◆前回のあらすじ◆

7回表、ツーアウト満塁での4番の大吾の打球はピッチャー返しに! しかしピッチャーのミチルはそのボールを捕れずにグラブではじいてしまいボールはセンターまで転がっていきます。その間に3塁ランナー、そして2塁ランナーも生還します。2点タイムリーです。これで風林中は6-5と逆転します。

7回裏の大尾中の攻撃。バッターは8番から。ピッチャーの沢は8番、9番は難なく抑えれます。あと一人で風林中の勝利というこの場面で・・・・・沢は1番バッターの出光にデットボールを投げてしまいます。

スポンサーリンク

◆メジャー2nd◆

1巻/2巻/3巻/4巻/5巻/6巻

7巻(54話・55話・56話・57話・58話・59話・60話・61話・62話
8巻63話64話65話66話67話68話69話70話71話72話
9巻73話74話75話76話77話78話79話80話81話82話
10巻83話84話85話86話87話88話89話90話91話92話
11巻93話94話95話96話97話98話99話00話01話02話
12巻03話04話05話06話07話08話09話10話11話12話
13巻13話14話15話16話17話18話19話20話21話22話
14巻23話24話25話26話27話28話29話30話31話32話
15巻33話34話35話36話37話38話39話40話41話42話
16巻43話44話45話46話47話48話49話50話51話52話
17巻53話54話・55話・56話・57話・58話・59話・60話・61話・62話)

最新『メジャー2nd』

◆登場キャラクター◆

◆風林中学野球部

◆現在の試合状況◆

全日本少年軟式野球大会
◆トーナメント決勝
『風林学園』VS『大尾中』

風林 0 0 0 0 2 0 4 6
大尾 0 0 5 0 0 0 5

6-6の同点に追いつかれる

7回裏、ツーアウト1塁でバッターは2番のミチル。

ツーアウトまでは安定したピッチングの沢でしたが、1番の出光で急に乱れてデットボール。2番のミチルには最初のスライダー2つが外れて、ストレートでやっとストライクが入ります。どうやら変化球をコントロールしきれなくなってきているようです。

8番、9番はたいしたバッターではないためリラックスして投げれたけれど、1番の出光から緊張感が増して調子を崩してしまったと言うことなのかもしれませんねぇ。

変化球が入らなくなってきているため、ストレートを狙われてしまいジャストミート。ボールは右中間を抜けていくツーベースヒットに。一塁ランナーが一気にホームまで戻ってきてホームイン。なんとここに来て6-6の同点に追いつかれてしまいます。

風林中は表の攻撃であるため、勝つためには延長戦を戦わなければならなくなってしまいました。

この時にボールを拾って投げた睦子。やけに必死です。これはかなり足に来ているのかもしれませんね。睦子の脚が原因で守備が乱れ負けてしまう・・・・・というフラグがガンガン立っております。

スポンサーリンク

太鳳が大吾に『沢の肘のケガ』をチクる

ツーアウトでランナー2塁。一打サヨナラの場面。

大吾は『一塁を埋めたほうが守りやすい』と語っていますが・・・・・なるほど、確かにそうかもしれませんね。

3番の世古が三遊間あたりに打った場合、1塁でアウトは難しいとしても2塁でコースアウトなら狙えるかもしれません。3番の世古が内野安打で出塁したら4番の魚住と勝負となり2人続けて強打者と勝負しなければいけなくなります。つまり、3番、4番と勝負することを考えるくらいなら、ランナーを埋めておいて4番だけと勝負したほうが安全策と言えるってことなのだと思われます。どうせ一打サヨナラの場面ですし、5番以降は大したことありませんから。

そして、内緒にしていた『沢の肘の怪我』のことを大吾にチクる太鳳。これ以上投げさせるのは危険だと判断したようです。


『あんたら肘の痛さなめてんでしょ』
『ほんとに肘が痛かったら投げられやしないっての』

このように主張して、自分の肘は大丈夫だと主張する沢。

なるほど、そう言われてしまうと、そうなのかなぁという気がします。しかし、過去においてこんな漫画作品もありましたから。

『砂漠の野球部』の主人公、土屋くんです。まぁ彼の場合は『腰痛』でしたが。

リアルでできるかどうかはわかりませんが、漫画的にはどう転ぶかわからないという状況であるように思えます。

ギア上げると言われても、この回を抑えても延長戦で8回以降を戦っていかなければいけませんからね。

残りのピッチャー陣はと言いますと・・・・・

・沢 :限界に近い
・千里:無理です~
・仁科:こいつはダメだ
・睦子:投球制限で投げられない

妥当に考えるなら『仁科』しかいないんですけどね。ヘタレ丸出しで下がっただけにかなり心配ではありますが、風林中が勝つなら仁科がどれだけ根性出せるかにかかっているように思えます。

何にしても、大尾中はまだまだ戦えるのに対し、風林中はもう満身創痍であり幾つかの負けフラグが立ってしまっているようにも見えます。

①沢の肘が限界を迎え、9人しかいない風林中はその場で負け

②睦子の脚が限界を迎え、守備でエラー、サヨナラ負け

私的にはもう負けの未来しか見えない状況です。まぁここで様相だにしないような展開を持ってくるのがメジャーという作品でもあるんですけどね。

サンデー、マガジン更新作品

当ブログにて毎週水曜日に更新している4作品です。

◆ダイヤのA act2
https://mangakansou.xyz/ダイヤのAact2
◆メジャー2nd
https://mangakansou.xyz/メジャー2nd
◆双亡亭壊すべし
https://mangakansou.xyz/双亡亭壊すべし
◆あおざくら
https://mangakansou.xyz/あおざくら

よければご一緒にどうぞ。

スポンサーリンク

◆運営作品◆

当ブログにて毎週、または毎月更新している作品です。

◆週1連載作品◆
あおざくら~防衛大学校物語~双亡亭壊すべしメジャー2ダイヤのA 2nd

◆月1連載作品◆
ダンジョン飯ボルトBORUTOゴブリンスレイヤーハイスコアガール薬屋のひとりごと大正処女御伽話カードキャプターさくら クリアカード編

◆あらすじ紹介◆

作品を全く知らない方のためにまとめたものをご紹介しています。

大正処女御伽話ダンジョン飯ダンジョン飯恋は雨上がりのように