◆前回のあらすじ◆

命の危機に遭遇したジンシにマオマオは今回起こったことを説明します。『コウネンが亡くなったこと』『小屋でボヤが起き祭具が盗まれたこと』『祭具の管理者が食中毒で倒れたこと』これらはすべてつながっていたのです。盗まれた祭具の変わりを作りましたが、それは『低温で溶ける金具』が使われていました。

これらに関わっていたであろう犯人を突き止めるとそれは『スイレイ』だったのです。しかし、スイレイは服毒自殺をはかっていました。このことに疑問を感じたマオマオは棺桶を空けます。するとそこに死んだスイレイは入っていませんでした。スイレイは『死んだように見せる薬』を使って皆を騙し仲間の協力で逃げ出していたのです。

スポンサーリンク

◆薬屋のひとりごと◆

1巻1話2話3話4話
2巻5話6話7話8話
3巻9話10話11話12話13話14話
4巻15話16話17話18話19話20話21話
5巻22話23話24話25話26話
6巻27話28話(前)28話(後)29話(前)29話(後)30話31話32話
7巻33話34話35話前35話後36話前36話中36話後・37話)
8巻(38話・39話・40話・41話・42話・43話)

最新『薬屋のひとりごと』

色々新情報

【スイレイ情報】

・薬の才があったため、医官の師の養女となった
・養女になる前のことは不明

ジンシは『行方不明になったスイレイ』に関して色々と調べてみましたが、結局は『よくわからない』という結論に至りました。

『師』さんも養女にしたくらいですからスイレイに関して詳しく知っておかないとおかしいと思うんですけどねぇ。

・若くて優秀な娘が求人にやってきた
・ぜひ養女にと思ったところスイレイに『家族はいない』と言われた

こういうことかな?

まぁ何にしても、暗殺計画はなかなかに回りくどく計画されていましたから、『スイレイが養女になった』ことも計画の一つだったのかもしれません。だとしたら調べても分からないでしょうね。

【ガオシュン情報】

・ジンシが幼いころからの付き人
・ジンシの乳母は『ガオシュンの妻』だった
・数え年で37歳(日本基準では36歳)
・16歳で妻をめとり、3人子供がいる
・子供は『21歳息子』『20歳』『19歳息子』

息子が一人いるのはわかっていましたが、3人もいたんですね。

それにしても、こうなるとガオシュンは18歳くらいからジンシの面倒を見ていたってことになります。いやぁ、これはもはや『自分の息子のようなもの』って感じでしょうか。

【ジンシ情報】

・建前上『24歳』だが、実際は『19歳』
・5年前に宦官となった
・6年前に『ジンシの仮面をかぶる』と決めた

5年前に宦官になったということは『14歳(日本基準で13歳)』じゃないですか。『14歳』を『19歳』と偽って宦官になったと? いやぁ、バレませんかねぇ。ジンシは『14~19歳』までを『19~24歳』といつわってきたということですか。いやぁ、バレそうですけどね(笑)。

ジンシ
『さっさとお手付きを作って』
『こんな仕事、早く終わらせろ』
『とでも言いたげな顔だな』

この言い分だとジンシは『結婚すれば今の仕事から解放される』ということになっているのかもしれません。皇帝とそういいう約束をしたのかな?

スポンサーリンク

ロウラン妃周辺が事件に関わってる?

ロウラン妃

アードゥオ妃が出ていった後、新しく入ってきた『ロウラン妃』。

・ロウラン妃の父親は先の皇太后に気に入られた人物
・後宮女官を三千人まで増やした官

・ロウラン妃は髪型も化粧も毎度変える
・服装も色々と変える
・皇帝も訪れるたびに妃が誰なのかわからない状況

ここで気になったのが『皇太后』と『ロウラン妃の父親』につながりがあるということ。う~ん・・・・・怪しい。

皇太后の子供

・皇太后は幼い年齢で子供を出産
・十数年後にもう一人出産

ジンシは『皇帝の息子』だと思っていましたが、どうやら『皇帝の弟』っぽいですね。ちょっと勘違いしていたようです。

そうなってくると・・・・・一連の事件の黒幕は『ロウラン妃の父親』が怪しくなってくるように思います。

『ロウラン妃の父親』は皇太后に気に入られていた、ということは皇太后の周囲に関して詳しいと考えられます。『ジンシは皇帝の弟』であると知っている可能性が高いです。

皇太后に近い位置にいるならある程度の権力もあるでしょう。そうなると、『ジンシ暗殺計画』を実行したのは『ロウラン妃の父親』である可能性も出てきます。

【ジンシを暗殺したい理由】

・『ロウラン父』は皇帝の息子が次の皇帝になってほしい。
・しかし、なかなか後継ぎができない
・後継ぎが生まれても死んでしまう
・このままでは『次の皇帝はジンシ』になりかねない
・そうなると『●●計画』が失敗に終わる!
・ジンシには死んでもらうしかない・・・・・

こういった理由から確実に皇帝の息子が時期皇帝になるように『ジンシ暗殺計画』を実行してきた可能性も考えられるかも?

何にしても『急いで殺さなければいけない』というわけでもありません。ゆっくり、時間をかけて、証拠が残らないように、で十分です。

現時点では『ロウラン父』が最も犯人っぽいような気がします。

玉葉妃が妊娠した!?

玉葉妃はどうやら妊娠した可能性が高いようです。

玉葉妃は2度毒を盛られたことがあります。玉葉妃が東宮を産むことを快く思っていない人がいるのでしょうね。

子供ができたとなると、また毒を盛られるかもしれません。

ということで、マオマオは再び後宮に行って玉葉妃の毒見役をすることに。次回、再び『後宮編』に戻るようです。

・・・・・『シャオラン』の登場を熱望!!

『ビッグガンガン』と『ヤングガンガン』更新作品

◆ゴブリンススレイヤー
https://mangakansou.xyz/ゴブリンスレイヤー
◆薬屋のひとりごと
https://mangakansou.xyz/薬屋のひとりごと

スポンサーリンク