◆前回のあらすじ◆

風林大尾中と海堂付属中の練習試合。1回表、風林大尾中の1番の千里は一塁線へのあたりでいきなりのツーベースヒット。2番のミチルは監督のサインで三塁線へ送りバント。二塁ランナーは三塁へ。そして3番の沢は外野へ大きな当たり。フライになるもタッチアップで風林大尾中が1点先制です。1番、2番、3番が完璧に仕事をこなしたため、4番の魚住は力んでしまい空振り三振に終わってしまいます。

風林大尾中の先発は『仁科』。仁科は渾身の投球で1回を三者連続三振で簡単に打ち取ります。

スポンサーリンク

◆メジャー2nd◆

1巻/2巻/3巻/4巻/5巻/6巻

7巻(54話・55話・56話・57話・58話・59話・60話・61話・62話
8巻63話64話65話66話67話68話69話70話71話72話
9巻73話74話75話76話77話78話79話80話81話82話
10巻83話84話85話86話87話88話89話90話91話92話
11巻93話94話95話96話97話98話99話100話01話02話
12巻03話04話05話06話07話08話09話10話11話12話
13巻13話14話15話16話17話18話19話20話21話22話
14巻23話24話25話26話27話28話29話30話31話32話
15巻33話34話35話36話37話38話39話40話41話42話
16巻43話44話45話46話47話48話49話50話51話52話
17巻53話54話55話56話57話58話59話60話61話62話
18巻63話64話65話66話67話68話69話70話71話72話
19巻73話74話75話76話77話78話79話80話81話82話
20巻83話84話85話86話87話88話89話90話91話92話
21巻93話94話95話96話97話98話99話200話01話02話
22巻03話04話05話06話07話08話09話10話11話12話
23巻13話14話15話16話17話18話19話20話21話22話
24巻23話24話25話26話27話28話29話30話・31話・32話)

最新『メジャー2nd』

◆現在の試合状況◆

風林大尾中 VS 海堂付属中

風大 1 1
海道 0 0

2回表、風林大尾中の攻撃

2回表は風林大尾中の攻撃。

5番の太鳳は『フォアボール』で出塁。『制球眼の良さ』をアピール出来ましたね。

6番のキノコは『送りバント』。バントの能力も重要なアピール要素です。

ワンナウト二塁の場面で、7番のアニータはタイムリーヒット。これで2点目。良い仕事をしてくれます。

8番の関鳥さんは空振り三振。

そして9番の仁科も空振り三振です。仁科はそれなりにバッティングはできる印象でしたが、まだまだ中学野球からの『変化球』に対応できていないのかもしれませんね。

スポンサーリンク

ピッチャーの予定

佐藤監督
『仁科は3イニングで』
『4回からは千代姉にいってもらうから』

ということは

・1~3回:仁科
・4~6回:千代姉
・7~9回:睦子

おそらくこういった順番なのでしょう。

名門相手に千代姉を出すということは、佐藤監督は勝つ気はないみたいですね。あくまで『みんなの力量を知るためのテスト』と考えているようです。それとも、千代姉には何か必殺技があるのか・・・・・!?

2回表、仁科攻略作戦

1回3者凡退に追い込まれた海堂打線。監督が作戦を立てます。

海堂監督
『速いしキレもあるいい投手だが慌てるな』
『ここまで見る限りあいつに変化球はないし』
『細かい制球があるタイプじゃない』

どうやら『ノーコン』と判断されてしまったようです。

それにしても、本当に『変化球』は無いんでしょうかねぇ。中学になって1年近くなってるわけですから、変化球の一つや二つ持ってなければおかしいと思うのですが。たいていの人は小学生の頃から色々試しているでしょうし。

ストレートしか無くてノーコンってのはちょっと痛いですよ。

そして2回表、なんやかんやで『ワンナウト1,2塁』に。制球の悪さをつかれて甘いコースを打たれてしまっています。

仁科をたしなめる魚住

制球が悪くなかなかストライクに入らないため、仁科はイライラし始めます。しまいには審判に文句言いだし始めてしまいました。

タイムをし、マウンドに行く魚住。

魚住
『俺のミットが流された』
『いいフレーミングならストライクだったかもしれん』
『俺のキャッチングミスだ、すまん』
『それぐらいおまえの球に力があるってことかもな』

審判にくってかかるのはダメと注意しつつ、『ボールだったのは自分の責任』『仁科はいい球を投げている』とおだてます。魚住はあくまで『ピッチャーを気分よく投げさせてやる』ことを重視しているようです。

『魚住』は睦子だけでなく、仁科までメロメロにしてしまいました(笑)。

気持ちを切り替えられた仁科は、次のバッターを内野ゴロに。6-4-3のダブルプレー。スリーアウトチェンジでこの回のピンチをしのぎます。

サンデー、マガジン更新作品

◆ダイヤのA act2
https://mangakansou.xyz/ダイヤのAact2
◆メジャー2nd
https://mangakansou.xyz/メジャー2nd
◆葬送のフリーレン
https://mangakansou.xyz/葬送のフリーレン

スポンサーリンク