◆前回のあらすじ◆

『ドゥンスト』『ラヴィーネ』『カンネ』の3人も合流し、新たな情報を得ましたが、『複製体としての弱点はない』という結論に至りました。フリーレンの複製体に『命懸けで宝物庫の扉を閉じる魔法』を使われているため、結局はフリーレンの複製体を倒さない限り『水鏡の悪魔』を倒すこともできません。

フェルンは『フリーレンの弱点』に気づいていました。それは『魔法を使うほんの一瞬だけ魔力探知が途切れる』というもの。この弱点をついてフリーレンの複製体を倒す作戦が話し合われます。

そして、いよいよ決戦の時。

スポンサーリンク

◆葬送のフリーレン◆

1巻1話2話3話4話5話6話7話
2巻8話9話10話11話12話13話14話15話16話17話
3巻18話19話20話21話22話23話24話25話26話27話
4巻28話29話30話31話32話33話34話35話36話37話)◆
5巻38話39話40話41話42話43話44話45話46話47話
6巻48話49話50話51話52話53話54話55話56話・57話)

最新『葬送のフリーレン』

フリーレンとフェルンの2人で戦う

『フリーレンの複製体』と戦うのは『フリーレン』と『フェルン』の2人。これで十分倒せるとフリーレンは判断。

フリーレン
『確かに全員で戦えばほぼ確実に勝てるだろうけど』
『大半が死ぬことになると思う』

できるだけ死人を出すわけにはいきませんからね。

ということで

【フリーレンの複製体】

・フリーレン
・フェルン

【最深部に集まる複製体】

・デンケン
・リヒター
・ラオフェン
・ラヴィーネ
・カンネ
・メトーデ
・ドゥンスト

二手に分かれて戦うことになりました。

デンケン
『ではこのメンバーの中で』
『苦手な相手を言い合おうか』

まだ試験の最中で、次の試験がどうなるかわからないというのに、自分の弱点を素直に語れるはずがないじゃないですか。

こっちはこっちで一波乱ありそうです。

スポンサーリンク

『フリーレンの複製体』との決戦

フリーレンの作戦は

・『フリーレン』と『フリーレンの複製体』が戦う
・フェルンはその隙に移動し、魔力を消して物陰に隠れる
・隙をついて、フェルンが止めをさす

フリーレンには『魔力探知が一瞬途切れる』という弱点があるため、その隙にフェルンは魔力を消して隠れ、背後から『止めを』・・・・・という作戦のようです。

さすがのフリーレンでも『全方向メチャクチャ攻撃』を使えるってわけではないようです。魔力を消して背後から襲われたらどうしようもないみたいですねぇ。

【フリーレンの魔法】

・破滅の雷を放つ魔法
・地獄の業火を出す魔法

『雷』といったらドラクエでは『勇者が使える魔法』です。いい魔法を持っているじゃないですか(笑)。鎧着てても『感電』でダメージを与えられそう。

『地獄の業火』って『炎』とどう違うんでしょうね? 水をかけても消えないとか?

何にしてもどちらも強力な魔法なのでしょう。

◆フリーレンの複製体、破れる

最後はフェルンの不意打ちに『フリーレンの複製体』は破れてしまいました。『一般攻撃魔法』も強力ですからね。

ザーリエ

1000年前、フリーレンは『フランメ』が死んでしまったことを師匠である『ザーリエ』に報告。

『フランメ』は人生の終盤に『帝国の宮廷魔法使いの教育』にたずさわっていたようです。地図を見る限り『帝国』ってメチャクチャデカいじゃないですか。現在で言うところの『北側諸国の大半』と『中欧諸国』を足し合わせたくらいの広さになってますよ。南側も含まれているのかな? 作者さん的にチンギス・ハーンでもイメージしたのかな?

◆ザーリエの眼

ザーリエの眼って『極力見たくはない』って感じですね。決して幸せでは無かった、嫌なものを見てきてしまった・・・・・といったオーラがあるとでも言いましょうか。全てを知り尽くしてしまうと、こんなものなのかもしれません。

ザーリエ
『お前を殺す者がいるとすれば』
『それは魔王か』
『人間の魔法使いだ』

・・・・・まさか魔王を倒したフリーレンを殺すために大陸魔法協会の創始者になった、とかじゃないですよね? 実は魔王を操っていたのもザーリエだったとか。『人間を滅ぼすために人間に魔法を教えている!』『フリーレン、お前の存在も邪魔だ!』みたいな。

さてさて、ザーリエは今後どのようにかかわってくるのやら。

サンデー、マガジン更新作品

◆ダイヤのA act2
https://mangakansou.xyz/ダイヤのAact2
◆メジャー2nd
https://mangakansou.xyz/メジャー2nd
◆葬送のフリーレン
https://mangakansou.xyz/葬送のフリーレン

スポンサーリンク