◆前回のあらすじ◆

野球部顧問の山口先生からの話は『就任する予定だった国友監督が諸事情により来れなくなった』というものでした。それを聞いた1年生たちは、国友先生へ電話をかけてみます。しかし電話はつながらず、解約されていました。1年生たちは完全に見捨てられてしまったと憤慨するのでした。

一方、野球部のグラウンドには太鳳と弥生の横浜リトルの後輩となるアニータと千里がやってきていました。2人とも全国へ行ったレギュラーであり即戦力になりうる存在です。野球部の戦力は大きく上昇します。

ところが次の日、スポーツ推薦の1年生5人のうち、4人が野球部ではなくシニアで野球をやると言い出してしまいます。監督が来ないのであれば野球部で野球をやっても意味が無いと判断したのです。こうして、ギリギリ9人となった風林中学の野球部な始動するのでした。

スポンサーリンク

◆メジャー2nd◆

1巻/2巻/3巻/4巻/5巻/6巻

7巻(54話・55話・56話・57話・58話・59話・60話・61話・62話
8巻63話64話65話66話67話68話69話70話71話72話
9巻73話74話75話76話77話78話79話80話81話82話
10巻83話84話85話86話87話88話89話90話91話92話
11巻93話94話95話96話97話98話99話00話01話02話
12巻03話04話05話06話07話08話09話10話11話12話
13巻13話14話15話16話17話18話19話20話21話22話
14巻23話24話25話26話27話28話29話30話31話32話
15巻33話34話35話36話37話38話39話40話41話42話
16巻43話44話45話46話47話48話49話50話51話52話
17巻53話54話55話56話57話58話59話60話61話62話
18巻63話64話65話66話67話68話69話70話71話72話
19巻73話74話75話76話77話78話79話80話81話・82話)

最新『メジャー2nd』

新メンバーと練習開始

新たに加わった新1年生の『アニータ』『千里』そして『仁科』の3人と共に本格的な練習が始まります。

内容は、小学生のころの練習よりも遥かにきついものになっており、一年生たちにとってはついて行くのがやっとでした。

大吾
『初日から一年生にはちょっときつかったかな』
『アニータと千里はさすがに横浜リトルだね』
『いきなりこのアップについてこれるなんて』

一年生と言っても『小学生の頃も野球をやっていた』わけですからね。しかも県トップクラスの強豪校でです。ですから、練習は憑いていけると思うんですけどねぇ。むしろ『関鳥さん』があの体格で練習についていけるというのが不思議です。

大吾
『見直したよ仁科』
『監督もライオンズの仲間もいなくなって』
『正直辛いだろうし気の毒だけど』
『ちゃんと練習に来てくれて感謝してるよ』

仁科
『べ、別におめーらのために来たわけじゃねーし!』

暫定的なポジション

守備の練習をするため、キャプテンである大吾は、暫定的なポジションを発表します。

◆ピッチャー
・睦子
・仁科

投げない場合は、外野の守備につく。

◆内野手
・ファースト・・・丹波
・セカンド・・・沢
・ショート・・・太鳳
・サード・・・関鳥

◆外野手
・センター・・・千里

◆キャッチャー
・大吾
・アニータ

あくまで『暫定的』ということで発表したポジションでしたが、それに対し、アニータが異を唱えます。

アニータは自分の能力に自信があります。監督不在の状況では、上級生という立場を利用して、実力に関係なく大吾に正捕手の座を奪われてしまうと考えたのです。

何より、アニータは『男子なんかに負けたくない』という気持ちが強いのです。

副キャプテンである睦子は大吾の考えに賛同しますが、アニータはそんな睦子にも噛みつきます。

睦子
『誰が男にこびてるって!?』

アニータ
『おんねんなー』
『自覚無しにこびてる女が』

アニータ、言いたい放題です(笑)。どうやら『男の言い分を素直に受け入れる女』というのが嫌いなようですね。

結局、大吾はアニータに正捕手を任せることにします。もともとアニータは横浜リトルのスタメンであり、体格もあるので、正捕手をまかせたとしても間違いは無いと判断したようですね。

なにより、大吾自身もキャプテンとして皆の面倒を見なければいけません。キャッチャーにばかり集中するわけにもいかないので、それで良いと判断しました。大吾、大人の対応です。

スポンサーリンク

睦子とアニータのケンカ

練習は、大吾を中心に内野手と外野手の守備練習を。そして、ピッチャーの睦子と仁科、キャッチャーのアニータの3人で投球練習を、となりました。

しかし・・・・・急に睦子の怒鳴り声が!?

睦子
『あたし、あんなやつとやってらんない』
『もうピッチャーやめる!』

大吾
『ええっ!? な、なんで!?』

睦子
『てか、あんたもあんたよ!』
『はっきり言って見損なった! がっかり!!』
『今日はもうあがる!』

そう言って、睦子は練習を放棄し、帰ってしまいました。予想外の唐突な事態に、大吾もビックリです。

◆感想◆

関鳥(せきとり)さんってのはいかがなものか?

苗字が『関鳥(せきとり)』ってのはちょっとどうかなと思いますね。この体系ですから、どう考えても相撲の『関取』を連想してしまいます。作者さん的に、もうちょっと名前を考えたほうが良かったのではと思えます。

それにしても、仁科がへばるような練習を1年やって来て、この体系を維持するってのは、ある意味、才能です。普通は痩せます。現在2年生ですし、もしかしたら1年後の3年時は瘦せている・・・・・という王道パターンも考えられるかもしれませんね。

ツンデレる仁科

『べ、別にオメーらのために来たわけじゃねーし!』
『勘違いしないでくれよな!』
↑ ここまで欲しかった(笑)。

一時はどうなるかと思った仁科ですが、真面目に練習に出て頑張ってくれているようです。良かった良かった。

戸惑う大吾

睦子とアニータがケンカしてしまって、睦子が帰ってしまいました。上級生の方が帰ってしまうのか!?

そして、わけもわからず目が点になってしまう大吾。しばらく、男たちの試練が続くのかもしれません。頑張れ、大吾!

睦子が怒っている理由は?

睦子とアニータは最初からぶつかっていたので、その延長線上でのケンカだと思われます。アニータが色々と睦子にダメ出しして気分を害したとか。

睦子が大吾に対して怒っているのは、大吾がアニータに『体が大きいから正捕手を任せる』と言ったところかと。実際、大吾は小さいですからね。体格差で負けを認めて譲るだなんて情けないと睦子は判断したのだと思われます。ドンマイ、大吾!

スポンサーリンク