イノさんの漫画アニメ

好きな漫画アニメの感想やネタバレ記事を書いています。

【ダンジョン飯】第2話:タルト【ネタバレ感想】

2016/10/26

161008-0201

◆ダンジョン飯◆

第4巻(22話23話24話25話26話27話・28話)
第5巻(29話・30話・31話)

最新『ダンジョン飯』

◆登場キャラクター◆

161001-d93 ライオス
人間(トールマン)の戦士。パーティーのリーダーとして仲間を雇っている
妹のファリンが炎竜に食べられてしまい胃の中にいる。妹を助けるため仲間たちと共に地下4階の炎竜を目指すも、お金がないため、食料は魔物を調理することにする。
161001-d91 マルシル
エルフで魔法使い。頭はいいが身体能力は低い。ライオスの妹のファリンとは学生時代の友人。見た目は若いが、エルフであるため、見た目以上に歳を重ねているようだ
161001-d92 チルチャック
ハーフフットの鍵士。ダンジョンの罠対策を担当している。見た目は若いが、年齢は29歳で、ライオスよりも年上。マルシルやセンシと比べるとだいぶ年下。戦闘は専門外。
161001-d94 センシ
ドワーフの戦士。ダンジョンに住み着き10年も魔物食の研究を続けている。ライオス達が魔物を調理しているのを見かけたことがきっかけとなり仲間となる。炎竜を調理するのが長年の夢。




ダンジョン地下2階

地下1階から地下2階へ移動してきたライオス一行。

墓地が多い地下1階と違って、地下2階は木が多く茂っており、そこを吊り橋で道がつくられているような地形となっています。

161008-0202

歩きにくい場所ということもあり、マルシルには疲れがきていました。

夕食の準備を始めよう!

今日は早めに休もうということで、夕食のための材料集めに向かうことにします。

この辺りにはどうった魔物がいるのか?

大コウモリ、大ネズミ・・・・・は不衛生だから嫌だと言います。マルシルが。

森ゴブリン・・・・・は亜人系だから論外と言います。マルシルが。

動く鎧・・・・・は『金属?』と疑問を呈します。マルシルが。

なかなか食事の方向性が決まりません。

木の実や果実にしよう

そこでベテランのセンシが『木の実』や『果物』なら沢山あると提案します。

マルシルとしては大助かり。どういったものか見について行きますが・・・・・、マルシルの納得できる木の実や果実ではありませんでした。

161008-0203

『人食い植物は俗称で人を狙って食べているわけでもない』『死体処理担当がチェック入れているはずだから、人間を食べているはずはない』と説得することで、なんとかマルシルを納得させることが出来ました。

人食い植物はやはり人を喰っていた

人食い植物の木の実を取りに行こうとするマルシル。

油断してツルに捕まってしまいます。

必死にもがいてふりほどこうとするマルシル。

161008-0205

何と、人食い植物が本当に人を食べていたのです。

縛られた感じ、どうだった?

ライオスは、マルシルを捕らえている植物の根元を切り、何とかマルシルを救出します。

倒れたマルシルを助け起こし、ライオスはマルシルに感想を聞きます。

『どうだった?』

161008-0206

またマルシルを怒らせてしまうライオスでした。




人喰い植物のタルト

果物を集め終えた一行は、木の中を部屋状にした場所を野営地とし、夕食を作り始めます。

いつものようにセンシが調理を行います。

集めた木の実、果物、それに昼に使ったサソリ汁を使って混ぜ合わせ、フライパンに流し、しばし加熱。

表面がフツフツとしてきたら残りの木の実を乗せて、完成です!

161008-0207

食事の感想

見た目はタルト。

切って食べてみると、思っていたものとは違う印象でした。

161008-0208

マルシルは、先ほど人間を食べていた植物の実を使っていないかと疑心暗鬼です。

センシは使っていないといいます。

心配しながらも、恐る恐る食べてみるマルシル。

『おいしい!』

人喰い植物の木の実なので期待していなかったのですが、思いのほかおいしくて驚きます。こんなにおいしい木の実をつけてしまったら他の動物に狙われるのではと。

161008-0209

冒険初日の終わり

人喰い植物に捕らわれていた死体をどうするかみんなで相談します。

目立つところにおいておけば死体処理班が回収するだろうとおいていくことにします。

しかし、ただ置いているだけでは不安です。

結局、ライオスは紐で木につるすことにしました。

チルチャック曰く
『こういうの処刑場で見たことある』

161008-0210

こうして、魔物食を開始した長い長い一日が幕を閉じるのでした。




-ダンジョン飯