◆前回のあらすじ◆

五頭を何とか倒すことに成功したツトムたちでしたが・・・・・、それはダミーでした。五頭は自分が欲しいと思っていた『アルゴル』の元に向かっていたのです。アルゴルを盗んだ五頭。そんな五頭に霊体から戻ってきた緑朗が立ちはだかります。しかし、力の差は歴然で緑朗では手に負えません。逆に殺されそうになってしまいます。

そんな緑朗を救いにやってきたツトム達。帰黒によって五頭から引き離され救出されます。緑朗は霊体になった時に知りえた『ツトムなら泥努の絵を塗りつぶすことができる』という情報を皆に話します。やっと目的を達成できた緑朗は安心し、そのまま意識を失ってしまいました。

スポンサーリンク

◆双亡亭壊すべし◆

第1巻1話2話3話4話5話6話7話8話
第2巻9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第3巻19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第4巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話38話
第5巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話48話
第6巻49話50話51話52話53話54話55話56話57話58話
第7巻59話60話61話62話63話64話65話66話67話68話
第8巻69話70話71話72話73話74話75話76話77話78話
第9巻79話80話81話82話83話84話85話86話87話88話
第10巻89話90話91話92話93話94話95話96話97話98話
第11巻99話00話01話02話03話04話05話06話07話08話
第12巻09話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第13巻19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第14巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話38話
第15巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話48話
第16巻49話50話51話52話53話54話55話56話57話58話
第17巻59話60話61話62話63話64話65話・66話・67話・68話)

最新『双亡亭壊すべし』

状況のまとめ

◆『アルゴル』が五頭に盗まれた

アルゴルを盗んでいった五頭は、まるで子供のように乗り回して去っていきました。こんなものを入手して一体どうしたいんでしょうね。

五頭は『アルゴルを入手できたから後は知らん』と言わんばかりの雰囲気でした。よほど重要な何かがあるのでしょう。かなり謎です。

◆ツトムは泥努の絵を塗りつぶすことができる

緑朗はこういった話を持ち帰って来ましたが、本当にできるかどうかは現時点では全くわかりません。ツトムも自信無いようですし。この点に関してもまだまだ未知数です。

スポンサーリンク

班目室長からの連絡

今までまったく携帯はつながらなかったにもかかわらず、突如つながるようになり、双亡亭の外にいる『班目室長』から電話がかかってきました。内容は『双亡亭から脱出しろ』というもの。

何故にいきなり携帯がつながるようになったのか? もしかして、五頭がアルゴルを使って電波をコントロールしていると? 果たして五頭にそんな高度な応用をする知識が有るのかどうか。仮にあったとしても、連絡がつながるようにすることにメリットはないでしょうし。

◆怪物の登場で世間は大騒ぎ

外は現在大騒ぎになっていました。どうやらマスコミを通じて怪物たちが暴れている姿を国民が見てしまったのが原因のようです。

◆マスコミによる報道
・怪物(侵略者)が出現
・『窒素弾』のおかげで怪物も建物も破壊
・しかし、自衛隊員は泥努によってすべて消滅させられる
・双亡亭の建物が全て復活する

こういったとんでもない状況を目撃してしまった国民が大騒ぎしているようです。いや、第1話で『空爆』しても双亡亭は破壊できなかったわけですからヤバイのは十分わかり切っていたことだと思うんですけどねぇ。『見たこともない怪物』が国民たちにとって衝撃的だったのかもしれませんね。

◆双亡亭から脱出しろ

ということで、班目室長から

班目室長
『双亡亭に向けての』
『対地艦砲射撃を行うことを決定した』

こういった連絡が来ました。『空爆』が通用しなかったわけですから『対地艦砲射撃』が通用するはずがありません。意味のない攻撃だと思うんですけどねぇ。

総理達もそういったことはわかっているはずです。にもかかわらず『やる』ということは、よほど世論がヒステリックで何らかのパフォーマンスが必要だと考えたのでしょう。

しかし、紅は囚われの身ですよ。まぁ、泥努が守るでしょうし、攻撃が通用しないということはツトム達もわかっているのでそんなに心配しないでしょうけどね。いや、かなり心配はするかな!?

◆今後の展開は?

これはおそらく『作者さんに新しいアイデアが生まれた』ってことではないかなぁと思います。そして、ストーリーを組み立てるには、一度、全員が双亡亭の外に出る必要があると考えたのでしょう。だからこういった展開になっているのではないでしょうかねぇ。

また、残花に現代の世界を見せてあげたいってのがあるのかもしれませんね。後、残花を知っている者が登場してなんたらかんたら・・・・・とか別ストーリーが展開するのかも。

サンデー、マガジン更新作品

◆ダイヤのA act2
https://mangakansou.xyz/ダイヤのAact2
◆メジャー2nd
https://mangakansou.xyz/メジャー2nd
◆双亡亭壊すべし
https://mangakansou.xyz/双亡亭壊すべし
◆あおざくら
https://mangakansou.xyz/あおざくら

よければご一緒にどうぞ。

スポンサーリンク