◆前回のあらすじ◆

残花班のほとんどを倒し、残るは『井郷』一人のみ。井郷は残花のサヤの中の『聖水』を捨て戦いに挑んできます。残花は怪我の影響で『長時間の戦闘』ができません。また、泥努によってパワーアップした井郷の攻撃に防戦一方です。

仲間が助けに入ろうとしますが、残花はそれを止めます。それは救ってあげることができなかった自分の部下たちへのけじめでもあったからです。残花による渾身の一刀両断。井郷を真っ二つにし、残花は何とか勝利をおさめます。

スポンサーリンク

◆双亡亭壊すべし◆

第1巻1話2話3話4話5話6話7話8話
第2巻9話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第3巻19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第4巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話38話
第5巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話48話
第6巻49話50話51話52話53話54話55話56話57話58話
第7巻59話60話61話62話63話64話65話66話67話68話
第8巻69話70話71話72話73話74話75話76話77話78話
第9巻79話80話81話82話83話84話85話86話87話88話
第10巻89話90話91話92話93話94話95話96話97話98話
第11巻99話00話01話02話03話04話05話06話07話08話
第12巻09話10話11話12話13話14話15話16話17話18話
第13巻19話20話21話22話23話24話25話26話27話28話
第14巻29話30話31話32話33話34話35話36話37話38話
第15巻39話40話41話42話43話44話45話46話47話48話
第16巻49話50話51話52話53話54話55話56話57話58話
第17巻59話60話61話62話63話64話65話66話67話68話
第18話69話70話71話72話73話74話75話76話77話78話
第19巻79話80話・81話・82話・83話・84話・85話・86話・87話・88話)

最新『双亡亭壊すべし』

残花班、全滅

敵対してきた残花の部下たちでしたが、どうやら今回の戦闘で全滅のようです。もう復活してくることはないでしょう。

井郷
『・・・御武・・・運を・・・・・』

最後の瞬間、井郷は侵略者の支配から解放されていました。これは侵略者が先に死んでしまったからだと考えられます。

残花は侵略者に支配される前の井郷たちがどういった人間であるかを知っているからこそ、常に『申し訳なさ』を感じて戦ってきたのでしょう。残花にとっても、井郷たちにとっても、やっと悲しい戦いが終わった、といったところでしょうか。

スポンサーリンク

緑朗の目立たない活躍

◆緑朗にはわかる

侵略者たちは『銃の弾丸』を体に穴をあけてかわしていました。しかし、なぜ『残花の剣』はかわすことができなかったのか? それを緑朗が解説。

緑朗
『鉄砲の弾はまっすぐ飛んでくる』
『銃口の向きで予想はつきやすい』
『残花の刀は軌道と速さが変わるため対応しにくい』

緑朗は『シノ』が何を考えているのかもわかる能力がありましたから、残花班のめんつが何を考え行動していたのかわかっていた、と言うことなのでしょう。できれば『戦闘後』ではなく『戦闘中』に有意義なアドバイスをお願いいたします。

後、

『刀は相手を真っ二つにできる』

ってのが大きいと思います。真っ二つにされる軌道の斬撃であれば『穴をあけてかわす』ことはできませんからね。

◆緑朗、青一とテレパシーかな?

超強化侵略者2匹と戦闘する青一。どうやら緑朗とテレパシーで会話したような雰囲気です。

もしかしたら緑郎には『侵略者2匹』の弱点が分かったのかもしれません。それで、対応方法をアドバイスしたのかもしれませんね。

残花を置いていく

死力を尽くしきって残花は動けなくなってしまいました。急がなければ、双亡亭の外からの爆撃攻撃が始まってしまうため、宿木たちは残花をここに置いて先に進むことになります。

宿木
『私は少尉の部下だった宿木善一曹長の孫にあたる者です』
『祖父からの話で黄ノ下少尉のことをいつも聞き尊敬しておりました』
『想像通りの方と共に作戦行動できたことを光栄に思います』

何やら告白しそうな勢いで語っておりますが、こういったことをここで語ると言うことは、宿木さん、死亡フラグが立っているのではないでしょうかねぇ。心配です。

森田さん、再登場

残花を置いて泥努の元へと向かう『宿木、鬼離田、緑朗、帰黒、ツトム』の5人。

そこに現れたのは懐かしの『侵略者に乗っ取られた森田さん』でした。確かバラバラになったはずですが、仲間の侵略者の攻撃でしたから無効ってことでしょうかねぇ。

森田
『このバクダン他の隊員がぜんぜん使わなくって』
『だから我々で一緒に使っちゃいましてぇ』
『いっしょに吹き飛んでしまいましょうよぉ』

大量の爆弾と共に自爆攻撃ですか。何個あるんでしょうね。1000個はありそうです。

空爆が通用しなかった双亡亭を爆破するための爆弾なわけですから、おそらく一つ一つはかなり強力なのだろうと思われます。爆発したらひとたまりも無さそうです。

果たしてどうするのか!?

サンデー、マガジン更新作品

◆ダイヤのA act2
https://mangakansou.xyz/ダイヤのAact2
◆メジャー2nd
https://mangakansou.xyz/メジャー2nd
◆双亡亭壊すべし
https://mangakansou.xyz/双亡亭壊すべし

よければご一緒にどうぞ。

スポンサーリンク