◆前回のあらすじ◆

ブレット地方のとある村で『峠道に幽霊がでる』という噂を耳にします。色々な人に話を聞いてみると、それは『幻影鬼』の仕業のようでした。幻影鬼は人間の記憶をもとに『死んだ大切な人』の幻影を見せ、その隙に捕食してしまうタイプの魔物です。

フリーレンの目の前にはヒンメルが、フェルンの目の前にはハイターの幻影が現れ惑わしてきます。が、2人ともその幻影を打ち破ります。

スポンサーリンク

◆葬送のフリーレン◆

1巻1話2話3話4話5話6話7話
2巻8話9話10話11話12話13話14話15話16話
3巻17話18話19話・20話・21話・22話・23話・24話・25話)

最新『葬送のフリーレン』

紅鏡竜(ドラゴン)退治

『大陸北部エンデ』を目指す旅。フリーレン達はリーゼル峡谷にやってきました。北側諸国関所の目前の場所ですね。

紅鏡竜(ドラゴン)退治

いきなりのドラゴン退治です。どうやら紅鏡竜の巣にある『魔導書』をほしいようです。それに、人間を食べるタイプのドラゴンみたいなので倒してしまおうということに。

それにしても『紅鏡竜(こうきょうりゅう)』とか初めて聞きましたよ。ネットで検索してもヒットしません。また珍しい名前の竜を出してきましたねぇ。

スポンサーリンク

紅鏡竜は強かった

フリーレンはフェルンに命じて紅鏡竜に魔法攻撃させます。しかし、ほとんど効果はありませんでした。

【ドラゴンの強さ】

・デカい、強い
・魔法が効きにくい
・物理攻撃も通りにくい

こんなところでしょうか。

魔法攻撃がほとんど効果無かったところでフリーレンは逃亡。フェルンは危うく死にかけてしまいました。

フリーレンくらいなら竜を攻撃してもほとんど効果が無いことくらいわかっているでしょうに。前もってフェルンに『逃げる』ことを教えてあげないとフェルンが危ないですよ。

フリーレンは『周りのことをほとんど意識していない』というクセみたいなものがあるのかもしれません。師匠として弟子を気遣う点はまだまだのようです。

シュタルクと会う

この村には『シュタルク』という男がいるようです。その男を冒険の仲間にするようアイゼンに勧められていたため会いに行くことに。

【シュタルク情報】

・アイゼンの弟子
・斧を使う戦士
・3年前に紅鏡竜から村を救う

・しかし本当は魔物との戦闘経験が無い
・紅鏡竜との戦闘は怖くて動けなかっただけ

雰囲気的に『魔物との戦闘経験が無い』というのは本当っぽいような気がします。

でも、シュタルク自信は紅鏡竜を倒したいと思っているのでここでずっと修行をしていた・・・・・ということだと思われます。

しかし、どうしてアイゼン師匠の元から無断で出ていったんでしょうね。何か重要な目的があったのならともかく、そんなもの無さそうですし。色々と謎なキャラです。

アイゼン
『あいつには俺のすべてを叩き込んだ』
『今のアイツは誰かの為に戦える奴だ』

アイゼンが『俺の全てを叩き込んだ』とまで言っているわけですから、かなり優秀なのでしょう。しかし、後一歩勇気が出せないってことかな?

次回、どういった活躍をしてくれるのやら。

サンデー、マガジン更新作品

◆ダイヤのA act2
https://mangakansou.xyz/ダイヤのAact2
◆メジャー2nd
https://mangakansou.xyz/メジャー2nd
◆双亡亭壊すべし
https://mangakansou.xyz/双亡亭壊すべし

スポンサーリンク