◆前回のあらすじ◆

佐藤監督は大河の家に赴き正式にコーチをやってくれるようお願いします。大河はやる気満々でフルタイムで協力できると言いますが、美容師の仕事があります。結局『平日の夕方のみ』で協力することになります。

来年の春の大会を目標にトレーニングに取り掛かる風林中野球部。佐藤監督は一番のネックであると考えているピッチャーの強化に力をいれます。

スポンサーリンク

◆メジャー2nd◆

1巻/2巻/3巻/4巻/5巻/6巻

7巻(54話・55話・56話・57話・58話・59話・60話・61話・62話
8巻63話64話65話66話67話68話69話70話71話72話
9巻73話74話75話76話77話78話79話80話81話82話
10巻83話84話85話86話87話88話89話90話91話92話
11巻93話94話95話96話97話98話99話100話01話02話
12巻03話04話05話06話07話08話09話10話11話12話
13巻13話14話15話16話17話18話19話20話21話22話
14巻23話24話25話26話27話28話29話30話31話32話
15巻33話34話35話36話37話38話39話40話41話42話
16巻43話44話45話46話47話48話49話50話51話52話
17巻53話54話55話56話57話58話59話60話61話62話
18巻63話64話65話66話67話68話69話70話71話72話
19巻73話74話75話76話77話78話79話80話81話82話
20巻83話84話85話86話87話88話89話90話91話92話
21巻93話94話95話96話97話98話99話200話01話02話
22巻03話04話05話06話07話08話09話10話・11話・12話)

最新『メジャー2nd』

仁科と千代姉の早朝ジョギング

早朝ジョギングを一緒にやっている『仁科』『千代姉』『千里』の3人ですが、さっそくリタイアが出てしまいました。

・仁科・・・・余裕
・千代姉・・・筋肉痛、睡眠不足
・千里・・・・睡眠不足

朝練があるので、おそらく早朝ジョギングは『5時』からだと思います。

『仁科』は夜9時に寝て、朝4時半ごろに起きているのだろうと思います。睡眠時間は7時間半ですか。まぁ無難なところです。

『千代姉』と『千里』は学校の勉強もあるため11時に寝ています。4時半に起きるとするなら・・・・・睡眠時間は5時間半です。これでは確かに睡眠不足になってしまいますね。

練習は夜7時ごろまでやっているようです。勉強をしない仁科は帰って9時には寝れると思いますが、真面目に勉強している『千代姉』と『千里』はなかなか時間調整が大変みたいです。というか、無理があります。

早朝練習だけでも大変なわけですから、早朝ジョギングは止めた方がいいと思いますけどねぇ。

仁科
『めんどくせーから一緒に走んのはもうやめるわ』
『お互い自分のペースでやった方がいい』

仁科のジョギングについてこれない千代姉に、仁科はこう言い放ちます。もう少し柔らかい言い方は無いものかと思えるのですが、まぁ実際はそうなんですよね。ずっと野球で体を鍛えてきた仁科に、運動をやってこなかった千代姉が付いてこれるはずがありません。

しかし、千代姉は根性でついて行きます。いやぁ、体持ちますかねぇ。ジョギングを拒否した千里の判断が正しいように思います。倒れるのは時間の問題か!? それとも、若さで乗り越えてしまうのか!?

スポンサーリンク

練習をサボるキノコ

2日目の朝練、キノコは来ていませんでした。

キノコがシニアをやめたのは『練習がきつい』からだったとか。となると、野球に真面目に取り組む気が無いってことになりますね。

キノコ
『だいたい俺が女のショートになんか負けるわけねーし』
『春には普通に正ショートは俺になるに決まってる』
『うちは人数いねーし、練習態度くらいで』
『誰も戦力になる俺をやめさせられやしねーからな』

シニア仲間だったカズにトイレでこのようなことを言っています。完全にやる気ありません。

それを仁科が聞いていました。仁科も激怒です。こんなにやる気の無い者がチームにいては皆に悪影響ですからね。

大吾は監督任せ

キノコがサボり気味であることに対して・・・・・

睦子
『問題が起きる前にキャプテンと副キャプテンのあたし達で・・・』

大吾
『もううちには監督がいるんだから監督に任せた方がいい』

自分たちでどうにかするべきではと考える睦子に対して、大吾は監督に任せるという考え。果たしてどちらの考えが良いのか!?

個人的には大吾派です。『練習に真面目に取り組まなければいけない』というのは当たり前の話です。その当たり前をサボっているわけですから、言ってもどうにもならないでしょう。変ないざこざが生まれるだけです。

監督に任せるのが無難です。

仁科がキノコに『退部』をかけて勝負を挑む

やる気の無いキノコに対して我慢ならない仁科は『退部』をかけて勝負を挑むことに。

【勝負内容】

・5打席勝負
・一本もヒットが無ければ仁科の勝ち
・ヒットを打てればキノコの勝ち

5打数1安打なら『打率.200』です。また、中学は『金属バット』ですし『軟球』ですからプロ以上にヒットを打ちやすいのではないかな~と思うんですよね。ですから、これはバッター有利の勝負だと思います。

果たして次回、この勝負は一体どうなるのか!?

①仁科が勝つ

キノコは一時的に退部するものの、改心して後々戻ってくる。

まぁ、一番ありそうなパターンだと思います。

②キノコが勝つ

仁科
『い、意外とやるじゃねぇか・・・・・。』

仁科、カッコ悪いな(笑)。

③大吾が止めに入る

大吾
『退部をかけた勝負なんてダメだ!』

アニータが知らせに来ていますし、5打席もあるので、十分間に合うと思うんですよね。

勝負は途中になるものの、結果的には『①』と同じ流れになると思います。

④キノコ、野球を辞める

後味悪いのでこれは無いと思います。

⑤キノコ、シニアに戻る

千代姉がマネージャーから選手になったことで一人余った状況になっています。また、キノコは野球部の仲間になりきれていません。

野球に対してのやる気はでてくるものの、結局はシニアを選んで出ていくって可能性も考えられるんですよね。

サンデー、マガジン更新作品

◆ダイヤのA act2
https://mangakansou.xyz/ダイヤのAact2
◆メジャー2nd
https://mangakansou.xyz/メジャー2nd
◆双亡亭壊すべし
https://mangakansou.xyz/双亡亭壊すべし

スポンサーリンク