◆前回のあらすじ◆

大尾中と風林中の『合同チーム』の提案を断ったミチルでしたが、郷ちゃんは野球部に残ってくれるようで、まだ未練は残っていました。

一方、大吾はおとさんから『合同チーム』の話を聞きます。ミチルが『女子が多い風林中がうらやましい』という話をしていたことを知った大吾はまだ可能性があると判断し、睦子に相談。次の日の放課後、2人は大尾中のミチルの元へとやってきます。

スポンサーリンク

◆メジャー2nd◆

1巻/2巻/3巻/4巻/5巻/6巻

7巻(54話・55話・56話・57話・58話・59話・60話・61話・62話
8巻63話64話65話66話67話68話69話70話71話72話
9巻73話74話75話76話77話78話79話80話81話82話
10巻83話84話85話86話87話88話89話90話91話92話
11巻93話94話95話96話97話98話99話100話01話02話
12巻03話04話05話06話07話08話09話10話11話12話
13巻13話14話15話16話17話18話19話20話21話22話
14巻23話24話25話26話27話28話29話30話31話32話
15巻33話34話35話36話37話38話39話40話41話42話
16巻43話44話45話46話47話48話49話50話51話52話
17巻53話54話55話56話57話58話59話60話61話62話
18巻63話64話65話66話67話68話69話70話71話72話
19巻73話74話75話76話77話78話79話80話81話82話
20巻83話84話85話86話87話88話89話90話91話92話
21巻93話94話95話96話97話98話99話200話01話02話
22巻03話04話05話06話07話08話09話・10話・11話・12話)

最新『メジャー2nd』

ミチルちゃんを積極的に誘う大吾

合同チームに乗り気ではないミチル。そこで大吾は睦子を引き連れてミチルがいる大尾中まで乗り込んできました。

ミチル
『正直に言ってよ! あたしなんか必要ないけど』
『風林はうちのグラウンドが使いたいってだけなんでしょ!』

いやぁ、来ましたね。『私じゃなくて●●が目的なんでしょ!』という女性のめんどくさい理論。

そして『グラウンドを使いたいだけだ!』と言えば絶対に断られるという緊迫した場面。果たして大吾先生はどのように対応するのか?

◆グラウンド目的であることは認める
◆それでいて、ミチルちゃんを受け入れるための努力アピール
◆風林中野球部の皆からもOKを貰っている
◆『戦力とかグラウンドとか関係ない!』とか言い出す
◆『ミチルちゃんをほっとけないと思った!』と強調
◆『ミチルちゃんの投球術や野球経験を教えてほしい!』とヨイショする

さすがです、大吾先生。なんかもぉ色々と、さすがです。

睦子から・・・・・

睦子
(最近はチームのこと監督任せにしてたのに)
(合同チームのことはなんかやたら行動が早かったな・・・)

とか思われながらも、余裕でミチルちゃんを全力で落としに行くその姿勢は、全日本男児が見習うべきスタイルであると断言できるでしょう。

そしてメロメロにされたミチルちゃんは教員に

ミチル
『例の合同チームの件』
『大尾中は了承の方向で手続きしてもらえますか?』

などと顔を赤らめて言いに行きました。さすがです、大吾先生。

スポンサーリンク

江頭校長はどうする?

『合同チーム』の件は順調に話が進んでいるように見えましたが・・・・・どうやら両校の『校長の許可』が必要みたいです。まぁ、校長は学校の代表者のようなものですからそうなるでしょうねぇ。

【合同チーム完成までの流れ】

・選手レベルで『合同チーム』OK
・顧問や監督レベルでもほぼOK
・校長先生の許可(←今ココ)
・連盟は寛容なので許可の可能性大

つまり、『校長先生の許可』が最大の難問ってことです。

とはいえ江頭校長も野球部のグラウンドを取り上げておきながら『合同チームはダメ』とはなかなか言えないでしょう。そんなこと言い出したらイメージが悪い。

・・・・・いや、言い出すんでしょうねぇ。そして、先日登場した『佐藤監督のマスコミの知人』にすっぱ抜かれて、江頭校長に非難が集まり、江頭校長は失脚・・・・・という流れになるのかなぁという気がします。

ミチルちゃん、左投げから右投げにチェンジ

左の肩を壊したミチルちゃんは、『右投げ』にチェンジするようです。ミチルちゃんが敬愛する吾郎も小学生の頃に肩を壊して『右投げ』から『左投げ』にチェンジしました。ミチルちゃんも同じ道をたどるようです。

ミチルの双子の弟『渉(わたる)』が中学生編で初登場。やはり軟式ではなくレベルの高い『シニア』に行っているみたいです。


『ミチルならきっと「右」でもやれるさ』

作中は『11月末ごろ』みたいなんですよね。夏の大会が7月頃始まるとして、残り8ヶ月ですか。この短期間で果たしてものになるほど投げれるようになるのかどうか・・・・・。

これだけ『女チーム』にしてしまっているわけです。作者さんは『高校生編』で女性部員たちをどうするんでしょうかねぇ。まさか高校生編まで女子部員を引っ張ってくるのかな?

サンデー、マガジン更新作品

◆ダイヤのA act2
https://mangakansou.xyz/ダイヤのAact2
◆メジャー2nd
https://mangakansou.xyz/メジャー2nd
◆葬送のフリーレン
https://mangakansou.xyz/葬送のフリーレン

スポンサーリンク