◆前回のあらすじ◆

緑朗から『泥努が描いた絵を塗りつぶすことができるのは凧葉さんだけ』だという情報を入手しますが、ツトムはは自信がありません。泥努のように90年も絵を描き続けてきた経験もキャリアもないからです。皆は『実験すればわかることだ』と前向きに考えますが・・・・・。

そんな時、宿木の携帯に外部から連絡が入ります。『班目室長』からでした。世間はテレビの報道によって『双亡亭の怪物』『謎の人物による自衛隊の破壊攻撃』『壊したはずの双亡亭が全て元通り』という不可思議なものを目撃し、大騒ぎになっていました。やむなく政府は双亡亭に対して『対地艦砲射撃』の命令をくだします。班目は宿木たちに『双亡亭からの脱出命令』を出してきたのです。

スポンサーリンク

◆双亡亭壊すべし◆

第1巻1話2話3話4話5話6話7話8話
第2巻9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第3巻19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第4巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話38話
第5巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話48話
第6巻49話50話51話52話53話54話55話56話57話58話
第7巻59話60話61話62話63話64話65話66話67話68話
第8巻69話70話71話72話73話74話75話76話77話78話
第9巻79話80話81話82話83話84話85話86話87話88話
第10巻89話90話91話92話93話94話95話96話97話98話
第11巻99話00話01話02話03話04話05話06話07話08話
第12巻09話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第13巻19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第14巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話38話
第15巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話48話
第16巻49話50話51話52話53話54話55話56話57話58話
第17巻59話60話61話62話63話64話65話・66話・67話・68話)

最新『双亡亭壊すべし』

第三段階に突入

◆双亡亭破壊作戦◆

・第一段階・・・空爆
・第二段階・・・内部侵入
・第三段階・・・遠距離火砲の集中爆撃

双亡亭破壊作戦は『第三段階』に突入することになりました。

とは言え、『空爆』が通用しなかったわけですから『遠距離火砲』とやらも通用しないように思えるんですけどねぇ。空爆よりもさらに火力アップすると? そうなると『双亡亭から周囲数kmの建物』は犠牲にしなければいけない規模かもしれません。『衝撃』で破壊される可能性も考えなければいけませんので。もはや核レベルの攻撃を想定しているのかもしれません。

班目室長は『22時までに脱出しろ』と言っています。しかし、双亡亭の中と外では時間の流れが違うようですし、その命令を守るのは難しいのではないでしょうかねぇ。

宿木たち、対応の難しい状況になってきましたよ。

スポンサーリンク

第三段階の攻撃内容

総理官邸での作戦会議。

双亡亭への攻撃内容は

・99式自走りゅう弾砲
・多連装ロケットシステム
・護衛艦の手法

これらの攻撃を行うようですが・・・・・素人にはどの程度の攻撃になるのかピンと来ません。『空爆よりも弾数を増やしただけ』のようにも思えます。壊れても直るわけですから、やっても意味がないのではという気がします。

幕僚長
『・・・双亡亭は殲滅します』

状況を分かったうえでこのように言っているわけですから、勝算はあるのでしょう。

総理と防衛大臣

防衛大臣
『前のろくに機能せんかった進政党から』
『俺たち政国党が衆院選で政権をもぎ取った』

・・・・・なるほど。民主党から自民党が政権を奪い返した後くらいのイメージみたいですね。『前のろくに機能せんかった』という言い回しを考慮しますと、作者さんは自民党を支持していのかもしれません。

ということは、漫画の内容をリアルに照らし合わせると・・・・・

◆総理大臣・・・安倍 晋三

◆防衛大臣・・・小野寺 五典

ということになってきますね。なるほど。これからは『安倍さん』と『小野寺さん』とでも呼びましょうか(笑)。

飛行機が『侵略者の星』」に行った理由

ここに来て、驚きの真実が判明してきました。

◆最初の空爆で『青一の乗った旅客機』が登場

双亡亭内の粉塵が上空に上がったことで『侵略者の星と地球』がつながってしまいました。これは以前に話がありましたので知っていましたが、総理達は知らなかったようです。驚いていますね。

よくよく考えてみると、この事実を『シノ』たちが知ってしまったら大変なことになりそうです。

◆45年前、ダイナマイトの爆発で『旅客機』が行方不明に

45年前、中学生だった総理と国防大臣はクラスメートの少女と一緒に双亡亭内部に入り、そして少女はバケモノになってしまいました。

その復讐として総理と国防大臣は双亡亭を『工事用のダイナマイト』で爆撃。その時に上がった『黒煙』で『青一の乗った旅客機』が行方不明になってしまいました。つまり。この黒煙が原因で旅客機は侵略者の星に向かってしまったと言うことですね。

旅客機に乗っていた人たちは青一とマコト以外は皆死んでしまっていますよ。悪気はないとはいえ、罪深い事実です。

何にしても、総理達は『爆撃したら侵略者の星とつながってしまう可能性が高い』ことを理解しました。攻撃する前に知ることができたってのは大きいですね。これなら最悪の事態を回避することができます。

しかし・・・・・『総理周囲に侵略者関係者がいる』としたらどうでしょうか?

◆泥努の絵以外で『侵略者の星』とつながる方法が発覚

◆命令無視して爆撃してやる! ポチッとな!

◆爆撃しなくても粉塵を巻き上げる方法は幾らでもある!!

何にしても、この事実が侵略者たちに知れ渡ってしまったら最悪の状況になってしまいそうですが・・・・・!?

サンデー、マガジン更新作品

◆ダイヤのA act2
https://mangakansou.xyz/ダイヤのAact2
◆メジャー2nd
https://mangakansou.xyz/メジャー2nd
◆双亡亭壊すべし
https://mangakansou.xyz/双亡亭壊すべし
◆あおざくら
https://mangakansou.xyz/あおざくら

よければご一緒にどうぞ。

スポンサーリンク