◆前回のあらすじ◆

初のマウンドで緊張気味の千代姉でしたが1人目は空振り三振。2人目はライト前ヒット・・・・・でしたが、郷ちゃんが試合中に靴ひもを結んでいたためボールはてんてんとフェンスまで。スリーベースヒットになってしまいます。

動揺した千代姉はストライクが入りません。しかも海堂からヤジが飛びます。それをみた仁科はヤジを非難し千代姉を後押し。そのおかげか、千代姉の制球がもどります。

バッターのあたりはまたもライトの郷ちゃんの方へ行きますが・・・・・郷ちゃんはダイビングキャッチ。しかもタッチアップをホームで指してスリーアウトチェンジに。ファインプレーで自分がつくったピンチを帳消しにします。

スポンサーリンク

◆メジャー2nd◆

1巻/2巻/3巻/4巻/5巻/6巻

7巻(54話・55話・56話・57話・58話・59話・60話・61話・62話
8巻63話64話65話66話67話68話69話70話71話72話
9巻73話74話75話76話77話78話79話80話81話82話
10巻83話84話85話86話87話88話89話90話91話92話
11巻93話94話95話96話97話98話99話100話01話02話
12巻03話04話05話06話07話08話09話10話11話12話
13巻13話14話15話16話17話18話19話20話21話22話
14巻23話24話25話26話27話28話29話30話31話32話
15巻33話34話35話36話37話38話39話40話41話42話
16巻43話44話45話46話47話48話49話50話51話52話
17巻53話54話55話56話57話58話59話60話61話62話
18巻63話64話65話66話67話68話69話70話71話72話
19巻73話74話75話76話77話78話79話80話81話82話
20巻83話84話85話86話87話88話89話90話91話92話
21巻93話94話95話96話97話98話99話200話01話02話
22巻03話04話05話06話07話08話09話10話11話12話
23巻13話14話15話16話17話18話19話20話21話22話)◆
24巻23話24話25話26話27話28話29話30話31話32話
25話33話34話35話36話37話38話39話40話41話・42話)

最新『メジャー2nd』

◆現在の試合状況◆

風林大尾中 VS 海堂付属中

風大 1 1 2 0 4
海道 0 0 0 0

郷ちゃん、スライディングの練習をしてた

スライディングキャッチでチームのピンチを救った郷ちゃん。

どうやら練習休みだった前日にミチルちゃんと一緒に『スライディングキャッチ』の練習をしていたようです。

・雨合羽を着る
・水をまいたビニールシートに滑り込む

なるほど、こうすれば滑るので練習で怪我をすることはないってことですね。

しかし12月末のこの寒い時期によくそんなことやろうと思いましたね。絶対に中まで水が入って濡れますよ。そして風邪ひきますよ。というか、初心者なんだから他にやるべき練習は幾らでもあったのではと思えます。何やら色々と納得のいかない練習です。

関鳥さんスタメンピンチ

郷ちゃんの活躍でスタメンピンチが本格的になりつつある関鳥さん。一体どうするのか!? というか、過酷な練習をしているのに何故その体系を維持できるのか!? 常々疑問に感じます。

スポンサーリンク

5回表、風林大尾合同チームの攻撃

海堂付属中はピッチャーを変えてきました。なかなか切れのある変化球を投げるようでバッターは対応できません。

千代姉:空振り三振

千里:外野フライ

ミチル:内野ゴロ

簡単に3人で終わってしまいました。

中学野球は7回までなので、合同チームの攻撃は後2回ですね。

5回裏、海堂付属中の攻撃

海堂付属中監督
『おまえら恥ずかしいぞ!』
『こんな人数も足らない女子中心の合同チームに』
『このまま完封負けするつもりか!?』

いやぁ、まったくです。とても地域最強のチームとは思えません。やはり2軍か3軍だと思います。

1番:なんとバントヒットを狙ってきました。普通だったらアウトですが『このピッチャーは下手だから』という考えだったのでしょうね。正解です。千代姉は転んでしまってエラー。ノーアウトで出塁されてしまいます。

2番:サード方向への強い当たり。ミチルが何とかとるも、一塁へワンバウンドの悪送球を投げてしまいます。ファースト取れずにセーフ。エラーでノーアウト1、2塁になってしまいました。ミチルちゃんは怪我で『利き腕変更』をやっている最中ですからまだまだ仕方がありませんね。

3番:ショートへの強い当たり。調子に乗るキノコは華麗?にセカンドに投げてダブルプレーを狙いますが・・・・・セカンド沢とタイミングがあわず悪送球。ボールは外野へと転がっていってしまいます。

その間に2塁ランナーが戻ってきてホームイン。とうとう1点返されてしまいました。ノーアウト1、3塁です。

4番:なかなかアウトが取れずキレが無くなってきてしまっている千代姉。大吾の心配が的中し・・・・・スリーランホームランを打たれてしまいました。これで4-4の同点です。千代姉の頭の中に悪いイメージが残らなければ良いのですが。

佐藤監督、ここでマウンドへ。・・・・・こうしてみると、佐藤監督あまり身長が高くありませんね。女子ばかりなのに身長も体格も一般人ベルです。むしろアニータの方がガタイが良い。作者さん、佐藤監督を小さく描きすぎてますよ(笑)。

ここでピッチャー交代。ピッチャーは最後の『睦子』です。5、6、7回と3回投げなければいけませんね。まぁ、体力的には大丈夫でしょう。

最悪、睦子が撃ち込まれても臨時で千里や沢さんが投げると思いますし。とは言え、ここで打たれても困りますが。

サンデー、マガジン更新作品

◆ダイヤのA act2
https://mangakansou.xyz/ダイヤのAact2
◆メジャー2nd
https://mangakansou.xyz/メジャー2nd
◆葬送のフリーレン
https://mangakansou.xyz/葬送のフリーレン

スポンサーリンク