イノさんの漫画アニメ

好きな漫画アニメの感想やネタバレ記事を書いています。

【あおざくら】第8話:指導の意味【ネタバレ感想】

160622-a01

◆前回のあらすじ◆

先輩たちによる厳しすぎる指導、嫌がらせともとれる命令、まったく意味を感じない何十枚にも及ぶ反省文。苛立ちを隠せなくなった近藤は、意を決してサカキ部屋長に今までの行動の理由を聞きます。

サカキ部屋長は快く理由を説明してくれる・・・と思いきや、話をする間、部屋の一学年全員に空気イスの命令を下すのです。

◆あおざくら◆

第1巻相当(1話2話3話4話5話6話7話
第2巻相当(8話・9話)

最新『あおざくら~防衛大学校物語~』

◆登場キャラクター◆

160518-a95 近藤勇美(こんどういさみ)
成績優秀だが実家が自営業の飲食店で貧しく進学を諦めていた。しかし、年上の幼馴染が東北の震災で被災者救助で活躍していたことを知り、自衛隊に興味を持ちます。進路指導にて、防衛大学校は勉強ができ、お金ももらえると知り、自分にはここしかないと進学を決意します。
しかし、入校式以降、厳しい対応に豹変した先輩たちに強い不満を感じ始めている。
160518-a92 沖田(おきた)
近藤と同室の1学年。父親が自衛官であり、純粋に自衛隊にあこがれている。入校式以降、少しノンビリとした性格でああることから先輩たちに目をつけられ、厳しくされている。
160518-a91 原田(はらだ)
近藤と同室の1学年。高校時代は野球をやっていた。海外派遣に興味を持っている。今は空気キャラっぽい。
160518-a97 松平容介(まつひらようすけ)
近藤の対番で2学年。近藤を先輩として支えてくれる存在。いたずら好きの一面もある? 入校式以降、死んだようにくたびれており、近藤の相手をしてやる余裕がない。
160518-a94 坂木(さかき)
部屋長で4年生。クールな性格のようだ。入校式以降、怒鳴りつける厳しい先輩に豹変。鬼である。修羅である。
160518-a93 西脇(にしわき)
サブ部屋長で4年生。おおらかで、後輩想いの先輩。入校式以降、別人のように厳しい先輩に豹変。しかし、イメージはゴリラのまま不変。
160518-a96 乙女(おとめ)
1学年の女子。高校時代にナギナタで全国優勝している。可愛くて男子から注目されている。が、今はそれどころではなく、皆の記憶からも抹消されている。




皆が考える先輩たちが厳しい理由

近藤の幼馴染が女子大生ライフを満喫する中、近藤は先輩による理不尽な指導を受けていました。

160622-a02

サカキ部屋長は一人づつ順番に『これまでの指導』にどんな意味があると考えているのか聞いていきます。

沖田の考え

じ・・・自衛隊のリーダーを育てる学校だから・・・
指揮をとるために部下の・・・辛い気持ち苦しい気持ちを
わかるためかな・・・って

原田の考え

じ・・・自分は
基礎作りっていうか・・・っ
トレーニングを兼ねた注意で、それで厳しく・・・

武井の考え

学生舎での生活は防衛大学校において
習得されるべき重要な教科の一つだと言われています。

上級生の方々の厳しくもあたたかな指導は
我々が規律と服従の神髄を体得するため
そして、真の武人にして真の紳士淑女たる
宅性になるためにあるのだと思います。

規律亡くして、真の自由はありません。

サカキ部屋長
『聞きかじったこと並べてんじゃねえ!!』
『腹ん中でどう思ってるのか答えろっつったんだ!』
『校長か!!』

やらせている反省はただの理不尽

最後に、サカキ部屋長は近藤にも聞きます。

160622-a04

『この空気イスだって・・・理由もわからない』
『なんでこんなことしないと・・・っく・・・』

1.5リットルのペットボトル2本を余分に持たされていた近藤はそこで力尽きて倒れてしまいます。

倒れた近藤に、サカキは言います。

160622-a05

意外な言葉に驚く近藤。

理不尽の理由

空気イスで近藤が力尽きたため、次は腕立ての構えで話を聞かされます。

『オレたちはオマエらに理不尽なことをしている』
『それは、オマエらが理不尽を知らねばならないからだ』

160622-p06

『だからこそ今からその理不尽になれ』
『対処の仕方を心得ておかねばならないんだ』

失敗のしりぬぐいをするな

サカキは近藤のベットが木の上に飛んだ理由を説明します。

『オレは知ってるぞ』
『お前は他のヤツより多少できる』
『だから時間もできるがその時間で何をした?』

『沖田の反省文を手伝ってただろ!!』

160622-a08

『全員ができなきゃなんの意味もねぇんだよ!』
『連帯責任の意味をはき違えるな!』




納得がいかない

『分かったか?』

そういうサカキですが、近藤は

『わかりません』

と返します。

160622-a09

そういう近藤の発言を聞き、サカキは少しうれしそうに笑います。

160622-a10

『おれは議論は嫌いだ』
『あとはテメェで納得のいくまで考えろ!』

『さあいいか、メメェら!』
『オレがオマエらの部屋長の間は』
『他の上級生につけこまれないよう』
『厳しく仕込んでやるからな!』

『オマエらの防大ライフを最高の地獄にしてやる!!』

理由を教えてくれた

空気イスと腕立ての姿勢で汗びっしょりになった近藤たちをみて言います。

『あー汗くせーなぁ・・・』
『耐えられねー』

『オマエら風呂行けー!』

でも反省文が・・・という近藤達にサカキは

『んなもんオレが口きいといてやる』
『さっさと行け!』

そういって風呂に追いやります。

160622-a33

納得のいかない理不尽な空気イスと腕立てでしたが、最後は優しい対応でした。

何より、理由をしっかり教えてもらえたことに、近藤も嬉しさを感じていました。

風呂から部屋に戻ると、部屋長達が居ません。

近藤は机の引き出しを開けると松井からLINEが来ていました。

160622-a11

◆感想◆

何となくわかったような、わからなかったような『理不尽』の説明でした。

松井さん可愛い。

160622-a01

武井はなかなか準備周到って感じのキャラですね。近藤、沖田、原田は防衛大学校というものがどういった場所なのかまったくわからずに来たって感じですが、武井は前もって色々とわかっている雰囲気です。

ある意味、今後、たよりになるキャラなのかもしれません。

それにしても、沖田の父親が自衛官なら、沖田こそがわかっていないとおかしいような気もするんですけどねぇ。父親は教えてあげなかったのかなぁと、ちょっと疑問です。

次回はいよいよ『外出日』です。第1話の説明書きによりますと『土日は外出可』ですので、初の土日ってことだと思われます。

久しぶりのメインヒロイン回です。とても楽しみですねぇ♪




-あおざくら~防衛大学校物語~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。