イノさんの漫画アニメ

好きな漫画アニメの感想やネタバレ記事を書いています。

【あおざくら】第24話:坂木と休日【ネタバレ感想】

2016/11/02

◆前回のあらすじ◆

手取り8万円の手当が支給された近藤たち。近藤は沖田や原田に反省文の手伝い、プレスの手伝いなどの料金を請求します。

しかし、沖田はお金で感謝の気持ちを表現したくはありません。

161026-a08

沖田は代わりとして、してもらったことを同じように近藤にすることで、返していく方法を選ぶのでした。




◆あおざくら◆

第1巻(1話2話3話4話5話6話7話
第2巻(8話9話10話11話12話13話14話15話16話17話
第3巻(18話19話20話21話22話23話24話25話・26話・27話)
第4巻(28話・29話・30話)

最新『あおざくら~防衛大学校物語~』

◆登場キャラクター◆

160518-a95 近藤勇美(こんどういさみ)
成績優秀だが実家が自営業の飲食店で貧しく進学を諦めていた。しかし、年上の幼馴染が東北の震災で被災者救助で活躍していたことを知り、自衛隊に興味を持ちます。進路指導にて、防衛大学校は勉強ができ、お金ももらえると知り、自分にはここしかないと進学を決意する。
160518-a92 沖田(おきた)
近藤と同室の1学年。父親が自衛官であり、純粋に自衛隊にあこがれている。入校式以降、少しノンビリとした性格でああることから先輩たちに目をつけられ、厳しくされることもある。
160518-a91 原田(はらだ)
近藤と同室の1学年。高校時代は野球をやっていた。海外派遣に興味を持っている。運動能力が高く手も器用であるため、たいていのことはそつなくこなしてしまう。
160518-a97 松平容介(まつひらようすけ)
近藤の対番で2学年。近藤を先輩として支えてくれる存在。いたずら好きの一面もある? 入校式以降、死んだようにくたびれており、近藤の相手をしてやる余裕がない。
160518-a94 坂木(さかき)
部屋長で4年生。クールな性格のようだ。入校式以降、怒鳴りつける厳しい先輩に豹変。鬼である。修羅である。
乙女の実の兄。両親が離婚しているため苗字が違う。表面上、乙女のことを突き放しているようにも見えるが、裏では一学年のことを色々と話し聞かせているようだ。ツンデレである。
160518-a93 西脇(にしわき)
サブ部屋長で4年生。おおらかで、後輩想いの先輩。入校式以降、別人のように厳しい先輩に豹変。しかし、イメージはゴリラのまま不変。
160518-a96 岡上 乙女(おかがみ おとめ)
1学年の女子。高校時代にナギナタで全国優勝している。可愛くて男子から注目されている。
サカキ部屋長の妹。かなりのお兄ちゃんっ子のようだ。




機嫌が悪いサカキ部屋長

校友会の活動が始まり、一学年はさらに大変な日々となってしまいました。

沖田の場合は、サカキ部屋長と剣道部でも一緒となり、精神的に休まる時がありません。

そして、何故か今週の月曜日からサカキ部屋長はとてつもなくピリピリし始めているのです。

161102-a01

あまりにもヤバイ雰囲気に恐れおののく一学年たち。

そして、何故か指名されてしまった近藤。

『明日の休養日、俺に付き合え』

サカキ部屋長の下宿先

休養日、サカキ部屋長と近藤は2人で防大の外へ出かけます。

まず向かったのがサカキ部屋長の下宿先。

161102-a51

サカキ部屋長はここで私服に着替えます。

秋葉原で卒研の話

電車に乗って向かった先は『秋葉原』。

東大の教授が秋葉原で売っている部品だけを使って人工衛星を作ったという話があり、サカキ部屋長は、自分の研究室の卒研でも似たようなことができないかと考えています。

そんな世間話をふるサカキ部屋長。いつになく優しいため、近藤は戸惑います。

先ほどから、近藤に何かを聞きたがっているという雰囲気はあります。おそらく、それが今週ずっと機嫌が悪かった原因です。

近藤は警戒しながら部屋長についていくのでした。

何かを聞きたそうなサカキ部屋長

ファミレスに連れてこられ、ケーキをおごってもらう近藤。

161102-a05

何かを聞きたそうなサカキ部屋長。

唐突に『陸海空』のどこに進むのか考えているのかと聞いてきます。

二学年に進級する前に、陸上、海上、航空のどこに進みたいか希望を出すことになっています。お前は何か希望はあるのかと。

近藤は特にはと答えます。部屋長もだろうなと答えます。

何だかそっけない反応。本題ではないようです。

その後も、
『飯はうまいか?』
『最近読んだ本で・・・』
など、部屋長はよくわからない話をふってくるのでした。

儀仗隊は・・・どうだ?

161102-a06

儀仗隊のことを聞く部屋長。

特に変わったことは・・・と答える近藤にブチ切れる部屋長。

『本当に何も・・・』
『ないのか!?』

あまりの気迫に近藤は必死になって儀仗隊での説明を行います。基本動作の練習だけで、終わったらダッシュで部屋に戻るだけだと。

同期がガーランド(小銃)を倒して軽く騒ぎになった話をしますが、『他ァ!!』と圧力。

161102-a07

使用していたガラケーは古いものだったらしく、月曜日に壊れてしまい修理にも出せず、休養日の今日、交換する言っていたことを話します。

161102-a08

口が滑る近藤

その話を聞いて納得するサカキ部屋長。

161102-a08

『だから返信が・・・・・・・』
『うん・・・・・・』

その反応を見て、近藤はサカキ部屋長のイライラの原因が、妹である岡上さんであることに気が付きます。

『わかった!! 部屋長・・・・・』
『岡上さんとメッセージのやり取りができなかったから』
『イライラしてたんですね!!』

161102-a09

えらい目にあう近藤でした。

◆感想◆

今回はサカキ部屋長のシスコンな話でした(笑)

妹である乙女ちゃんに対して突き放したような対応をとっているようにも見えましたが、乙女ちゃんが近藤のことを詳しく知っていたことを考えると、定期的にやり取りしているんだろうなということは予想できていました。しかも、かなり綿密なレベルで!

しかし、サカキ部屋長は妹とどんな内容のやりとりをしているのやら。ちょっと興味深いところですよね。

今回の新たな情報は『下宿を借りている』ってところですねぇ。防大には置けないようなものを下宿先に色々と置いているようです。

一人、1万円ずつくらい出し合っているんでしょうかねぇ。毎月手取り8万円程度の手当てがあるとしても、家賃となると4~5万円くらいはかかりそうですから。なかなか皆さん考えているようです。

それにしても、校友会の活動はあまり本格的に描かれていませんね。さすがにそこまでは取材できなかったってことでしょうか。重要な場面をポイント、ポイントで描いていくのかなぁと思いました。




-あおざくら~防衛大学校物語~