イノさんの漫画アニメ

好きな漫画アニメの感想やネタバレ記事を書いています。

【ダンジョン飯】第8話:ゴーレム畑の野菜でキャベツ煮【ネタバレ感想】

161111-0851

◆ダンジョン飯◆

第4巻(22話23話24話25話26話27話・28話)
第5巻(29話・30話・31話)

最新『ダンジョン飯』

◆登場キャラクター◆

161001-d93 ライオス
人間(トールマン)の戦士。パーティーのリーダーとして仲間を雇っている
妹のファリンが炎竜に食べられてしまい胃の中にいる。妹を助けるため仲間たちと共に地下4階の炎竜を目指すも、お金がないため、食料は魔物を調理することにする。
161001-d91 マルシル
エルフで魔法使い。頭はいいが身体能力は低い。ライオスの妹のファリンとは学生時代の友人。見た目は若いが、エルフであるため、見た目以上に歳を重ねているようだ
161001-d92 チルチャック
ハーフフットの鍵士。ダンジョンの罠対策を担当している。見た目は若いが、年齢は29歳で、ライオスよりも年上。マルシルやセンシと比べるとだいぶ年下。戦闘は専門外。
161001-d94 センシ
ドワーフの戦士。ダンジョンに住み着き10年も魔物食の研究を続けている。ライオス達が魔物を調理しているのを見かけたことがきっかけとなり仲間となる。炎竜を調理するのが長年の夢。




地下3回に到着

地下1回の地下墓地、地下2回の尖塔の森を抜けると、いよいよ地下3回となります。

ライオスたちは黄金城の中へ突入です。

161025-0801

ライオスの特殊能力で、魔物との戦闘を回避する一行。

ゴーレムの足音をかぎつけ別の道を選ぼうとするライオスでしたが、センシが止めます。ゴーレムの体に用事があるというのです。

ゴーレムは素晴らしい

まずやって来たのはセンシの拠点となるキャンプ場。

161025-0802

センシは基本的に、食料調達として地下2階か地下4階で狩りをしています。地下3階には食べれる魔物が少ないからです。

しかし、例外的にとてもありがたい存在となるのが地下3階にいる『ゴーレム』です。

ゴーレムは土でできており、その土はたっぷりとした栄養に満ち、いつも適度な温度と湿度を保っているのです。

161025-0803

とても便利な畑(ゴーレム)ではありますが、手入れは必ず必要となります。

センシが地下3階を拠点にしているのは、このゴーレムを管理するためなのです。

ゴーレムから野菜を収穫

センシが口笛を吹くと、ゴーレムが3体現れました。

どうするんだと聞くライオスとマルシル。

センシは手伝いなどいらないと言い、たった一人でゴーレム3体に立ち向かいます。

161025-0804

次々とゴーレムの核を取り出し、ゴーレムの動きを封じるセンシ。たった一人で3体ののゴーレムを戦闘不能にしてしまいました。

倒れたゴーレムの背中には色々なものが茂っています。センシが植えた野菜です。

161025-0805

見事、野菜を収穫することが出来ました。

マルシルは、久しぶりに魔物職以外のまともな食事が出来そうだと大喜びです。

ゴーレムを元に戻す

収穫した後も、センシの作業は続きます。

まず、雑草はスミの方において枯らします。

以前、枯らした雑草はゴーレムの体に戻して分解させます。

そして、別の場所で作った肥料をゴーレムに散布!

そして、土を直して種をまいていきます。

最後にゴーレムのコアをいれて完成です。時間がたてばまたゴーレムは動き出し、野菜が育つための環境を自分で整えてくれます。

それをみてライオスは、愛情をもってゴーレムに接しているセンシを凄いなと感心するのでした。




食事の時間

野菜を洗って、皮をむいて、適当な大きさに切って鍋に入れます。

161025-0806

センシは、『便利と安易は違う』と言い、手軽に済ませると何かが鈍ってしまうとマルシルに主張。

結局、火打石で火をつけるセンシ。

味付けし、ぐつぐつと煮込んで、完成です!

161025-0807

161025-0808

何だか久しぶりに感じてしまう新鮮な野菜の料理。

おいしくいただいて、完食です!

センシにとってのダンジョン内での生活とは

センシは食後、バケツをもって便所に向かいます。何かやることがあるようです。

マルシルはそういえばと、この辺りのトイレはすごくちゃんとしていて、いつも綺麗になっていることを思い出します。

そして、先ほどセンシがゴーレムにやっていた肥料・・・・・・・

161025-0809

ということはさっきの野菜にも・・・とマルシル。それは地上でも同じだろと、チルチャック。しかし、マルシルは複雑な心境です。

ライオスはどうしてセンシはここまでダンジョンでの生活にこだわるのかと聞きます。自給自足するならダンジョンではなく外でやった方が楽なはずだからです。

161025-0810

何より、ダンジョンで育ったものを食べ、自分からもダンジョンに分け与えるような暮らしをしていると、ようやくダンジョンの中に入れたように思えるのです。

センシにとって、それが一番うれしいのです。

話を聞いてライオスたちは、センシは凄いなぁと感心するのでした。




-ダンジョン飯