユヅの顔は真っ青になっていました。

リョウ
『ユヅ? どうしたの顔が真っ青よ』
『一体あの女に何言われたの?』
『ご苦労様ってどういう意味?』

リョウがそう尋ねると、ユヅはこのように応えます。

ユヅ
『どうかこのことは胸にしまっておいてください』
『お願いします、どうかこのとおり・・・・・』
『お姉さまに意地悪されたなんて知られたら』
『恥ずかしいですもの』

ユヅは少し笑いながら、何でもなさそうにとりつくろいます。

話を聞いた珠彦は思います。

珠彦
(ああ・・・また志磨(うち)か)

『ちょっと東京の志磨の家へいってくる』
『リョウはこのまま家にいてくれないか』
『珠子が来るみたいだから』

そう言って、珠彦は汽車に乗り、東京の実家へ向かいました。

スポンサーリンク

珠代の脅迫

お風呂に入っていた珠代。

そこへ、千葉からやって来た珠彦がやってきます。

珠彦は単刀直入に『ユヅを帰してください』と伝えますが、珠代は意外なことを言いだします。

珠代
『もう夕月ちゃんはいいのよぉ』
『アナタにはもっとふさわしいお嬢さまと』
『縁組してもらうから』

珠彦には別の結婚相手が用意されると言うのです。

珠代は、ユヅをどのように説得して珠彦の元を去らせたのかも説明します。

珠代
『ここだけの話だけど』
『父があなたの家族の事しらべてね・・・』
『とーっても面白いことがわかったわよ』

『貴方のお母さま』
『今妊娠してらっしゃるんですってよ』

そう言って、ユヅの母親が妊娠している写真をユヅに見せます。ユヅはその写真を見て、久しぶりのお母さんと、新たな命の誕生することにとても喜びます。

珠代
『弟と妹、どっちかしら、楽しみね』

『今のうちにいう事聞いといた方がいいわよ』
『うちの父、逆らう人間には容赦しないから』
『貴方のお母さま・・・・・』

珠代
『それから人が変わったように』
『しおらしくなっちゃって』
『分かりやすいわよねぇ』

珠代はそうやって、ユヅを脅迫したのです。

珠代
『大切なモノなんて持つから』
『我が通せないのよ』
『我を通したかったら』
『大切なモノなど持ってはダメ』
『首枷にしかならないのだから』

『私達、そういう風に育てられたものね』
『珠彦ちゃんもよぉくわかってるハズよぉ』

御伽話は終わり

そのことは志磨家で生きてきた珠彦もよくわかっていました。

それでも、珠彦にとっては、ユヅと一緒にいた時間はとても、かけがえのない物なのです。

珠代
『それはこの世のしがらみから』
『離れた世界にいるから言えるのよ』

『人と関わることなく衣食住の心配もない』
『そんな所でなら誰だって心から人を愛せるでしょうね』
『何てステキな世界』
『まるで「御伽話」だわ』

『御伽話の出来事なら』
『愛なんてまやかしも貫けるでしょうね』
『でもね、珠樹兄様が身まかられて状況は変わった』
『珠彦、貴方が志磨の次期当主となるの』

『御伽話は幕』
『現(うつつ)に戻ってらっしゃい』

話を聞いて、珠彦は全てを理解します。

学校に行けることになったこと、葬式の時に皆が優しかったこと、ユヅが出て行ってしまったこと、それは全て珠彦をこちら側に引き込むために仕組まれていたことだったのです。

ユヅと過ごしたあの日々は父親によって用意された歪んだ世界だったのかもしれない・・・・・。それでも、ユヅと過ごした日々は・・・・・。

珠彦
(もう終わりにしよう)
(また志磨かとか)
(父さんがとか、姉さんがとか、うんざりだ)
(父さん僕は羅刹(おに)としてではなく)
(人として生きたい)
(だから・・・・・)

珠彦
(あの父の事だ・・・)
(僕をいうとおりにするために)
(ユヅを利用するはず)
(それなら・・・・・)
(この志磨の家のどこかにユヅがいるはずだ)

(待っててくれユヅ)
(必ず助けに行くから)

ユヅがいる場所

珠彦の弟の珠央がいる部屋。

そこへ使用人がやって来て、珠彦が屋敷にやってきたことを報告します。

誰かに膝枕をしてもらい、頭をなでてもらっている珠央。

珠央
『こんなトコロ珠彦が見たら』
『どんな顔するかなぁ』
『ね、ユヅ』

珠央はそう言って、ユヅに邪悪に微笑みかけるのでした。

スポンサーリンク

◆感想◆

◆珠代の鼻歌

お風呂場で珠代が歌っていたのはコトリちゃんの歌ですよね。

これはつまり、『珠代の心を動かせるのがコトリちゃん』という伏線という事なのかもしれません。

◆5巻で連載終了?

何だか最近のストーリー展開は駆け足気味であるように感じられます。何より、志磨家なんてものは、この作品におけるラスボスにあたるわけです。ユヅも人質のごとく奪われてしまいましたし・・・・・。

単行本は一冊当たり5ヶ月分ほど収録されています。今回の第31話は第5巻分の内容。そうなりますと・・・・・もしかしたら残された連載期間は4~5ヶ月分という事になるのかもしれません。

予想が外れていればいいのですが・・・・・。

◆(オリジナル)『坊ちゃんなら大丈夫!(前編)』

ちょっとしたオリジナルのジョークストーリーを作ってみました・・・・が、結果的にダークストーリーになってしまったような気がします。

今回、『前編、中編、後編』の前編を公開してみます。よかったら一読ください。

◆(前編)坊ちゃんなら大丈夫!
http://mangakansou.xyz/archives/7172
◆(中編)目を覚ました怪物!
http://mangakansou.xyz/archives/7509
◆(後編)尋常ではない!
http://mangakansou.xyz/archives/7885

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように