◆前回のあらすじ◆

木のてっぺんに羊が生える植物の『バロメッツ』。イヅツミは羊を食べたくてバロメッツに近づいていきます。するとダイアウルフの集団がが現れ戦闘になってしまいます。犬系と戦いたくはないイヅツミは戦闘をライオスたちに任せ洞窟の中へ。ダイアウルフは洞窟の中にも追ってきており、イヅツミに襲い掛かります。それをマルシルが『強い光』の魔法で目くらまし。ひるんだダイアウルフをイヅツミがとどめを刺し何とか倒すことに成功。

嫌いな魔物食は食べたくないし、嫌なことはしたくは無いという我がままを主張し続けるイヅツミに対し、マルシルは嫌なことでもやらなければ自分の目的達成が遠のいてしまうと説明。なかなか言うことを聞いてくれないイヅツミ。協力的になるにはまだまだ時間がかかるか・・・・・!?

スポンサーリンク

◆ダンジョン飯◆

1巻/2巻/3巻/4巻/5巻/6巻/7巻/

1巻1話2話3話4話5話6話7話
2巻8話9話10話11話12話13話14話
3巻15話16話17話18話19話20話21話
4巻22話23話24話25話26話27話28話
5巻29話30話31話32話33話34話35話
6巻36話37話38話39話40話41話42話
7巻43話44話45話46話47話48話49話
8巻50話・51話・52話・53話・54話・55話・56話)

最新『ダンジョン飯』

◆登場キャラクター◆

161001-d93 ライオス
人間(トールマン)の戦士。パーティーのリーダーとして仲間を雇っている
妹のファリンが炎竜に食べられてしまい胃の中にいる。妹を助けるため仲間たちと共に地下4階の炎竜を目指すも、お金がないため、食料は魔物を調理することにする。
161001-d91 マルシル
エルフで魔法使い。頭はいいが身体能力は低い。ライオスの妹のファリンとは学生時代の友人。見た目は若いが、エルフであるため、見た目以上に歳を重ねているようだ。
161001-d92 チルチャック
ハーフフットの鍵師。ダンジョンの罠対策を担当している。見た目は若いが、年齢は29歳で、ライオスよりも年上。マルシルやセンシと比べるとだいぶ年下。戦闘は専門外。
161001-d94 センシ
ドワーフの戦士。ダンジョンに住み着き10年も魔物食の研究を続けている。ライオス達が魔物を調理しているのを見かけたことがきっかけとなり仲間となる。炎竜を調理するのが長年の夢。

◆その他、キャラクター一覧
http://mangakansou.xyz/archives/7820

西方エルフ達がやってきた

シュローとカブルー達が帰還魔法で地上に戻ってきた時に話が戻ります。ですから、前話(44話)のライオス達にとっては2~3日前になるかもしれません。

どうやら島主の屋敷の方に『西方エルフ』が来ているようです。

◆西方エルフとは?
・組織名?国名?は『カナリア』
・任務は迷宮の調査と制圧
・迷宮の危険性が一定を越えたらやってくる

迷宮の危険性などをどうやって察知しているというのか? 怪しげな魔術でわかるんでしょうかねぇ。それこそ、黒魔術をやってそうです。

シュローとカブルーは島主の屋敷へと向かいます。

スポンサーリンク

カブルーの過去

ここに来て、カブルーの過去が発覚。

◆カブルーの過去
・カブルーは15年前に滅びた『ウタヤ』という迷宮のある町の出身
・突如、迷宮から魔物が溢れ始めた
・エルフ達と協力して戦ったものの多くの死者が出た
・その時に、カブルーは自分を女手一つで育ててくれた母親を失う
・迷宮は崩壊した
・生き残ったカブルーは数年エルフに育てられる
・町が滅びた真相をエルフ達は教えてくれなかった

詳しいことはよくわかりませんが、世界のいたるところに『迷宮』があり、何らかの条件に達すると迷宮が『成長』なのか『暴走』なのかよくわかりませんが、地上にも魔物が溢れてくるような事態になってしまう、ということなのでしょうかねぇ。それを阻止するために『西方エルフ』たちが対応してくれている、ということかな?

これだけ聞くと、西方エルフは正義の味方って感じがします。

しかし、カブルーは『町が滅びた』事に関して何も教えてもらえていないことでエルフ達に不信感を抱いており、西方エルフを完全に信じることはできないようです。まぁ母親が死んでしまっているわけですから、真相は是が非でも知りたいですよね。

エルフ達の狙いは?

島主の屋敷には『エルフ6人』と『島主』と『タンス』がいました。どうやらエルフたちは島主に『迷宮の権利を自分たちに返上するように』という交渉にやってきているようです。

カブルーの話によると『ウタヤの迷宮』から魔物が溢れてきたときは住人だけでなく兵士(エルフ)たちもそれなりに犠牲になっているようです。だとしたら、一体エルフは何が目的で迷宮を入手したいのか。かなり謎ではあります。第4巻でタンスは『エルフ達は不死の術が狙いだ』と語っていましたが・・・・・?

カブルーの提案

自分の故郷が滅んだこと、そして母親が死んでしまったことに関して詳しい理由を聞かされていいないカブルーは『エルフに任せてしまっては自分たちは何もわからないままで終わってしまう』と考えているようです。何とか自分たちトールマンが中心となってダンジョンを攻略し、ダンジョンに関する詳しい情報を得たいと考えているんでしょうね。

そして、現時点で最も迷宮の深層部に近づいているのはライオス(トールマン)達一行です。最深部に到達することでどうなるのかはよくわかりませんが、カブルーにとっては迷宮に関する『何らかの答え』を知るためにも、何とかライオスに最深部にたどり着いてもらいたい、といったところなのだと思います。

今回、カブルーがエルフ達に提案した内容は

・迷宮の封鎖を提案
・数で攻めても死者が出て迷宮の『栄養』となってしまうだけ
・現在、迷宮内にいる者は撤退させる

エルフ達はカブルーの提案を受け入れることにします。エルフ達も『戦闘で迷宮が破壊される』ことを望んでいないということなのだと思いますが・・・・・、『迷宮が破壊される』とは一体どういった状況なんでしょうね? ちょっとイメージできません。

少なくともカブルーやエルフ達は経験上『現時点で、迷宮の破壊があり得る状況になりつつある』と認識しているのだと思います。

ライオスに付きまとってきた悪霊(?)

イヅツミが猫の習性?で何やら気配を感じ取っていることをきっかけに、ライオスは『マルシルとの魔法の練習の時から幻覚や幻聴が続いている』ことを暴露。だんだんハッキリと見聞きできるようになってきたようです。なぜ見えるのか? そういえば、ファリンは幽霊関連の対応がうまかったようですね。霊的なものに関して敏感な家系、遺伝子なのかもしれません。

そして、この霊は狂乱の魔術師に地下に落とされ潰されてしまいそうになった時に助けてくれた命の恩人だったようです。あそこで助けてもらわなければ永遠に地下で死んでしまっている状況になっていたかもしれません。親切な幽霊のようです。

霊が言うには『紹介したい人がいる』とのこと。とりあえず、あてもないので会わせてもらうことに。次回、誰を紹介してもらえるのか?

おそらく『霊体のファリン』とかだと思います。霊はファリンになついているような雰囲気でもありましたし、おそらく助けてあげたいと考えているのだと思うんですね。そしてそこからファリン救出の手立てがだんだん見えてくる、と。

まぁ、そうでないとするなら、『デルカル王の幽霊』とかかなと。1000年前の過去の話をし始めて狂乱の魔術師に関する真相に迫る、とか。でも、デルカル王らしき人物は地上に出て消えたっぽいですから。不死が通用するのはダンジョン内だけです。デルカル王はもう天に召されているように思えます。

それ以外の新キャラの可能性もありますが・・・・・自分はファリンが最有力かなと思えます。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように