◆前回のあらすじ◆

大尾中は3回までパーフェクトに投げていた世古を代え、4回からは出光がマウンドに上がります。3イニングの完全分業スタイルです。出光はスライダーの切れが良く1番の千里は対応しきれず空振り三振。2番の太鳳も内野ゴロ、3番の沢は見逃し三振と完全に抑えられてしまいます。

風林中も5失点の仁科に変えて千里をマウンドにあげます。あまりピッチング練習をさせてこなかったため大吾は心配しますが、3者連続三振と最高の滑り出し。今後に期待を持てるピッチングでした。

5回表の風林中の攻撃。先頭バッターの大吾はキャプテンである自分が諦めてはいけないと出光のボールに食らいついていきますが・・・・・!?

スポンサーリンク

◆メジャー2nd◆

1巻/2巻/3巻/4巻/5巻/6巻

7巻(54話・55話・56話・57話・58話・59話・60話・61話・62話
8巻63話64話65話66話67話68話69話70話71話72話
9巻73話74話75話76話77話78話79話80話81話82話
10巻83話84話85話86話87話88話89話90話91話92話
11巻93話94話95話96話97話98話99話00話01話02話
12巻03話04話05話06話07話08話09話10話11話12話
13巻13話14話15話16話17話18話19話20話21話22話
14巻23話24話25話26話27話28話29話30話31話32話
15巻33話34話35話36話37話38話39話40話41話42話
16巻43話44話・45話・46話・47話・48話・49話・50話・51話・52話)

最新『メジャー2nd』

◆登場キャラクター◆

◆風林中学野球部

◆現在の試合状況◆

全日本少年軟式野球大会
◆トーナメント決勝
『風林学園』VS『大尾中』

風林 0 0 0 0 0
大尾 0 0 5 0 5

大吾の粘り

強豪をも抑える出光の投球に大吾は食らいついていきます。最後はスライダーをよく見てフォアボール。ノーアウトでランナーが出ました。

大尾中はここまで継投で完全試合ペースで来ていましたが、それを何とか阻止。ここから何とか得点に結び付けたいところ。

スポンサーリンク

野球の専門用語

今回はあまり聞きなれない『野球の専門用語』がチラホラ出てきており、ブログ主も知らない用語があったため調べてみようと思います。

◆フルカン・・・『フルカウント』の略

『3ボール2ストライク』のことを『フルカウント』と言います。

◆ネバネバ

たぶん野球用語ではないです。『粘れ粘れ!』を略しているのだと思います。

◆ナイセン・・・『ナイス選球眼』の略

打者がストライクかボールかを見極める能力を『選球眼』と言います。ボール球を見極めて見逃すことができる人を『選球眼が良い』と言ったりします。『ナイセン』というのは『ナイス選球眼』の略で『ボール球をしっかりよく見た!』みたいな感じで称賛している言葉になります。

◆ノーノー・・・『ノーヒットノーラン』の略

『完全試合』と言うのは『ピッチャーがヒット、四球、エラーなどすべて無しで試合終了まで完全に抑えること』を言います。『ノーヒットノーラン』は若干難易度が下がり『ヒット無しで試合終了まで抑えること』です。四死球やエラーは問題ありません。

仁科は送りバント

ノーアウトランナー1塁の場面でバッターは5番の仁科。自分のせいで5失点してしまったため、それを取り返すべく打つ気満々でしたが・・・・・出光のストレートさえもとらえきれません。さらに出光には変化球もあります。

そこで仁科は『送りバント』で次のバッターであるアニータに任せることに。これはチームプレイというべきか、逃げたというべきか?

何にしても、仁科は『自分よりもアニータの方がバッティングセンスはある』と認めているのは間違いなさそうです。まぁ、アニータは小学生の頃は『変化球有りの硬式』で、仁科の方は『変化球無しの軟式』で野球をやっていましたからね。仕方がありませんね。

アニータ、渾身のあたりも・・・

仁科の送りバントで、ワンナウトでランナー2塁に。バッターは6番のアニータ。必ず1点をと降りぬきますが・・・・・ピッチャー返しでセンターに抜けそうになるもセカンドのミチルがダイビングキャッチ。ショートにボールを渡してファーストへ、アウト。うまい連携によるファインプレーでした。

ピッチャー、手にしびれ

ツーアウトでランナー3塁。バッターは7番の丹波。ここで出光、突如乱れてしまいます。丹波にデットボールです。

どうやら出光は先ほどのアニータのピッチャー返しの際、打球を利き腕の左で取りに行ってしまい指に当ててしまったため、少ししびれてしまっていました。そのため手元が狂ってしまったようです。

それにしても、打球を利き腕で取りに行ってしまうものなんでしょうかねぇ? 個人的にあまりイメージできません。ピッチャー返しで体にあたりそうだったから思わずガードしてしまったということなら分からなくもないのですが。

そしてここでバッターは最強の左キラーであり関鳥さんです。どうやら大尾中はそのことをしらないようですね。これは大きいのをやってくれるかもしれませんよ。

サンデー、マガジン更新作品

当ブログにて毎週水曜日に更新している4作品です。

◆ダイヤのA act2
http://mangakansou.xyz/ダイヤのAact2
◆メジャー2nd
http://mangakansou.xyz/メジャー2nd
◆双亡亭壊すべし
http://mangakansou.xyz/双亡亭壊すべし
◆あおざくら
http://mangakansou.xyz/あおざくら

よければご一緒にどうぞ。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように