スポンサーリンク

◆薬屋のひとりごと◆

1巻1話2話3話4話

最新『薬屋のひとりごと』

◆登場キャラクター◆

◆猫猫(マオマオ)

◆玉葉妃(ぎょくようヒ)・小鈴(シャオリン)・壬氏(ジンシ)
(左から順に)

◆??・??・紅娘(ホンニャン)・??
(左から順に)

侍女としての仕事は『食事の毒見』

玉葉妃の『侍女』になることになった猫猫。自分専用の部屋まで用意してもらいました。

ところが、自分は仕事をさせてもらえません。自分から仕事の手伝いを申し出るのですが、他の侍女たちは手が足りているから部屋にいて良いといいます。しかも、お茶会で余ったお菓子まで提供してくれるのです。

とても優しい人たちなのですが、猫猫は少し気になることがありました。

何やら侍女たちは自分の事を『哀れみの眼』で見ているような雰囲気だったのです。

その理由はすぐにわかりました。猫猫に任された侍女としての仕事は『食事の毒見』だったのです。

実は過去2回、玉葉妃は食事に毒を盛られたことがあります。毒見役の内、一人は軽く済んだものの、もう一人は神経をやられて手足が動かなくなるという後遺症が残ってしまいました。

こういった事情があったため、他の侍女たちは猫猫のことを使い捨ての毒見役として用意された哀れな娘として見ていたのです。

猫猫の前に出される食事。

猫猫は食材の色、匂い、そして舌にしびれが無いことを確認しながら食していきます。

それを見守る玉葉や侍女たち。

猫猫
『それらしい毒はありません』

それを聞いて、皆は安心します。

しかし、猫猫にしてみれば毒見などは大したことではありませんでした。

普段から薬の実験として、自分の体に様々な毒を入れていたのです。

そのため、体は少しずづ毒に慣れていき、ちょっとやそっとの毒では効かないようになっていました。何より、毒を見分ける自信もあります。

猫猫にしてみれば、この毒見はとても楽な仕事だったのです。

スポンサーリンク

侍女たちの気づかい

毒見の後、猫猫は侍女頭の紅娘(ホンニャン)の部屋に呼ばれます。

紅娘は毒見の時の感想と共に、猫猫の身内に関しても話を聞きます。

紅娘
『薬の知識と字が書けることを言っていれば』
『お給金はもっともらえたはずだけど』

猫猫
『かどわかされて後宮へ連れてこられたのに』
『今も人さらいに給金の一部が送られているなんて』
『腸が煮えくり返ります』

猫猫が誘拐されて後宮に連れてこられ、しかも給金の一部を取られていることを知った紅娘は、いきなりお茶用の水がめを猫猫に渡そうとします。

疑問に思いつつ受け取ろうとする猫猫でしたが、猫猫が触ろうとした瞬間、紅娘が落としてしまい、水がめにヒビが入ってしまいました。

いきなりの思いもよらない事態に驚く猫猫。

猫猫
『・・・申し訳ありません』
『仕送り分から差し引いてください』
『足りなければ手持ちからも』

紅娘は、人さらいに給金が渡らないよう策を立ててくれたのです。しかも、人さらいにお金を請求する手配までしてくれるとのこと。

紅娘
『これは毒見役の追加給金の明細』
『危険手当というところね』

それは給金とほぼ同額のお金でした。

猫猫
『ありがとうございます』

色々と気を聞かせてくれる紅娘にお礼を言って、猫猫は部屋を出て行きました。

部屋から出て行く猫猫を陰に隠れてコッソリと覗く侍女の3人。

腕に巻かれた包帯。火傷の跡。そして口数が少ない。

今までよほどひどいギャクタイを受けてきたのだろうと同情するのでした。

猫猫の侍女としての生活

猫猫の毒見役は
・2回の食事
・お昼のお茶会
・数日に1度の滋養強壮料理
くらいでした。

この毒見以外でも食事はとっていますし、しかも食事の量や質も以前より豪華になりました。

それ以外では仕事を与えてもらえることも無く、ずっと部屋にいるという生活。

猫猫
『家畜にでもなった気分・・・・・』

毒見と言う同情から、皆とても親切ではありますが、退屈でやる事もありません。

媚薬を作ってほしい

壬氏に呼ばれ、翡翠宮へやってくる猫猫。

ある武官から包子(ぱおず・中華まん)を貰ったため、味見をしてほしいと頼んできます。

猫猫は半分に割って匂いをかいでみます。

猫猫
『これは催淫剤(精力剤)入りですね』

壬氏
『食べなくてもわかるのか』

猫猫
『害はありませんので』
『持ち帰り美味しく頂いてください』

とは言っても、くれたのは男の武官。壬氏(男)にとってはあまりうれしい事でもありません。

そこで、急に壬氏は猫猫にお願いごとをしてきます。

『媚薬』を作ってほしいと言うのです。

いまいち心を許せない相手であるため猫猫は不振がるのですが、冷静に考えれば『薬を作ってほしい』という依頼です。今まで我慢してできなかった『調薬』ができるのです。

壬氏がどういった目的で『媚薬』を必要としているかはわかりませんが、猫猫としては願ったり、かなったり。

猫猫
『時間と材料と道具さえあれば』
『準ずる物なら作れます』

そう言って、快く引き受けるのでした。

スポンサーリンク


2ページ目⇒