◆前回のあらすじ◆

一人でいる時に『サキュバス』に襲われてしまったセンシは精気を奪われカサカサにやつれてしまいます。ライオスは『1対1ではサキュバスに勝てない』と皆に助言しますが、自分が油断して一人の時にサキュバスに襲われてしまいます。チルチャックとマルシルは2人でコンビを組んでサキュバスに立ち向かいますが、ラキュバスは1体ではなく集団でした。何とか数体倒すことに成功するも、マルシルの好みがマニアックすぎたため、チルチャックは笑いをこらえることができずやられてしまい、マルシルも倒されてしまいました。

一人残ったイヅツミ。一体どうする!?

スポンサーリンク

◆ダンジョン飯◆

1巻/2巻/3巻/4巻/5巻/6巻/7巻/

1巻1話2話3話4話5話6話7話
2巻8話9話10話11話12話13話14話
3巻15話16話17話18話19話20話21話
4巻22話23話24話25話26話27話28話
5巻29話30話31話32話33話34話35話
6巻36話37話38話39話40話41話42話
7巻43話44話45話46話47話48話49話
8巻50話51話52話53話54話55話56話
9巻57話58話59話60話・61話・62話・63話)

最新『ダンジョン飯』

サキュバスは『イヅツミの母さん』に変身

◆イヅツミが求めているのは?

一人で『サキュバス』と戦うことになったイヅツミ。

サキュバスが変身した姿は『イヅツミの母さん』でした。『好みの異性』が現れるのだと思ったのですが、そうではありませんでしたね。これってどういうことなのかな?

①『油断させる誰か』に変身した?

一般的には『好みの異性』に変身するサキュバスですが、必ず『異性』に変身するというわけではなく、本人を油断させることができるのであれば誰でもいいってことなのかもしれません。

②イヅツミは男性?

イヅツミは『女性』ってことになっていますが、もしかしたら混じってしまったネコが『メス』なのであって、人間のイヅツミは『男性』ってパターンもあり得るのかも? まぁ、これはなさそうかな(笑)。

少なくともイヅツミには『好みの異性』が存在しないってことなのでしょう。いや、『好みの異性』よりも『母親』の存在の方が上回っていたと考えるべきでしょうか。イヅツミの深層意識は『異性の愛』ではなく『母親の愛』を求めていたってことなのでしょう。

◆『ネコ』ではなく『黒ヒョウ』?

サキュバスは『イヅツミの母さん』以外にも『黒ヒョウ』みたいな魔物?に変身してきました。どうやらイヅツミに混じった魔物の好みの存在みたいです。

まぁ見た目は『黒ヒョウ』ですよね。『ネコではない』というか『ネコよりも強い』というか。まぁ『犬のコボルト』と戦ったら、コボルトではちょっと分が悪いかもしれませんね。

◆イヅツミには心が2つある

サキュバスには『自分でも知りえない深層意識』を読み取る能力があるとのこと(チルチャック談)。

そして今回、サキュバスは『イヅツミの母さん』と『黒ヒョウ』に姿を変えてイヅツミに襲い掛かってきました。『イヅツミの母さん』が多いのは意識のほとんどは人間だからってことでしょう。そして『黒ヒョウ』が登場したと言うことは若干黒ヒョウの意識もあるってことでしょう。

ということは、『肉体は混じってしまっている』としても『心までは混じっていない』ということなのかもしれませんね。イヅツミが元に戻る可能性がある・・・・・のかもしれませんねぇ。ライオスは悲しみますが(笑)。

スポンサーリンク

サキュバスの正体

ライオスによると、サキュバスの正体は

・サキュバスの正式名は『サキュバス・モスキート』
・蚊のように血(精気)を吸う
・その栄養を子供たちに与える
・水場はサキュバスの繁殖地だった

つまりサキュバスは『蚊(モスキート)』のような存在だったようです。恐ろしい蚊がいたものです。

ネットで『サキュバス・モスキート』で検索してみましたが、それらしい説明はありませんでした。おそらく作者さんによるオリジナルのアイデアなのでしょう。

『蚊』はメスだけが血を吸うようです。卵を産むときに沢山の栄養を得るために血を吸うとか。よくわかりませんが、『血』というのは蚊も認めるほどに栄養価の高い水分てことなのでしょうね。オスは卵を産まないので血は吸わないそうですよ。

何にしても、イヅツミがいなければパーティーは全滅でした。何気に過去最高レベルのピンチを何とか乗り越えました。

そんなの飲ませていいのか!?

イヅツミ
『精気を吸われてしなびたんなら』
『吸われた精気を取り返せば元に戻るんじゃねえの?』

いやぁ・・・・・それはどうだろう?

今回登場したサキュバスは『蚊』のようなものであり『血』を吸っていたわけです。『血』を『母乳』のようなものに変えているとのことですが、その『母乳』を飲ませたからと言って果たして元に戻るのかどうか?

『血』を吸われたわけですから『点滴』でないと無理なんじゃという気がしてなりません。

【被害者】
・ライオス
・マルシル
・チルチャック
・センシ

【サキュバス】
・マルシルから精気を吸ったサキュバス
・チルチャックから精気を吸ったサキュバス

2人分、数が足りていませんね。ということは、変換効率が100%であったとしても4人とも50%くらいしか回復してないのではと思えます。しばらくここで休息したほうがいいかもしれませんねぇ。

ライオス、有翼の獅子と会話した?

ライオスがマルシルたちと別れてサキュバスに血を吸われるまでの短期間に・・・・・

ライオス
『俺、有翼の獅子と会話したかもしれない』

どこにそんな時間があったというのか!?

・サキュバスが『有翼の獅子』に変身した
・ライオスは有翼の獅子と会話した
・その間に血を吸われた

こういうことかな? ライオスは人間を愛していないのかもしれません(笑)。

しかし、だとしたら、それはサキュバスであって有翼の獅子では無いようにも思えます。

サキュバスはあくまで『相手の深層意識』を読み取っているに過ぎません。ですから、それは『ライオスの中にあるイメージの有翼の獅子』であって、本当の有翼の獅子では無いってことになってきますからね。

この勘違いでライオス達は大変なことになってしまうというのか!?

・・・・・それとも、本当にライオスは有翼の獅子と会話をしたのか!?

スポンサーリンク