◆前回のあらすじ◆

玉葉妃の侍女となった猫猫。しかし、その仕事と言うのは『食事の毒見』でした。寵妃ともなれば、毒を盛られる可能性を考えなければいけません。実際、子供を身ごもってから2度、毒を盛られたことがあり、毒見役の1人は手足が動かなくなるほどの重傷を負ってしまったのです。命がけの仕事となります。しかし、猫猫は薬づくりの実験として、自分の体内に色々な毒を入れたことがあるうえ、毒の見分けもつくため、それほど苦にはなりません。

毒見以外では仕事がないため退屈な日々を送る猫猫。ある日、壬氏に呼ばれ包子の味見をしてほしいと頼まれます。猫猫は食べるまでもなく『催淫剤』が入っていることに気が付きます。毒ではない為、食べても大丈夫と説明する猫猫。部屋に戻ろうとすると、壬氏は猫猫に『媚薬を作ってほしい』と依頼してくるのでした。

スポンサーリンク

◆薬屋のひとりごと◆

1巻1話2話3話4話
2巻5話6話7話8話
3巻9話10話・11話・12話)

最新『薬屋のひとりごと』

◆登場キャラクター◆

◆猫猫(マオマオ)

◆玉葉妃(ぎょくようヒ)・小鈴(シャオリン)・壬氏(ジンシ)
(左から順に)

◆??・桜花(おうか)・紅娘(ホンニャン)・??
(左から順に)

壬氏の存在の意味

壬氏が後宮を歩いていると、中級妃から声をかけられます。部屋で一緒にお茶を飲まないかと誘ってきたのです。しかし、壬氏は仕事があるからと断ります。

実は、壬氏は女官の選定を行うことが仕事の一つなのです。皇帝の妃候補が他の男を寝室に誘っていいはずはありません。皇帝にみあった人物を見つけ出し、推薦するのが壬氏の役割なのです。

現時点で、皇帝の寵愛を受けているのは玉葉妃。東宮を失い、やせ細った梨花妃の元へはもうほとんど行っていません。

猫猫の媚薬作り

壬氏の依頼で媚薬を作ることになった猫猫。

媚薬を作るには特別な薬剤が必要であるため、専門の部屋へ連れて行ってもらいます。

高順(ガオシュン)
『薬剤室にあるものは』
『自由にしていいと言われております』

案内された薬剤室には驚くほど多くの薬剤が置かれてありました。

猫猫は嬉しさのあまり我を失ってしまいます。

媚薬作り

媚薬に必要になるであろう材料をそろえる猫猫。

特に『カカオ』は特別で、花街にいた幼いころ、珍しいお菓子として『チョコレート』を食べさせてもらったことがあり、それをよく覚えていたのです。

その時の経験と記憶をたどり、猫猫は媚薬作りに挑戦します。

・カカオの粉と砂糖を鉢へ移す
・バターを細かく刻んでいれる
・低めの湯煎に入れ滑らかになるまで練る
・牛乳、蜂蜜、蒸留酒で味や固さを調整
・香草油で香りをつけ冷やして『媚薬』の完成

少し余ってしまったのでパンにしみこませてお菓子作り。

そして、容器を外の水場へ洗いに。

戻ってくると高順と紅娘が部屋の前に立っていて頭を抱えていました。

嫌な予感・・・・・猫猫が部屋の中に入ってみると、3人の侍女たちが横になっていたのです。

どうやら、媚薬をお菓子と間違えて食べてしまったようでした。

スポンサーリンク

媚薬の完成

媚薬の完成に、猫猫の元へ集まる玉葉妃と壬氏。

しかし、それは完成品ではなく、アーモンドの粒のような形で用意されたものが完成品でした。

侍女たちが食べてしまったこのパンのようなものは猫猫が自分用に用意した媚薬入りの夜食だったのです。

猫猫
『酒や刺激物に慣れていると』
『それほど効きません』

猫猫は、媚薬の依頼主である壬氏に『媚薬』を渡しながら、注意点を説明します。

猫猫
『媚薬の注意点ですが』
『効き目が強いので』
『一粒ずつを目安にお願いします』
『食べ過ぎると血が回りすぎて』
『鼻血が出ると思いますので』

『使用する際は意中の相手と』
『二人きりの時にしてください』

媚薬を受け取る壬氏。

その場はお開きとなり、皆、部屋を出て行きました。

ところが・・・・・

いきなりのことに驚く猫猫。

壬氏はそのまま部屋を出て行きます。

猫猫は皿の上の自分用の『お菓子(媚薬入り)』を見て納得。一つ無くなってしまっていました。

猫猫
『なるほど』
『・・・被害者が出なければいいけど』

スポンサーリンク

◆感想◆

【難解用語】国母・試金石・寵愛・下賜・湯煎

『国母(こくぼ)』とは『皇帝の妃』という意味だと思われます。皇帝の妃になるという事は『国の母』という位置づけになったとい意味なのかなと。たぶん、あっていると思います。

『試金石(しきんせき)』は使われる場面をあまり目にしないのでとりあえず。『ある物事の価値、人物の力量を見きわめる試験になるような物事』という意味です。

『寵愛(ちょうあい)』はよく聞く言葉ですが、意味としては『特別にかわいがること』だそうです。言葉は難しいですが、イメージ通りの意味だなぁという印象を受けます。

『下賜(かし)』というのは、『身分の高い人が身分の低い人に物を与えること』だそうです。ここでは『身分の高い人(皇帝)の妻候補だったけど、それよりも身分の低い人物(武官)と結婚することになった』というニュアンスで『下賜』という言葉を使っているようです。

『湯煎(ゆせん)』は、猫猫が媚薬を作っている時に出てきた言葉。『容器ごと湯に入れて間接的に熱すること』だそうです。私は聞きなれない言葉だと思いましたが、料理を趣味としている方でしたら常識的な言葉なのかもしれません。

壬氏は女官を試すための試金石

壬氏は『見た目麗しい』ため、言い寄る女性(女官)も多くいるようです。しかし、皇帝の妃候補が男を簡単に寝室に連れ込むようでは話にならないわけでして。

そういった困った女官を見つけ出すために壬氏が送り込まれているようです。つまり、『壬氏に声をかけるという事は、皇帝の妃になる資格は無い』ということですね。

壬氏は『我が主も意地の悪いことを考える』などと考えていますが、これはなかなか賢い主だなと、個人的には思います。

後、壬氏は皇帝なのかなとも思っていましたが、まったく違いましたね(笑)。

モテる男(壬氏)の余裕

猫猫から汚いものを見るかのように見られていることに気づいていながらも、壬氏はとても楽しそうです。

これはモテる男の絶対的な余裕です。

紙がまだあまり普及していない時代らしい

『木簡』が主流であり、紙はまだまだ貴重な時代のようです。2000年くらい前をイメージしているのかもしれません。

『媚薬』は『精力剤・興奮剤』みたいなニュアンスかな?

『カカオ』が媚薬になると言うのも妙な話ですが、当時の食生活では『カカオ(チョコレート)』や『お酒』などは刺激が強い物であり、慣れていない人にとっては『精力剤・興奮剤』のような役割になりえたという事なのかもしれません。

今回の猫猫

薬に浮かれて周りが見えなくなってしまう猫猫が可愛い。

薬草に夢中で時間を忘れてしまう猫猫が可愛い。

ビッグガンガン更新作品

当ブログではビッグガンガンで連載されている

◆ゴブリンススレイヤー
https://mangakansou.xyz/ゴブリンスレイヤー
◆ハイスコアガール
https://mangakansou.xyz/ハイスコアガール
◆薬屋のひとりごと
https://mangakansou.xyz/薬屋のひとりごと

の3作品を更新しております。よければご一緒にどうぞ。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように